ゆっくり戻るよ!

ハリー・ポッター【4】-【9】  【6章 ハリー・ポッターと謎のプリンス編】
ハリー・ポッターと野望の少女H

                    ハリーを利用して奴らを倒すしかないね!策士でごめんねぇ!
     \   ,――――/`-* ___ ______
  ̄ ̄ ̄ ̄.|   ダンブルドア::::ヽ |
       | /:0::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|   ________
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |\
           \:::::::::::::____|. |  \________
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /_ハリー  \   |
             |/  |´・ω・`|  \ |    |
             |ヽ  /_:::::::::::::::::::::::::::`:::、/`ー* 早くイギリス魔法界を支配するよ! 
             |  /:::ヴォルデモート  `、    死んでね!すぐでいいよ!
             |  /::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   
             | |::::::::::::::::::::::::::::_:::::_::::::::::;:::::|    
             | l::::::::::::::::::::::::::::ヽ_|:::|_/::::::::::::::|     
 ________| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
               ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/
                 ヽ:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;/ /ミラベル\  ヴォルデモート卿がイギリス魔法界を支配してから滅亡させる。
                            /  ___ ヽ   それまで美味しいフランス料理をむしゃーむしゃー
                           /   |´・ω・`| \   マグルの兵器も購入したし三国の連合軍組めて最強。
                          / _,    ̄⊂二二)
                          l |        |
                          ∪|          |

.    
(´・ω・`)ダンブルドアが女主人公の母親を保護して、女主人公の過去を知る【6章 ハリー・ポッターと謎のプリンス編】だよ。
(´・ω・`)女主人公さんがイギリス魔法界に攻め込むための大兵力を準備済みだから、ヴォルデモート卿の分霊箱を暇つぶしに破壊しまくって、残った分霊箱がハリーだけな有様だったよ。うん。


(´・ω・`)ヴォルデモート卿にチェックメイト(キリツ

●ちゃんと女主人公の母親がシビルから預言を受けるけど無意味だった。
シビル「その娘(ミラベル)から天使(親友)を奪っちゃ駄目だよ!
ゆっくりせずに理解してね!すぐでいいよ!
そうしないと破滅だよ!」


●家
父親「この娘(ミラベル)を当主に相応しい奴にするために、友達などいらぬ!
ゆっくりせずに魂ごと死んでね!すぐでいいよ!」
女主人公の親友「魂ごと破壊されてゆんやっー!」

↓現在
父親「娘に殺されて、ゆんやっー!」
ヴォルデモート卿の分霊箱「暇つぶしで破壊されて、ゆんやっー!」

イギリス魔法界「どぼじでごんなごとになっているのおおおおおっ?!!!!
ヴォルデモート卿がイギリス魔法界を荒らしているし、それ以上の脅威があるとか無理ゲーでしょおおおおっ?!?!!
ゆんやっー!」
女主人公「ごんな腐敗した魔法界なんて滅亡させて、白紙から再スタートするよ!」

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ハリー・ポッターと野望の少女 【6章 ハリー・ポッターと謎のプリンス編】       作:ウルトラ長男   Z   55ー63話 2013年12月10日 
 

第56話 皹割れた平穏--イーディスは虚ろな顔をしていた。
全てが悪に見えてくるほどに、現実がクソゲー。

女主人公の方はイギリス魔法界へと攻め込むための準備をしていて、イギリス魔法界を滅亡させた後に効率よく支配できるように徹底的に嫌がらせをやる気だった。
つまり、一度、イギリス魔法界をヴォルデモート卿にプレゼントして最低最悪の国にし、その上でヴォルデモート卿をぶっ殺して魔法族を支配する事で民達の反感を少なくして、新しい王国を築くつもりである。
-
ダンブルドア「無知なハリーを色々操って動かしてるけど全部魔法界の為じゃ!
裏で動くわし、マジ策士!」
ヴォルデモート「何も知らないルシウスの息子に命令出したった! 失敗したら殺せばいいし無問題!」
ミラベル「悪役はヴォルデモートに押し付けて私は美味しいポジションだけを頂く!
貴様等は全て私の道具に過ぎん!」

3人「「「( ゚∀゚)゚∀゚)゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」」」

ブチャラティ「吐き気をもよおす邪悪とはッ! なにも知らぬ無知なるものを利用する事だ!
自分の利益のためだけに利用する事だ! てかテメーら全員ド悪党だァーーーッ!!!」
キラ「駄目だこいつら……早く何とかしないと……」
イーディス「もう何が正義か分からないよ私……orz」

(´・ω・`)全てを打倒したとしても、日本にウルトラマンがきている時点で、世界に強敵が多すぎて胃の中の蛙状態だわ!
 

  第57話 フェリックス・フェリシスーーフェリックス・フェリシス。
それは飲んだものに幸運を呼び寄せる上級魔法薬。
でも、使用しすぎると有頂天になり無謀になる薬なので・・・最終的に女主人公さんみたいになっちゃう!

女主人公さんの方はやる事がなくて暇だったので、ヴォルデモートの分霊箱を破壊する遊びをやっていた。てへぺろ

 ミラベル「ただヴォルデモートが魔法省を掌握するのを待つのも暇なので分霊箱壊して暇潰しするぞ」
ヴォルデモート「やめろ!」

┌(┌^o^)┐今回は原作どおりに進むハリー達と、分霊箱探しに乗り出したミラベルでお送りしました。
ぶっちゃけここから先はハリーやダンブルドアが何もしなくても勝手にミラベルが分霊箱を壊して回ります。
現在の分霊箱は以下の通り。
トム・リドルの日記=ミラベルによって破壊済み。
ゴーントの指輪=ダンブルドアによって破壊済み。
レイブンクローの髪飾り=ミラベルによって破壊済み。
スリザリンのロケット=ミラベル捜索中。ロケット逃げて!
ハッフルパフのカップ=健在。
ナギニ=健在。
ハリーポッター=健在。

(´・ω・`)分霊箱さんの命が危ない!
あれ?順番づつ潰すと、最終的にハリーポッターの身体も分霊箱だから、暇つぶしのせいでハリーも危ない。


第58話 接触^^イギリスの首相は魔法使い達が引き起こす猟奇事件に激怒していた。
今すぐ皆殺しにしてやりたいが、魔法使いの居場所が分からないので対処できなくてノイローゼ気味。
だから、不審人物な女主人公さんと平然と同盟を結んでいた。

ダンブルドアの方は、女主人公の不死の秘密を探るために、賢者の石の製造者の元へと来訪し、そのお記憶を探っている。
^
「くそっ……!」

 この首相の座に就くまで、言葉では言い表せない苦労があった。
 受けた学校に落ち、何年も浪人人生を送った。
 学校でもひたすらに勉強の日々を過ごし、卒業してからも楽な日などなかった。
 嫌な奴に頭を下げ、なじられ、胃薬を日常的に服用し、それでも諦めずに仕事に打ち込めたのは首相の座について国を変えたいという志があったからだ。
 なのに、魔法使いなどというよくわからない連中のせいで、もう立場が危うくなり、引きずり降ろされそうになっている。
 気に入らない……ああ、気に入らない。
 許されるならば今すぐ奴等の世界にミサイルを落としてやりたい。

(´・ω・`)イギリスの首相との仲良くなるフラグは、ヴォルデモート卿を現代兵器でギタンギタンのボコボコにし、見下しているマグルの手で倒される屈辱的なヴォルデモートでビクンビクンやるためだと思った。
ヴォルデモート「悔しいっ・・・!マグルのミサイルで部下をほとんど殺されてっ・・・!悔しいっ・・・!」


 第59話 愚者^学校で殺人未遂事件が起き、その対処をハリーとイーディスが任される事になった。
誰にも見つかりたくない部屋を適当に探したら・・・・簡単にイーディスがマルフォイを発見し戦闘に発展する。
イーディスの方が遥かに強いのでマルフォイは石化呪文で行動不能に追い込まれ、とっても惨めだった。
マルフォイは泣くしかない。

女主人公さんの方は、暇潰しで新たに分霊箱を発見し、用済みになった マンダンガス・フレッチャーを始末してゆっくりしている。
このままだとヴォルデモートさんの命は、暇つぶしで終了するわ!
そのキャビネットの惨状を見たマルフォイは白目を向き、呆然とした顔をしている。
 どうやらこのキャビネットは彼にとって大切な物だったらしい。
 マルフォイはまるで糸の切れた人形のように崩れると、メソメソと泣き出してしまった。
 これにはイーディスも度肝を抜かれ、ぎょっとする。

「お、終わった……何もかも……」

 その、あまりに覇気のない姿を見てイーディスは冷や汗をかき、思う。
 私……ひょっとしてやっちゃった? と。

(´・ω・`)
マルフォイ「もっと・・・活躍したかった・・・・
ミラベルがいなくても・・・踏み台キャラ人生ざんっ・・・!?」
マルフォイが仲間になりたそうにイーディスを見ている。

  第60話 暴露-ダンブルドアが女主人公の母親の所へと行き、情報収集を行った。
でも、家族全滅状態で使用人もいない母親さん心は辛く、冷たく追い出され、情報が入手できない。

一方、マルフォイの方は殺人未遂の全責任をハーマイオニーに押し付けていたから、ハリーの手でボコボコのギタンギタンにされ、ボロ雑巾のようになっていた。
その罪を学校側に公開されたので、もう人生台無しである。
原作でお咎めなしだったので、この作品では問答無用で制裁だぁー!
--
「わかってるのかよ!? お前のせいで二人は死にかけたんだぞ!
ケイティもロンも運がよかっただけだ! それをわかってるのかよ!?
なのに悔いもせずヘラヘラヘラヘラ笑って! 命を何だと思ってるんだ!」

 殴る、殴る、殴る!
 前歯がへし折れ、鼻血が飛び散り、マルフォイの抵抗が止んでもハリーは止まらない。
 顔が血に染まり、殴っている腕の方が痛もうが知った事か。
 どうせこんな傷はマダム・ポンフリーの所にいけば何事もなかったように完治するのだ。
 だが一度失われた命は戻って来ない。失った家族はどんな方法を以てしても取り戻せないのだ。
 こいつはそれをやろうとした! 家族を失う痛みを、ケイティの家族やウィーズリー家に味合わせようとした!
 許せない……許してはならない! 許されてはならない!

(´・ω・`)フォイフォイフォイ。
もうすぐぶっ殺されそうなヴォルデモート卿の命令で、人生台無しになる犯罪行為がばれて涙目・・・・って思ったけど、ミラベルが憎む無能だったから、どっちにしろ粛清コースだった。
マルフォイ「憎いハリーに勝利じで貰わないと殺ざれる!だずげで!」
ハリー「だがっ!断る!」


第61話 救済--このままだと、マルフォイは何度も失敗した罪でヴォルデモート卿に殺されて人生終了しちゃう所だったが、ダンブルドアが救済してくれる事になった。

マルフォイの家も一族全員処刑されるピンチだったが・・・・・ヴォルデモート卿がマルフォイ達を処刑する余裕がないので大丈夫である。
既に残った分霊箱の数は一つだけ。女主人公さんが暇つぶしにほとんど破壊しちゃったのだ。
ヴォルデモート卿にチェックメイト! 
--
ミラベル「ふむ……蛇の肉とは鶏のような味がするのだな(もっきゅもっきゅ)」
グリンデルバルド「お前……何か胴体を切断して持ち帰ったと思ったらそんな事の為に……」
ミラベル「貴様も食うか? 美味いぞ」
通りすがりのネイキッドさん「お嬢さん、その蛇の肉、よかったら俺にも分けてくれないか?」
ミラベル「いいぞ。カロリーメイトとインスタントラーメンも付けようか?」
ビッグボス「是非」

(´・ω・`)ヴォルデモート卿のライフポイントは残り1だけど生存ルートはあるんだ。
ハリーを拉致って、ミラベルも近寄らない魔境すぎる日本へと逃げ込めばいいんだよ!

ヴォルデモート「ふははははは!ゴジラやウルトラマンが来る魔境に来れるなら来るがいい!
俺様はここでゆっくり・・・ゆぎゃああああああああああああああああああああああああああ!!!!
宇宙人だあああああああああああああああああああ!!!!」



第62話 無情^--ダンブルドアは困っていた。分霊箱の数は残り僅か。
このままでは女主人公さんの手でハリーが殺される可能性がある。

女主人公さんの方は既に大兵力を整え、イギリスの魔法界を滅亡させる手筈が整っていたので、もう無理ゲーだった。
同盟者のグリンデルバルドすら、女主人公の人の心のなさに唖然としている。
家族を例え殺されようと、女主人公にはどうでもいい 
 -
「問題ない、いつでも戦争を仕掛けられるぞ。
フランスとブルガリア、アイルランド3国の闇払いが合わせて1500人。
吸血鬼が600人に、そこらの墓場から蘇らせたグールがざっと1000匹。
それと賢者の石の力で作った人造人間が700匹、マグルの兵士も1000人ほど拝借している。
後はドラゴンが60匹と、量産バジリスクが100匹……ああ、クィレルの奴がどこからか連れてきたトロールが300匹いたな。
後はいちいち数えるのも面倒くさい魔法生物やら亜人やら色々だ」

(´・ω・`)イギリス魔法界とヴォルデモート卿は既に詰んでいるわ。
(´・ω・`)これはもう・・・・日本にいって、ウルトラマン辺りに お じ き して頼まないと駄目だわ。

第63話 メーヴィス・ベレスフォード--女主人公の母親の記憶を覗く事にダンブルドアは成功した。
これで女主人公の秘密の過去が明らかになる。

母親の方は幼い頃は普通の女の子。素敵な男と結婚したい自称お姫様さん。
でも、愛する男が超非情な家の人なのが大失敗だった。
女主人公を当主に相応しい奴にするために、友達のレティス・ヴァレンタインを魂ごと殺しちゃったので・・・・現在の女主人公さんになっている。
親御さんは子供の教育方法を間違えた!
 --
「悪魔は己の半身たる天使を得、天秤の安定を得るだろう。
悪魔から天使を奪ってはならない。
さすれば天秤は破滅へと傾き、確定した未来は覆される。
例え時計の針を戻しても、一度傾いた天秤は決して戻らない」

 半身たる天使――その言葉を聞き、まずダンブルドアが連想したのはいつもミラベルと共にいた生徒、イーディスだ。
 しかし予言に記されたのは恐らく彼女ではない。
 イーディスは決してミラベルから離れなかったのに、ミラベルは破滅への道を選んでしまった。
 ならば誰だ? 誰がミラベルを止めうる存在だったのだ?
 誰がいれば、彼女の才能を救世に傾ける事が出来たのだ?

(´・ω・`)つまり、全部知っていて止めなかった母親さんが悪い。
母親「幸せな家庭を作ろうと思ったのに、結婚した男の家が狂いすぎているせいで、この有様だよ!」
ダンブルドア「こんな家に才能溢れた子供が生まれたせいで、魔法界滅亡のピンチな有様だよ!」


 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!


カウンター日別表示