戻る(・ω・`)  
魔法先生ネギま 【37】 
【一章 成長したユエが過去の世界にタイムスリップ】
魔法探偵夕映 R《リターン》 @


ブログ】 作者 遁甲法

カウンター日別表示





                  /     /     //|/ V 乂{ \}\{V         Y
                       /     /               l.    l   |
                    '     /                   | |     |   |
                       イ ― 、          ____ | |     }   | 過去に来たから
                       '      |  __        ´       | |.       |
                    /{      | r"r'テミ         r===ミ|、        | お金もない
                 /      ハ  ゞ_ツ      乂_ツ '| | .:/    |  職もない
                  人     |ハ              _ノノ..::/| |    | 元の世界にも帰れない
                     /  :V..  :| 人     '   r-<⌒ヽ Y/ .| |  l  戸籍もない
                 //  :V  :|   :`     ^  レx `    l  .| |  | | 
                   //     :V  :|      .>  _, '⌒     イ  .| |     |
                //   /  :V :|   イ j   /     /  ̄ ミ、  | |
                  //   /   V :ト、イ/     {    イ/ ,        | |
               //   /   Y :|V  Y ー-、   l   | / /        } | |
              .//   /    |  | \ :|     |   | :/          | |
              //   /     ハ  >、  人__n__|   | /       .' | |
          //   /    /   :{ `Y  }    :|             | |
          .//   /   /    乂  乂     ..:|    ゚v⌒ヽ        | |
         //   /   /     乂 乂          ヽ  \ /   | |
        .//   /   /      |乂 乂      l       ヽ   〉'   | |
       //   /    乂      | )__ツ       |         }  /     | |
      .//   /      . ̄| ̄ ̄|                     /       | |
     ..//   /         |   |         乂     ./       .| |
      ..//   /    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ヽ   イ         | |
    //   /    /|                |         |       | |
  ../ ./   /    ..} ⌒ヽ               |         人       | |
    /          乂 ニイ                |          \      | |
   ./     .l       ゝィノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        \    | |
   l     |        `ー――――――――――           イ    | |
   |     |            /      ー― ‐‐―― 一 ‐‐ミ  ハ   .| |
   |     |          .Y´ // x==---ミー==x == ―--ミ     .ハ   | |
   |     |         ./ ///       Y /         \ヽ   .ハ  | |
   |     |         / // '         Y           \ヽ  ハ  | |
 

(´・ω・`)未来のユエが、謎の現象で過去のマホラ学園都市にタイムスリップするお話さんな【一章 成長したユエが過去の世界にタイムスリップ】
(´・ω・`)元の世界へと帰るのも絶望的で大変なんです。はい。

●2011年 → 2003年にタイムスリップ、この時点で並行世界に分岐し、カシオペアを修理しても元の世界へと帰れない。

ユエ「無収入の戸籍すらない無職さんになったから絶望した!
お金も新札だから、偽札扱いされて使えないよ!」

タカミチ先生「元、教え子だし、職業を恵んであげるよ。」


←前のページ  次のページ→ 
魔法探偵夕映 R《リターン》  【一章 成長したユエが過去の世界にタイムスリップ】 作:遁甲法   1-6話   2013年12月23日

   夕映、いつのまにかに--未来のユエは自分の事務所ごと、過去のマホラ学園都市へと転移してしまった。
未来の写真があるので、高畑先生が驚愕してユエを押し倒し、色々と質問しまくってくる。
 --

2話 過去に来ていたけど、-ユエはここが8年前の世界だという事を知った。
タカミチに未来の情報を話しまくり、たった2年で魔法世界の事も公表しちゃう未来の世界情勢に驚いている。

現時点で、タカミチが色んな事を知りすぎたので時間軸が二つに分岐し、このまま未来にタイムスリップしたとしても元の時代に帰れそうにないので、色々と大変だった。
--
 「よく映画や何かにあるでしょう?未来の事を知り過ぎて、自分の知っている未来とはかけ離れた世界になってしまうとか。ここで私が話すと、元の時間に帰れなくなりそうですし」

 少し違う行動をするだけで、まるで違う未来になるのは、中等部時代に夕映は体験しているのだ。あの魔法が公表された世界も、おそらくパラレルワールドとなって今も続いているだろう。今、高畑に話す事によって、単純な時間移動では帰れなくなる可能性は十分に考えられる。夕映は、その可能性を危惧していた。
(´・ω・`)逆に考えるんだ。ネギを奪うチャンス(キリッ

3話 とりあえず昼寝する --高畑先生と未来のユエが一緒に食事をしている所を生徒達に見られていた。 
未来のユエに恋人疑惑が発生し、アスナが騒いでいる。

未来のユエは写真を取られ、それがクラス中に出回っていた。このままじゃ未来が分岐して帰れない。
-
代わる代わる画面を覗いて行くクラスメイト達も皆似ていると言い、何年後くらいでそっくりになるか等を話し合い出す始末である。夕映はそんなクラスメイト達を横目に、もう一度写真を見てみたが、やはり皆が言うほど似てるようには思えない。確かに自分と似てる部分もあるが、そっくりと言うほどではないだろう。

 クラス中が騒ぐ中、1人首を捻る夕映であった。
(´・ω・`)このままじゃ未来にカエレナイワ!

 4話 魔法探偵夕映は膝をつく-超にカシオペアの修理をしてもらおうと交渉したら、過去の世界に来た時点で並行世界に分岐してしまうので、単純な時間移動では帰るのはほぼ不可能だった。

更に、8年前の世界にユエの口座はないので、ほとんどお金がない。
仕事をやらないといけなかった。
 --
「貴女ならタイムパラドックスの有名な逸話を知っているダロウ?」

「………親殺しのパラドックス、ですね。過去に戻り、自分の両親などを殺してしまうと自分が生まれなくなる。しかし自分が存在しないなら過去に戻る者も居らず両親は死なない。両親が死ななければやはり自分が生まれ、また過去に戻る。タイムトラベルが不可能と言う証明として生まれた話ですね」

「ソウネ。つまり過去は変えられないと言いたいのダガ、これに平行世界、パラレルワールドの概念をプラスするとまた話が変わってくるヨ。過去に戻って来た時点で、AからBと言う道筋から、AからB'と言う道筋に変化すると考えると、ワタシが気にする必要ないと言った意味が分かるダロウ?」
(´・ω・`)逆に考えるんだ。並行世界だから未来なんて気にせずに干渉して、養ってくれるネギを略奪愛してもいいって。

5話 夕映、街でストーキングされる--ユエの口座がないから、働く必要があった。
水商売でもいいやって思っているから、ユエの外見的に需要がない。 

それどころか戸籍ないから就職不可能だ。
-
「ふぅむ……。コンビニのバイトにでも応募しましょうか? それとも水商売? いえ、それは私の容姿的に言っても無理ですね」

 身近に同性でも美人と素直に言える程に成長したのどかと言う存在が居る夕映は、自分の容姿がそれほど優れているとは思っていなかった。なので、イメージ的に美人じゃないと出来ないと思えるホステス等の商売はすぐ候補から外した。
(´・ω・`)逆に考えるんだ。
水商売なら怪しい店で戸籍なしで働けてるって。


6話夕映、デートする-和美とデートという名前の事情聴取をされる事になった。
ユエの過去を必死に知ろうとしてくる。

ネギ先生との関係は恋愛ではなく友愛ではあり、ユエの恋愛関係は残念だった!
高畑先生との関係も聞かれたが、無論、恋愛関係ではない。
高畑先生は無職・無収入のユエにありがたい職業をくれる恩師だ。
 --

(´・ω・`)教師ルート。それはとっても安定した職業。
無職・無収入の娘に職を恵んでくれる神様だわ。

 

←前のページ  次のページ→ 


戻る(・ω・`)
ブログパーツ ブログパーツ