ゆっくり戻るよ!
機動戦士ガンダムSEED【19】ー【2】 【二章 砂漠の虎】 【前篇
もう一人のSEED【改訂】【オリ主TS転生】A 【ブログ】【menou
 
カウンター日別表示


     --─<⌒\      ┌く⌒)ノ⌒''く : : : \
  /: : -‐…=ミ'⌒Y^> ──'ァー<{_    ): : : : :}i
  i{ ;/ : _ノ⌒''く__ノ⌒: : :> ⌒\ : : :ア⌒く}-、 /⌒丶、   
 ノ'´ : : ((    _) : : :/: : : : : :-=ミ:´=- 、: :\ノ、 : : : : : :\
〃 : : : : :乂_____丿: : : : : : : : /: : : : : : : ⌒\: : :∨二 : : : : :人
i{ : : : : : {⌒^7: : : : : /: : : : : : : : : :ハ : : :\ : ヽ: : ': : }i⌒):/\:\
乂/: : : V_7: : : \/,': : : :/: : : : : : :.|: : : : :jハ : : ' : ∨: : : /  ,): :)    ,::;;;;::、
: : : : : : :.〈__| : : : ∨/ : : :/: : : : :/: :/|: :| : : |│: : : ,: :∨:乂._ く <_    {^ё† }、
: : : : : :/ィ:| : : ∨/ : : :/: : : : :/: :/ ;゙: :| : : |│: : : | : :|(: : : : : ̄:`ヽ) /;;,   ;;\
: : : /: : 八|: : : :i i : : : i__厶イ : / / : /7 メ、|: : : :.| : :|: : :<⌒): : ノ   ̄ゞ __,;;;ブ
: :.((:.:/ :从: 八| i: : i: i仏劣ミ´  ̄´厶劣ミレく/iハ: 「 ̄\)厶イ      `^ }{_
\: )'´ /.: ;ハ:.:f゙| i: : i:〃_j::i゚}       _j:j゚} Yi: i: :N              ^^,::;;;;::、
 〃 : : : / }八| i: : i从乂ソ      Vソ 从i: i: :い.              {\{゚ё† }/}
 i{ : : : (:ー<⌒'| i: : i: |::/::/::    ' /::/:: |,ノi: i: :|: :i             \;;,   ;;;;人
   ̄):.厂\) レ|i : i: :.       -- 、    人:リ:/ /|: :|               ゞ __,;;;;;;ノ
   ⌒     /圦: i: : ゝ  (   丿  イ  / : /`|: ,'                 }{_ }{_
         ′〈II \ : V≧=- _. <|勹 厶イ〉...|∧        ,::;;;;::、      ^^ ^^
       /..... 〈_II  \W=ー―‐=彡</  |〉.../.....:     {\{゚ё† }/}
.      〈_........〈_| II  ≫==x ―ァ' iァ     ∧ ........|     \;;,   ;;;;人
       / ........ ∧ II {{xXXx}}乂(ф)   ∠厂............〉      ゞ __,;;;;;;ノ
        ,′............._]>IIーVxXXソ| ...{>ーz</≧===ミト、         `^ }{_
.      {................∨./⌒7^V'゚|l......>く...〃      》 \        ^^
       ノ...............八」   {{二) ||ニ({※.})||       l| ̄II\
     /................//,L......_{{ニJ_」|......゙'ー'゙,;リ         ]|..... II ...\
     〉.....⌒Y7´ {_,{{Τ ̄V ..八.............《7ニニニニニニニ〕\....II......∧
.    |...........〈_|  {,,」L|   |⌒'ー<二ユ∠...............|丿... ∨II/ ∧
.    |........... 〈|   {__}}ノ   |     |〉...........................|\(●⌒¨¨¨¨\
.    ∨...........[>、人{{_____,/|     |〉...........................| /〃   仁Z ∧
     `ー──个ー|三トrリ     ∧_____/ /〃   /C♪゚/ ,′
           |....rく><ト-、__,,厶イ\\     (●.   仁Z.../ /
           |....|____]___ノ_(__,」|......\ニニニ二ノゝ `ー─一  /
           |....|...............;..........i.......|\................................ ̄ ̄ ̄厂〉
             丿八____ノ .........i.....∧....\...................................../../
          {..{......\__......._____j ....[人 ......\...................._/.../

(´・ω・`)アークエンジェルが原作よりも戦力を充実させた状態で、砂漠の虎がいるアフリカ大陸に降下する【二章 砂漠の虎】 【前篇だよ
(´・ω・`)でも、相手側の戦力もその分だけ増えているから、不利な事は変わりないんだ。うん。


●ストライクダガー(PS装甲なし・一撃でも食らったらおしまい)が3機もあるけど、整備班の手が回らず、整備出来なくて序盤の戦いで生かせる事ができない。

●キラが合法ロリ娘を守るためにSEEDに覚醒。原作ではフレイを守るために覚醒したけど、ロリコンになったからSEEDに覚醒した。
キラ「合法ロリは僕が守るよおおおおおおお!!!!
強過ぎてごめんねぇえぇぇぇぇ!!!」
ザフト軍「「「ゆんやっー!」」」

●原作ならトールとキラが、女のフレイを巡って喧嘩するけど、フレイが父親と一緒に帰っていないから仲が良い。二人ともロリコン。

●原作なら、砂漠のレジスタンス達がザフトに街を焼かれた報復に、無謀な突撃をやって大被害を被る所だけど、無力化する兵器をアークエンジェル側で開発していたから、ゲリラをそれで攻撃して被害を出さずに済んでいる。

●量産仕様のストライクダガーが配備されてる。トール少年を原作よりも遥かに早く前線投入することで戦力化
●女主人公は大尉に昇進した。(MSの3機率いることが出来る。)
●追撃しているフィフスっていうザフトの合法ロリが、女主人公さんとそっくりのクローン人間っぽい。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
もう一人のSEED【改訂】【オリ主TS転生】  【二章 砂漠の虎】 【前篇】   Arcadia 作者:menou  SS  11-18話   2013/10/27
 PHASE 11 「眠れない夜」--ジンを六機落とすために、ドレイク級二隻、ネルソン級一隻。そしてメビウスを二個フライトを犠牲にしてしまった。
六人のザフト兵を殺害するために、600人以上の地球連合軍の軍人が犠牲になる計算である。
女主人公さんは僚艦全てが撃墜されて徒労感を感じて無気力状態!
そのままキラ・ヤマトに美味しく頂かれそうだった!

しかも、最悪な事に原作と違って、紅服のマカリ・イースカイとフィフス・ライナーが追撃に加わる事になる。
あんな化物達が戦場に増えるという事は、それだけ難易度が跳ね上がるという事だ! 
 --
「リナさん……」

彼女の顔を見ながら、名前を囁く。
とくん。
胸の中で種火が燻った。
この温かみはなんだろう? その味わったことの無い感触に、キラは戸惑った。
薄く開いた桜色の唇、小さな鼻の穴、長いまつげ、丸い頬。薄暗い通路でもわかる、白い肌。ほのかに甘い香りがする。シャンプーの匂いだろうか。
その全てが、キラの生理的欲求を刺激する。プライマリ・スクールも出てなさそうな外見の彼女から、異性の艶っぽさを感じるのはなぜだろう?

(´・ω・`)キラは寝取られをやらない代わりに、ロリコンになった。

PHASE 12 「智将ハルバートン」 --地球軍の智将ハルバートン率いる第八艦隊を倒すために、ザフトは二個艦隊を動員してきた。
ザフトには合法ロリなパイロット『フィフス』ちゃんがいる。
クルーゼ隊長と同期なのだが、10歳にしか見えない。アスラン・ザラは驚愕する!

第八艦隊と合流したアークエンジェルの方では、女主人公さんがハルバートンから重要な事を聞く事になる。
なんと、G兵器関連を推し進めたのは、女主人公の父親だったのだ!
これは地球にいったら聞くしかないねぇ!
 --
「足つきを逃がせばG兵器のデータが地球軍に回収され、将来に禍根を残すことになる。
所詮はナチュラル、と侮っていては足元を掬われるぞ。諸君の慎重で勇敢な奮闘に期待する」

クルーゼが激励でブリーフィングを締めくくり、敬礼をする。全員が一斉にブーツの踵を鳴らし、「ハッ!」と威勢のいい声が上がった。
ブリーフィングを締めたと思ったクルーゼは言葉を終わらせず、解散しようとしたパイロット達の足を縫いとめた。

「最後に、MS隊の最年長であるフィフス君から、何か意見を伺いたいな」
「……特に、ありません。ただ……皆の生還を、望みます」

(´・ω・`)原作よりも敵戦力が増えて、なんて涙目な合法ロリ娘だらけの宇宙なんだろう。

PHASE 13 「大気圏突入」 --サイは父親と一緒に地球へと降りようとするフレイに疑念を感じていた。
婚約者同士のはずなのに、サイの事をさっさと放置して安全地帯に行こうとしている。

このままだと、フレイと避難民が乗るシャトルは原作動揺に撃墜されちゃう運命にあるのだが、原作と違って地球軍はMSを生産する時期が早いので、ストライクダガーが4機ある。
ビーム兵器搭載なので、ザフト軍がアークエンジェルに到達するのは難易度が高くて楽が出来る。

問題だったのは大気圏での戦闘で、キラ・ヤマトが行方不明になっちゃった事だ!
ザフト側のオリキャラさん達まで降下しているぞ! 
--
預けてしまう。
とすっ。
リナの長い黒髪が散って、小さな身体がキラにぶつかる。
ふわっ、とリナの柔らかい身体がキラの引き締まった身体に接して、キラに膨らみかけの胸を押し付ける形になってしまった。

(うっ……)

リナはキラの匂いを間近に感じると、あの夜のことが脳裏によみがえって、思わず赤面してしまう。
キラも同じ事を考えたようで、赤面して目を逸らしてしまう。

(´・ω・`)間違いない。このキラ・ヤマトはロリコンだ(キリッ

PHASE 14 「微笑み」アークエンジェルはストライクガンダムの救助のために、南アフリカのザフト勢力圏に降下してしまった。
現地でザフト軍の精鋭な合法ロリに襲撃され、その合法ロリを捕虜にすると・・・・女主人公さんと同じ顔の合法ロリだった!まるでクローン人間!
そのまま回し蹴りで女主人公さんは行動不能に追い込まれて、逃げられてしまう! 
--
(うん、これなら心配なさそうだ。キラ君自身も、ボクの見ていないところで友情を育てるのに頑張ってるだろうけど、ボクも何か彼のために何かフォローができればなぁって思うし。
彼らの友情のケアも大事だ。このアークエンジェルに乗ってる理由だって、その友情がもとで成り立ってるんだし。
あんまり友情を育てすぎると、軍務やボクの命より友情を優先しそうで怖いけど。それでも、キラ君がボクと一緒に戦ってくれるように頑張るのだ!
うははは、ボクって外道。この先生きのこるためには止むを得ないのだよ。……止むを得ないんだ)

(´・ω・`)サイとまでフラグをたてて大変な娘よ!


PHASE 15 「少年達の向く先」 - 女主人公さんとキラが物理的に合体した。
フレイは父親が生存している影響で艦内にいないので、濡れ場役は合法ロリな女主人公さんが担当してる。

と思ったら、思春期の中学生らしい、ただのキラの妄想だった。
上官と恋人関係になるのは難しいのぜ。

あと、今回の補給で、ストライクダガーのほかに、スカイグラスパーも二機納入されたので原作より戦力が増しているが、敵側も二人ほど赤服クラスがいるから厄介だった。
これはもう、トール少年も原作よりも遥かに早く前線に投入するしかない(キリッ
--
き、ら、……んむ、あふっ……ぅ……」
「……」

口の中で、リナさんの声が響く。それを強制的に黙らせようと、舌をリナさんの唇の中に割り込ませ、ちゅぅ、と唾液を少し啜った。
びくん、と彼女の身体が震える。リナさんのくぐもった短い悲鳴。でも、口の中にごく小さく響いただけ。
抵抗してこない。彼女の体温が、小動物よろしく上がっていく。あったかい。腕の力を強めると、彼女の控えめな胸が自分の胸に押し付けられた。
あぁ! これが、リナさんの胸なんだ!
胸中で喝采をあげて、抱きしめる力は変えないまま唇を離した。
ぷは、と、どっちのものかわからない呼吸が聞こえる。つぅ、と二人の唇を繋ぐ唾液の橋が架かった。

「……きら、くん……こんな、こと、して……ボクが、ゆるす、と……」
(´・ω・`)戦場だと、女兵士は性的に襲われやすいから大変だわ!と思ったらキラの妄想だった。

PHASE 16 「燃える砂塵」--トールがMSのパイロットになる事をキラは止めたかった。
だって・・・キラ以外の機体はPS装甲なしの量産機なので、一撃でも浴びたら人生終了である。
あと、女主人公さんとトールが一緒に訓練している姿を見て嫉妬していたのも理由だった。

序盤の戦いは、整備班の手が回らないので、現状の戦力を全て生かせる事は出来ず、原作より少しマシ程度の戦力しかない状態での戦いになる。
 --
「……デザート・ダガー! 行きます!」

スロットル全開。砂漠の夜景に押し出される機体。宇宙よりも遥かに強く身体を押すG。地球の発進の違いに、無意識に操縦桿を握る手に力が篭る。
リナの初めての、地球での戦闘が始まる―

(´・ω・`)・・・・これはひょっとして原作よりも不利な戦い。足場が砂な時点でキラ・ヤマトしか身動きできない気がする有様だよ。

PHASE 17 「SEED」^^砂漠の戦場で足場が不安定だったので、序盤のキラは行動不能だった。
そのため女主人公さんが活躍する必要があり、ジェットホバー機動で砂漠の虎の精鋭部隊相手に有利に戦った。
だがっ!相手の方が数が多いから、絶体絶命!
キラ・ヤマトが覚醒してくれなかったら戦死しているところだ!

原作ではフレイを守るためにSEEDに覚醒していた場面で、女主人公を守るために覚醒している。
つまり、キラはロリコン 
 ^^

(´・ω・`)着実にキラはロリの道を突き進んでいるわ!

PHASE 18 「炎の後で」-女主人公さんの外見は合法ロリ娘なので、砂漠のレジスタンス達に舐められて馬鹿にされていた。
だから、女主人公は怒って彼らと喧嘩になり暴力を振るう。
この女主人公さんはコーディネーターと対等以上に殺し合いができるスーパーナチュラルさん、うわようじょつよい!

キラとトールは原作ではフレイを巡って喧嘩になっていたが、この作品ではフレイが父親と一緒に帰ってしまったので喧嘩してない。

砂漠のレジスタンスの方も原作通りなら、街を焼かれた報復にザフトへと無謀な攻撃をやるはずだが、無力化する兵器を開発していたので死人を出さずに済んだ。
--
そう胸中で呟くリナは、半裸でコクピットに座っていた。運動着のタンクトップとホットパンツ姿。頭には同じく整備員の日よけつきの帽子を乗せている。
最初は外で補給作業を手伝っていたけれど、それが終わってモビルスーツによるネットの展伸作業を始めたのだ。
戦闘機動をするわけでもなし……ということで、ラフな格好のままコクピットに乗り込んだ。
ただ、ここまで暑いと自慢の長い黒髪が仇になる。黒髪が色のせいで大変な熱をもって、肌に触れるだけですごく熱い。関係ないけど、頭のてっぺんを触ると超熱い。
もともと毛量が多いから余計にだ。だから、ノーマルスーツを身に着けるときと同じように髪をまとめて括って帽子の中に収めた。

「さて、これくらいかな……どう、ユーリィ軍曹、隠せた?」
「……はい、OK! ばっちり隠れてますよ」
「よし、じゃあ迎えにいくよ。道具まとめといてね」
「了解!」

(´・ω・`)うわようじょつよい。
これは襲ったら返り討ちにあう最強幼女だわ。


 


 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!