ゆっくり戻るよ!
機動戦士ガンダムSEED【19】ー【3】 【二章 砂漠の虎】 【後篇 ビクトリア基地への移動】
もう一人のSEED【改訂】【オリ主TS転生】B 【ブログ】【menou

カウンター日別表示

                   _    __
                 r''"´: .: . `ヽ/: ./}   _
                ノ : .: ._,/っ,ィ : ./ : . Y´: .i_
.          ___   く r''"´: . ̄ `ヾミ : .: .ヽ: .: .| }
       , ''´: .: .: .: .ヽ/: .: .: .: .: .: .: .: .\`ヽ: .} : .〃   . :⌒ヽ
    __/: .: .: .: .rγt"´: ./: .: .: .: .iハ`ヽ: .: .ヽ: .V : ./ ./: : : : 人男達を悩殺する魔性の
   /: .: ./ : . rfた7´: .: .;': .i.: .: .: .| iヤヽ\: .: .: .\ ーく: : : : : く  合法ロリ娘だよ!
   `Y /: .: .: .に%) : .: .:i : .|.: .: .:..:! | ! ,X=ミ、リ : .\彡 ⌒`ヽ
.     , イ.: .: .:.::::.じイ: .:.i: . .ii l ハ/   '´ テ心 Y } ハ
  / ;ノ : . / : .て! : .i : . !i//,,z==    乂ソ /Vi: .‘,
. ( : . : . /: .: .: .r‐V/i: .ハi  〃テ心     ///´ iリ . : i
  `Y:: .: :./ : .: .`7 Y : .∧ ト、辷,ノ    ,    八: :::.!
   `ー‐く;: .: ._彡イ i : .: . iミ、 ///        /_/ }: .:!_
     rイ イ      | : . .: l、っヽ     ´`  人 V: : 八  ≧: .
.     V ミ=彡イ⌒).! : . : .! `ー''个ー --    イ丶/ /        V
      \ : . ノ { ( ';: : ::::.V   / {丶    l /イl }         V
        ̄   ⌒∧: .: .: .\./{ 人         / | j \        V
              /  \>-‐⌒> `<‐- 、 .′} |  丶       ヽ
                  /     }> ミ二二 人     ヽ      ’,
                    /        |                 ’,      .V
                    从    \   |                  V    ∧
                 ∧    \|                :.   ∧
                     ヽ    \              }_.丿
                    \    丶、           l.   ',
                   ∧      丶             j.    l
                        ∧       ',         |     :.
                       ∧     _ ノ ヽ       |.    ',
                        ̄ ̄ヽ      丶       .从     l、
                           ’,       ヽ.     :.   |V
                            ト、      V      ',    | ’,
                            l ヽ      ’,     .ハ     l  `ヽ、
                            |  \     V.    ハ    {      V
                             j    丶.    ’,   .ハ   :.   ./ 〉
                            从 丶   ヽ    :.   ハ   ',  / /
                         /{    \  ヽ.    ,   l   ヽ/ / V
                         ヽ、         .∧   ’,  !    V/   V
                               ',丶   >    }    ヽ{   、', }     ',
                              ハ  >    >|   八 } 人_/       :.
                                ∧     ≧=- .{ヽヽ', ┌'ノ_./
                            ’,       `ー=≦ ヽ',         l
                                ヽ           V          l
                                    丶           V         |

(´・ω・`)どんどん、合法ロリ娘(女主人公)がキラ達を悩殺しながら、アークエンジェルと一緒に砂漠の虎がいる激戦区を潜り抜ける【二章 砂漠の虎】 【後篇 ビクトリア基地への移動】だよ。
(´・ω・`)周りの男達の性癖をロリコンにしてしまう時点で、魔性の合法ロリ娘でありました!

●砂漠の虎との初対面イベントに、合法ロリが行く。
キラ「合法ロリ娘と一緒に、街に買い出しに行けて、し、しあわせええええええええ!!!!
ヨーグルトソースでグチョグチョになっているよ!
好きな合法ロリ娘の白濁姿を見れて最高だよ!
ロリコンでごめんねぇ!」」

合法ロリ娘「砂漠の虎を銃殺するチャンスだったのに、キラ君に邪魔されてしまった有様だよ。」

↓ 砂漠の虎の本拠地(ザフト)
合法ロリ娘「どぼじで、僕とそっくりの合法ロリ娘がザフトで働いているのおおおおおっ?!!!!
しかも赤服な有様だよ!」

●連合のビクトリア基地から、支援要請が来た。
合法ロリ娘「ゆぎゃあああああああああああああああああああ!!!!
砂漠の虎達を撃退しながら、ビクトリア基地まで向かうのが大変すぎるううう!!!!
危うく死ぬかと思ったあああああ!!」
ザフト「「「ゆっくりせずに死んでね!すぐでいいよ!
・・・ゆぎぎぎぎぎぎっ・・・!
レジスタンスに戦艦内部に侵入されるわ、合法ロリ娘にブリッジをビームサーベルで破壊されるし最悪だよ!
もうやだ!おうちかえる!」」」

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
 もう一人のSEED【改訂】【オリ主TS転生】  【二章 砂漠の虎】 【後篇 ビクトリア基地への移動】    Arcadia 作者:menou  SSS   19-25話  
 PHASE 19 「虎の住処」-女主人公さんを転生者っぽいザフト兵士達が見つけたので、女主人公さんを捕獲する気だった。
イザーク達と合流し、戦力を充実させ・・・・たが、恐ろしいほどにイザーク達と転生者っぽい奴らは仲が悪かった。
だって27歳の合法ロリ娘だから、12歳くらいだと勘違いされちゃっているのだ!
必然的に険悪になるしかない!


アークエンジェルは補給物資を得るためにも、街中で大量の食糧を買いつけようとしていた。 
このアフリカ大陸の大半はザフトの勢力圏であり、現在位置はそのど真ん中、早く脱出する必要がある。
女主人公の外見が小学生としか思えないのでキラ達と一緒に買い出しをやらされ、そこで連合の兵士達の性欲が溜まっているから、エロ本を購入する必要がある事を知った。

あと、原作とはかなり違うやり取りで、砂漠の虎と知り合い、合法ロリ娘がヨーグルトソースとチリソースの二つを合わせた何かを食べられる化物だと判明している。 
---
「美味い!!」
テーレッテレー
「「「嘘ぉ!!?」」」

おっさんにも驚かれてしまった。

「む、無理しなくてもいいんだよ? さすがに僕も、罪悪感を感じてるし」
「いやいや、ヨーグルトとチリのミックスってこんなに美味しいなんて気付かなかったよ!
チリソースの味の強さをヨーグルトのさわやかな酸味が和らげて、互いに助け合い……味のハーモニーを饗宴してるのさっ」
「マジで言ってるのかい……」

なんかおっさんがげんなりとした顔をしてる。なんて失礼なおっさんだ。お前がかけたのに。
ボクは言葉通りの感動を感じているぞ! 美味い、これは美味い! もっとかけよう。ぶぢゅるぢゅる。

「うぷ……」
(´・ω・`)一瞬、合法ロリ娘がヨーグルトまみれになるのかと思ったら、二つを組み合わせた何かを食べられる凄い合法ロリ娘だった。

PHASE 20 「砂漠の虎」--
合法ロリ娘は、砂漠の虎を暗殺する機会に恵まれたから暗殺しようとしたが、キラに妨害されちゃった。
おかげで合法ロリ娘は全身が白濁なヨーグルトに汚され・・・・キラは興奮する!ぶひぃー!
チリソースもぶっかけたはずなのに、チリソースだけ迷子になってしまった有様だよ。

そのまま砂漠の虎の拠点まで案内されて、砂漠地帯とは思えない涼しい空調が効いた部屋に招待される。
ザフトの軍人はコロニー育ちなので、地球の環境は丈夫な身体でも辛いんだ。うん。
その代わり地球には膨大な土地がある。

あと合法ロリ娘の着替えの服はゴズロリだった。ゆんやっー! 
-
「な、なにこれぇ……? 顔に……」
「うっ……」

キラの顔が、赤やら青やらいろんな色に染まった。
屈んだリナの顔は、中腰のキラの股間の高さ。そしてリナの紅潮した顔に吐き出された白濁。
しかも、リナは顔にかかった液体を指ですくって、あむって舐めてる。その動きがまた、まるで指が舌のように艶かしく動いていて色っぽい。
狙ってるのか、狙っているのだろうか。しかも赤く顔を染めて、瞳を潤わせて。ちゅぱ、と唇を鳴らした。
そこまで狙った動きをすると、指を抜いたときにちろっと見えた舌の赤みですら、男の本能を刺激させられる。

(´・ω・`)ヨーグルトソースでグショグショ〜 白濁な合法ロリー
(´・ω・`)なぜか、チリソースはー 行方不明ー
(´・ω・`)着替えの服が − ゴズロリの合法ロリー
(´・ω・`)これじゃ、キラ君がー ロリコンになっちゃうー
    

PHASE 21 「コーディネイト」ー砂漠の虎に、キラ達が地球軍の人間だとばれていた。
なぜなら、ザフトには女主人公そっくりの合法ロリ娘「フィフス・ライナー」がいて、砂漠の虎の友達。
そのせいで女主人公の所属がばれていた。

女主人公は戦争への答えを返し、民族紛争になっている現在の状態から脱却すれば、大戦争にはならないと返答した。 
ザフトが敵軍だと認定されているから戦っているだけである。
その場は原作とおりに素直に帰され、次に会うときは戦場さん。

 ー
「……皆、戦う以外の仕事を見つければ戦争はなくなるんじゃないかな」
「……何?」

リナの答えに、バルトフェルドは意表を突かれてしまった。

「『命を奪うよりも経済的に利用したほうが得だ』と相手に思わせるようになったら、一応大きな戦争は無くなると思うけど。
ボクが思うに、今の戦争がいわゆるナチュラルとコーディネイター間の『民族間戦争』になってるから終わらないんだ。
だったら目的を『外交戦争』あるいは『利権戦争』になるようにしたら、どちらかの目的が達せられたら、大勢の人が死ぬ戦争は終わる……ボクはそう思う」
「今の戦争がその二つのうちのどれかだとしたら、どうするんだね?」
(´・ω・`)この時点で洒落にならない人数が死んでいる時点で、あとに引けない戦争だわ。

PHASE 22 「前門の虎」ーアフリカ最大の湖、ビクトリア湖付近にある地球軍のビクトリア基地は、宇宙へ物資を打ちあげるマスドライバーがある場所だった。
そのためザフト軍が攻めてくる戦略上の重要な場所となっており、そこに援軍としてアークエンジェルは行かないといけない。

距離にして四千km。ザフト軍の勢力圏内なので真っ直ぐ向かうの難しい。
砂漠の虎を叩かないと追撃されて支援どころじゃなかった。
あと、女主人公はガンダムに乗れず、ダガーなので一般兵扱いで辛い。 
   ー
やめてよね、ボクが本気を出したら、カガリが操縦でかなうわけないじゃないか!」
「…………リナさん……本当にやめてよね」

おぉ、キラの顔色が面白いほどどす黒くなった。黒歴史を突かれるのは辛いかね、ヨホホホ。

「それはともかく、思ったよりマシなのは驚いたよ。ここに『君のMS』があったら、活躍できるのに」

キラをからかうのはそれくらいにして、カガリを少しつついてみる。
オーブの姫だってバレバレだし、独自のMS作ってるのもバレバレなのだよ。SEED知識があるボク限定だがね。
カガリはそれを言われて、画面の中で操縦をミスって転んだ。
わあ、と、ミリアリアとサイとトールが驚いた声を挙げてる。カガリの顔が引きつった。

(´・ω・`)やめてよね!
合法ロリ娘が本気を出したら、ロリという魅力に勝てる訳がないじゃないか!

キラ「好きな人が小さかっただけだよ!ゆんやっー!」

- PHASE 23 「焦熱回廊」-地球軍のビクトリア基地に行く事になったが、砂漠の虎が襲撃してきた。
女主人公さんはダガーなので、ザフトのバクゥとか辛いはずだが、なぜか連戦連勝、勘で勝利している。
でも、ゲームだったらこの戦場のエース級はバルトフェルドのラゴゥくらいだったのに、ジンタイプにも苦戦。
カガリは搭乗していた機体を中波させていたので、戦力にはならなかった。


キラの乗っているガンダムと違って、ダガーは紙装甲。
ピートリー級に単独で対艦攻撃を仕掛けて勝利しないと生き残れないが、ピートリー級の火力は絶大だ。 
-
(行け、行け、行け! リナ・シエル! お前は最強チートの主人公だろ!
主人公補正っていうやつは絶対だ! お前は死なない! まだ物語は先に続いてるんだ! そうだろ!?)

恐怖で引き返そうとする自分を必死に激励して奮い立たせながら、左右にランダムにステップしながら、ピートリー級に接近していく!
ピートリー級の主砲が、こちらに向いた――

(´・ω・`)MIA(戦場行方不明)フラグだね。

PHASE 24 「前門の虎」--ザフトの陸上戦艦2隻による追撃戦は辛い・・・がっ!現地のレジスタンス【”明けの砂漠”】が大活躍した。
陸上戦艦に潜入して戦っていたのである。ザフトは生身での白兵戦を戦闘中に強いられる事になった。 

1機で行動中の合法ロリ娘の方は陸上戦艦のブリッジをビームサベルで消滅させて、戦艦アークエンジェルの生存率を向上させていたが、格上すぎる謎のパイロットさんに追いつめられた。
どうやら合法ロリ娘には謎があるらしい。

話の内容的に、連邦に所属する合法ロリ娘が、クローン人間で、ザフトに所属している合法ロリ娘が本物っぽい。
   
-
「まだ俺を相手にするには早いみたいだな、リナ。まあ、お前は一番『遅かった』からしょうがないか」
「だから……何を言ってるのか、わから、ない……」

背中を強く打ったせいで、うまく呼吸ができない。掠れた声でうめく。
まだ、このシグーに一矢も報いることができていない。なのに、このまま負ける?
眼前には、シグーの切っ先。これがもし一押しされたら、コクピットごと自分を貫くだろう。
だがシグーはそうはせず、重斬刀を収める。

「……この艦はもうダメだな。まあ、下手なりによくやったってところか。単騎で陸上戦艦を戦闘不能に追い込めたのは成長の証と認めてやる。
俺達はカーペンタリアに戻る。今度会った時には、もっと腕を上げておけ。でないと”間に合わなくなるぞ”。ではな」
「ま、て……」

(´・ω・`)合法ロリ娘には謎があるっ・・・!(意味深

] PHASE 25 「砂の墓標を踏み」^^ザフトの陸上戦艦2隻を退けて、アークエンジェルの皆は生き残った。
現地のレジスタンスを使い潰し、余裕が出来たので・・・・合法ロリ娘に尋問がなされた。
ザフトに合法ロリ娘そっくりのロリ娘がいるので疑惑がかけられている。
ひょっとしたら、ザフトに姉妹がいるかもしれないからだ。  
^^
そうだとしたら、似ているだけで特に話題に上ることは無いはずだ。言った後に、執拗に攻撃を仕掛けてくる人間がクルーとそっくりとは皮肉が利いている、と思う。
フラガ少佐が提出した報告書によると、最後のジン・オーカーは取り逃がしたという。
そのシエル大尉とそっくりのザフト兵は、生きている。また攻撃を仕掛けてくるだろう。
どこまでもついて回る。借金や過去の負い目のように。

「……まるでドッペルゲンガーだな」
「ドッペルゲンガー……確か、自分に全くそっくりの幽霊か何かで、見たら近いうちに死ぬというものでしたっけ?」
「慎めよ、一等兵」
「あっ、失礼しました」

(´・ω・`)合法ロリ娘にそっくりな顔を持つ少女も合法ロリ。
これは遺伝子にとんでもない秘密が隠されているのが分かんだね。
どっちかが他者の記憶を植え付けられたクローン人間さんだよ。





PHASE 26 「君達の明日のために」--
合法ロリ娘がキラの近くにいると知った謎の人間さんは喜んでいた。
明らかにガンダムSEED世界の未来を知っており、キラの子供を妊娠してくれる事態が発生すれば最良の結果なのである
キラは未来の世界の覇者でありスーパーコーディネーターだからだ!


合法ロリ娘の方は、キラに軍人としてのスキルをつんでもらうために近接格闘戦を事を教え込もうとしていた。
キラは合法ロリ娘のロリロリな外見にメロメロであり、集中できなくて辛い。
あ、トールの方はナチュラルだから身体能力の面で兵士としてやっていくのに問題があり、地獄の筋トレ生活☆-

「CQBっていうのは、Close Quater Battle(近接戦闘、もしくは閉所戦闘)といって、MS戦とは違って、歩兵の携行火器、ナイフや徒手格闘を用いた戦闘を想定した戦技のことで――」
「…………」
「…………」

ごくり。息を呑んだのはどっちだろうか。
見た目の年齢なりに身軽に動き回り、ホットパンツがひらひらと短い裾を揺らして、腰の幼い肌が見え隠れしている。
おまけにランニングシャツがこれまたふわふわと頼りなげに揺れて、身体をきゅっと小さく回すと、未発達の彼女の肢体がチラチラと見えてしまう。
一G下のおかげで、服は彼女の肌に吸い付かずに重力に振り回され、ちょっと身体を動かしただけで……色んなものが見えそうだ。
それでいて身体の凹凸は乏しいのに、もちもちした肉付きと薄く火照った乳白色の肌が男の性を刺激する。
じぃぃ。もしその視線に熱量があったら、リナがこんがり狐色に炙られてそうなほどに見てる二人。もちろんその集中力に聴力は伴わない。

(´・ω・`)合法ロリ娘と近接戦闘訓練出来るとか、なんというご褒美



 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ