ゆっくり戻るよ!

Fate/Zero【41】-【6】 
セイバーになって、奮闘記 
 【五章 遠坂家の魔術刻印消滅 】  (TS)

ブログ】 作者 アインシェル 


カウンター日別表示

                        ,ィ  _,.. ィ
                    ,ィイ/イr '´ ,/-─イ,
                  /レ'  / /  /    ,/  '7
                  |  / ,i /   ,  ,/  / ,/
                    |ヾ  l { !  / /  ,/ ,.イ
                    { ヽ、ヽ ヾ、 { // ,.-イ / | 時臣
                  | 、|``丶-、',.r '"   !/ /ノ  自害せよ
                   |, |           _, ヽ_,!  幼女の凛を見捨てるなんて
                  rヽ!Tt-..、   rヒ.:フノ fヽ  我は気にいらぬ!
                   ヾヽ ヾ ='`   ´  ̄   ノソ
                   ゝヽ    |!     /Z
                   [__|`\  ‐=‐   /l__|
        _ -─‐--<`\    ,rェ─'l 丶 __,. ' |`ー‐ッ、   ,. -‐ 、 ____
     ,r' ´      `ヾ、   \/ ヽ,rェ|   __  |¬,/  | ,/   ,r ",. -' ´ ``丶、
    ,! ` 、       \   \ ヽ;;;;フ´_rュ、 `く;;;;/   /   /,.         `丶
    |::.    ,         、   ヽ、∨  `i::「   ∨ /   , '            ,. -'´|
    |:::.                i, l,  |:|  / /             ,.  '..:::::::::::|
    ,l::、                   l  l   ||  /  l           ,.    ..::::::::::::::::|
    /_ `                  l   l  | /   |              .:::::::::::::::::::/
  ∠__` 丶 、            /`'=、ゝ._,.ィ.;=''"|             ...:::::::::::::::::::イ
  /        `丶、       ノ_,.. -‐';:::::::;'- 、 l            _____,!
/     `ヽ、ヾフ ∠::;丶、   ,. '"    !::::::!   `\      _,.r':::::>、    :::::|
────‐---` 、/   {/`ー'       l^Y^l     ` ----イ  ̄ ̄  `丶、 ::::l、
::::::::::::::::::::::::::::;r'´     |:::.         /    l        :::| ヾ`>     .:::::| ̄ ´
:::::::::::::::::::::::::ノ       l::::        / /lヽ l         .:::/ヽ、     .::::::::\

(´・ω・`)ギルガメッシュが、凛の事を好きすぎて、凛の事を見捨てた遠坂時臣に自害を命じたから、五代受け継いできた魔術刻印が消滅して、遠坂家涙目なお話さんな【五章 遠坂家の魔術刻印消滅 】だよ。
(´・ω・`)聖杯は汚染されているから、遠坂家詰んだわ

(´・ω・`)セイバーさん発狂して、龍之介みたいに人体芸術アートを、殺し合いでやっているし、すっかり狂人ね!

  各陣営の戦況

オリ主
同盟 
セイバー    この作品の主人公。セイバーに憑依して、衛宮キリツグと対等な関係を築き、外道行為やりまくり。
100体のホムンクルスを運用してるから、セイバーが囮に使ったり、ホムンクルスごと敵サーヴァントを殺害したりして、超外道行為連発して勝利してる。 
最大の問題点は、精神が常人だから、キャスター達の人体アートがグロすぎて精神が限界
●自分のせいで、ホムンクルスを死なせてしまったから自己嫌悪。でも、勝利のためだから仕方ないよね★
●キャスターを自分の勝利のために放置。大勢の子供達を使ったアートを見て、自己嫌悪。えれーえれー
●もう精神ボロボロ。自分を唯の小娘だと理解しているし、男に犯されたくて仕方がない事に気付く。
●あまりにも精神がボロボロすぎて、ライダーが勝手に味方になってくれた。
@番目に脱落 

ランサー

ケイネス  ●最初の倉庫街で、エクスカリバー食らって死亡
A番目に脱落  バーサーカー  雁夜  ●最初の倉庫街でエクスカリバー食らって死亡
●マスターの間桐雁夜は暗殺して、火炎放射器で焼いた。 
同盟 ライダー  ウェイバー  ウェイバーが令呪を使ったおかげで、倉庫街から脱出する事に成功して生存。
その後、セイバーがあまりにも哀れすぎるから、ライダーが同情して仲間になってくれた。
●でも何処に住んでいるのか、セイバーにばれているから、凄く危ない。セイバーは老夫妻を人質でとる気でいる
宿敵  アーチャー  遠坂時臣

遠坂凛 
●既に雁夜叔父さんが死亡しているから、遠坂凛を助けてくれる人が誰もいない。このまま凛が龍之介の人肉アートにされちゃう。セイバーはアーチャー陣営の目を、キャスターに向けるために利用する気満々

●アーチャーは倉庫街で連続エクスカリバーをやられたから、セイバーに対して激怒している。
セイバーを殺す気で挑んだけど、セイバーはライダーと手を組み、連続エクスカリバーをしてくるから撃退された。
●遠坂葵はセイバー達に人質に取られて、時臣が見捨てたから銃殺された。
●ギルガメッシュが遠坂時臣より、凛を気にいったから、時臣に自害を命じたから、時臣は自殺する。

●凛が父親を死なせた憎いギルガメッシュのマスターになる。
C番目に脱落  キャスター    ●セイバーの目の前で、少年少女を残虐に殺して遊んだから、セイバーの精神をボコボコにした。 
●セイバーに利用されている。キャスターがセイバーの事をジャンヌダルクだと思い込んでいるから、その愛を利用して仲間にし、キャスターをアーチャーにぶつけた。
●大好きなセイバーたんに命令されて、アーチャーを殺しにいったけど、描写や説明すらなく退場?
B番目に脱落 アサシン    ●遠坂凛がキャスターに誘拐されたから、遠坂凛を始めとする少年達を救出して大活躍。 
●セイバーが遠坂時臣の所に殴りこんできたから、アサシンはその防衛のために投入されて皆殺しにされる。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
セイバーになって、奮闘記   【五章 遠坂家の魔術刻印消滅 】  (TS)  作者;アインシェル 10-11話 (2014/06/08

 第十話「犬のように傅かせてあげる」 -アサシンを楽しんで皆殺しにしたセイバーは、遠坂時臣も楽しんで殺そうと思った。
既にセイバーの精神は発狂している。(キャスターの精神汚染スキルのせい的な意味で

更に厄介な事に、衛宮キリツグそっくりのホムンクルスが、遠坂葵、遠坂凛を人質にとり、令呪でアーチャーを自害させないと殺すと遠坂時臣を脅迫してきた。
だから、時臣は、人質を全部見捨てて、アーチャーを場に強制転送する!聖杯をゲットして根源に向かう方が優先なんだよ!
その結果!アーチャーは凛の事を気にいり、時臣に自害するように命じてきた。
凛とアーチャー【ギルガメッシュ】は公式設定でも相性が良い。
時臣は遠坂の家が聖杯をゲットをするならいいやって思い、自殺して後をギルガメッシュに託した。 
 -
狂人なんかじゃないよー? だって、俺は王様だもん。民は等しく王の玩具なんだから、君だって、俺を愉しませる為に体を張らなきゃ駄目なんだよー?」

 腰に手を当てて叱り付ける。教育はしっかりしないといけないよね。

「……話にならんな」
「えー、もっと、お話しようよー。殺す前に君でどうやって遊ぶか悩んでるんだー。ちょっとずつ、君の指とか腕をスライスして、君自身に食べてもらうってのはどうかな? あとあとー、駅前の広場で犬と公開セックスとかどう? いやいや、両腕両脚を捥いで、冬木市のオブジェにするっていうのも捨て難いかなー」

 夢いっぱいの空想に笑みが零れる。
 お腹を抱えて笑っていると、一台の自動車が遠坂邸の門の内側へと入り込んで来た。

(´・ω・`)セイバーさん、すっかりキャスターの嫁になっても不思議じゃない感じに発狂しちゃって・・・精神汚染スキルの影響を受け過ぎだよ!

第十一話「……会いたい」--アーチャー【ギルガメッシュ】を倒せなかった。
彼はありとあらゆる宝具を保有する王様。
本気になられると、彼に勝てる英霊なんて存在しない。 
セイバーが究極の宝具の一つアヴァロンを持っていても、ギルガメッシュだって究極の宝具を幾つも保有しているのだ。

セイバーは場から逃げ出し、ライバーと合流して、アイリの所へと戻ろうとしている。
現時点でサーヴァントが4体くらい脱落してそうなだけに、アイリは人間としての機能を保てそうにない。
  -
「にゃ、にゃにをする!?」
「馬鹿もん!! 殺しに来たのなら、さっき既に殺しておるわ!!」
「俺のビートチェイサー壊したじゃん……」
「……いや、それは……うむ、すまんかった。だが、余も坊主も貴様に危害を加えるつもりは無い」
「……じゃあ、何をしに来たの?」

 俺が問うと、予想外の方向から答えが返って来た。

「そこから先は僕が説明するよ、セイバー」
(´・ω・`)セイバーちゃんが正気に戻った!??でも、アイリの所で更なる絶望が待っているから、心はたぶん限界よ!


 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ ブログパーツ