ゆっくり戻るよ!

銀河英雄伝説[27] 【一章 アンドロイド大量生産国家 自由惑星同盟】
銀河英雄伝説 アンドロイド達が見た魔術師@
ブログ】 作者 北部九州在住

                        ';';,..;;;;,.;;,. ;.,
                    '';;';';;,.,;..;,;,;;,,,;,,,.
                            ''';;';';;'';;;,.;; ; ;.;.;.;;;...;.,,,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.;; ; ;,, ;; ,; ; ,, ,,
                            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;; ;; ; ;; ; ; ; ;; ;, ,
                         ',',;; ;';';';'; ,; ; ; ;; ; ; ; ; ; ;; ; ; ; ,       ラ-ジャラジャ
                ラ-ジャラジャ   nmnnnnnn n n nnn nn nn nn
                         m m m mm mm m mm m m  m
                        ,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
         ラ-ジャラジャ      / ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/
                       / ̄ ̄"',./  / ̄ ̄"'、  / ̄ ̄"'、. / / ̄ ̄"',./    自由惑星同盟からキマスタ
                   /      |=', ./      |= ./      |=',' ./      |=',,
     ラ-ジャラジャ        ./     O /|=.'/     O /|=./     O /|=.',/     O /|=.',',
                 / ̄""''' 、   / |_', / ̄""''' .|./      / ./ ̄""''' 、 / |_',
              /      |=',  / |  ./      |=',      / /       |=', | |/   ラ-ジャラジャ
              /    O | =',,/.  | /    O | =', ,,...,,__/ /    O | =.', | |
              /     /|==..', ̄ ̄/     /|==..',  ̄ ||/     /|===',| |
              |       /| |―‐'   |       /| |―‐'    |       /| |―‐' ̄ ̄∧
             | _,,..,,_ / .| |  冂  | _,,..,,_ / .| |.   冂   | _,,..,,_ / .| ||     | .|    アンドロイド工場からキマスタ
                └---''" .| |   |  └---''"  | |    |  └---''" .| |      .| .|
                __./ .|___.|__|_   __./ .|__.|__.|_   __./ .|___ //|
               /_/   |    /∧ /_/   |    /∧  /_/   |    /∧/|    ラ-ジャラジャ
ラ-ジャラジャ        /  L__/ ̄^/――l ,/  L__/ ̄^/――l , /  L__/ ̄^/――l ,
           / ̄’/  /   /   /| // ̄’/  /   /   /| //  | |/  /   /   /| //  | |
           | |.|/  |___|   | | | | |.|/  |___|   | | | |   | |  |___|   | | | |   | |
           -/ |    |     | |_|_-/ |     |     | |_|_|__/    |     | |_|_|__/
          //  |    |     |   //  |   |     |  |||  |    .|     |  |||  |
         ,//  /|    |    |  //  ./|   |    |   | .|  |     |    |   | .|  |
         // /~ .|. ,―┴ 、    // /~ .|  ,-┴ 、  |   | |. |   ,-┴ 、  |   | | |
(´・ω・`)自由惑星同盟が転生者っぽい天才のせいで、美少女のアンドロイドを大量生産して、実戦配備しちゃった事で、帝国とやり合いまくり、チートな【一章 アンドロイド大量生産国家 自由惑星同盟】だよ。
イゼルローン要塞を作るのを妨害したから、イゼルローン回廊はひたすら膨大な戦死者を出す死の回廊になっている。

(´・ω・`)おかげで、美少女アンドロイドを嫁にしようとする人間さんが増えたせいで、人口が減りそうな有様だよ。

(´・ω・`)更に銀河帝国の方は遺伝子改造して能力が凄い貴族達が有能なまま・・・・腐敗している国家さんになっている。
能力ある者が、弱者を食らうっ!ひでぇ国家になってるっぽい。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
銀河英雄伝説 アンドロイド達が見た魔術師 【一章 アンドロイド大量生産国家 自由惑星同盟】  作者:北部九州在住 S 1-10話   2013年 04月 25日  



「だが、私は自由惑星同盟に生まれた。
  生まれてしまった。
  その英雄の活躍を見る事無く、歴史より退場する。
  そして、英雄が私の全てを私が愛した自由惑星同盟を喰らってゆく。
  そんなことさせてたまるか!」

第三世代ユキカゼ型駆逐艦ソヨカゼV39 --ヤンが少佐になり、艦長になったのは秘密を知りすぎたせいだった。うっかり、色々と興味本位で調べてしまい、帝国と同盟に渡って暗躍するスパイ組織の存在に気づいちゃったのだ --
「駄目です。
  人間が始めた愚行を機械に押し付けないでください」
(´・ω・`)機械にすらツッコミを入れられている苦労人っぷりが、ヤンらしいですのぜ。

イゼルローン哨戒任務 --この作品のフェザーンは情報戦で活躍できなくなったので、民間軍事会社を興し、帝国と同盟に傭兵を雇わせるという商売をやっていた。
自由惑星同盟がアンドロイド配備しすぎて、エル・ファシルに重厚な防御ラインと、民間人が逃げられるようにしてあげるのでチートなのである。 --

(´・ω・`)原作よりも重厚な防衛ラインをエル・ファシルに敷く余裕があって、自由惑星同盟がチートっぽいね。

VIPが居た理由とフラグ回収--ヤンは厄介な敵と出会ってしまった。帝国の最新鋭高速戦艦である。
ヤンの乗っている艦艇じゃ、戦ったら撃沈されて人生終了してしまう強敵だった。
   --

泥棒撃退マニュアル 安全な所で大声を上げて騒ぎましょう。  --ヤンはフェザーン船団の皆を見捨てる訳にはいけないので、帝国の高速戦艦にミサイルで嫌がらせをしつつ逃げ回り、電波を発信しまくった。
その結果、お互いに消耗戦になる前に逃げ出したので、お互いに死者を出さずにすむ--

 ビーム兵器がメインとなっている戦場では、ミサイルは敵に到達するまで遅すぎるのだ。
  とはいえ、このミサイルが廃れないのはワルキューレなどの単座戦闘艇対策とその誘導性の便利さにあり、故人となった人形遣いはこのミサイルによる遅延攻撃の名手だった。
  特に巡航戦艦などの高速艦艇を主体とした少数艦艇で帝国軍前に陣取ってさっさと逃げ出し、追撃に移った帝国軍艦艇をミサイルの殺し間に誘導する『ステガマリ』戦術は現在でも帝国軍を恐れさせるぐらい。

(´・ω・`)ミサイルが即席のトラップ代わりに運用されているとか、なんて嫌な宇宙戦争だ。
迂闊に追撃したら、酷い目に会う有様だよ。


飢餓航路--イゼルローン要塞を建造する前に破壊しちゃったので、イゼルローン回廊は『飢餓星群』と呼ばれる絶望の戦場になっていた。
同盟軍の物量と国力が優勢なので、帝国軍はシールド艦と呼ばれる守るだけに特化した艦艇まで作っている。
そんな帝国と敵対している同盟は余裕がありすぎて、ロボット娘と結婚して、子供を作る技術を持っていたり、遺伝子改造して新人類誕生させたりとやりたい放題だった。
 --
(´・ω・`)なんてやりたい放題の自由惑星同盟軍。ロボット娘どころか、新人類まで誕生させちゃっている有様だよ。

食堂政談  --食堂で政治屋より無能な連中が政権を取らないように、ヤンはTVを視聴していた。
TVを視聴しながら、自由惑星同盟がどうして銀河連邦を名乗らないかについて、ヤンは周りに推測を話す。
それはルドルフを排出した銀河連邦を憎んでいて、ルドルフが二度と登場しないように、自由惑星同盟が権力を分散している政治構造になっているからである。
--
「たしか人形師の退任の台詞でしたか。
  『私は議員諸君に石もて追われる事になるが、一つだけ議員諸君に誇ってこの席を去りたいと思う。
  私を含め、730年マフィアは誰一人ルドルフにはならなかった』でしたっけ。
  あの演説によって道化師の評価が確定し、友愛党の失政によって、その再評価も始まっているとかなんとか」

(´・ω・`)ルドルフ出さないために、権力分散して、独裁者が登場しないように同盟を作ったとか何とか、そんなお話さんだった。

長い会議と短い戦闘 -銀河帝国軍が大規模な艦隊を動員しての侵攻作戦をやってきた。
それをヤン達作戦部は見抜いて、それ以上の大兵力をぶつける事により勝利する。
フェザーンが普通に補給物資を送らない嫌がらせをやってきた事にも抗議しまくって、違約金をゲットし、同盟の勝利だった。
 --

姉達へ妹達へ--今日も自由惑星同盟は被害を最小限にして勝利していたが、それでも中核都市を構成できるだけの人員が戦死してしまったので大変だった。原作に近づくに連れて被害が酷くなっていく。 --



前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 




ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ


カウンター日別表示