ゆっくり戻るよ!


クロノトリガー@_B   星は夢を見る必要はない【三章 破滅の未来】
                         r┤
                         l__|_
                        〔   |
                        〕   |
          ,. -─‐‐ 、__        〔__j
        // /o ̄((メヽ、   (ニ)├┤
       rく )o`'´--、 、___j   )「l ̄レ' ̄ ̄/⌒ヽ
     r{ー|}L__。_r'__ヽo__,. -'´ミ」___  〃⌒l !
     |--/〒ニニ=='ニ--|┤  / /⌒ヽ ||   l !
   /// |=|||_゚ ゚ _ r─-<ヽ/ 〃。゚    ヾ|  _j /
  〈___j-、 l|=||| 三三  `ヽ ヽ ヽ ||_, --,--ヘ三シ
   j‐| | |ヽヾ、三彡  ,--| ト、 ヽト---イ⌒!
  〈_L.ノ /  o》o ̄   { (__j |   ト---〈ノ
  (」ヽ_/ ∠//ニヽ   ヽ、_.ノ   {ー─‐}
  {_|__。/三//三三ヽ     ___{ニニ〈
  〈_| ハ 三|||三  ,.ィニ「 ̄|「|  |」(, ----}
 r'´|/「l ヽ、|||ニ /|├┤  l「|   「| しi | |/

(´・ω・`)クロノ・トリガーの物語がここから始まるといってもいい破滅の未来世界。

荒れ果てて滅亡しちゃった世界にしないために、時を超えて戦う物語さんが始まったから、主人公達の壮大な旅の動機づけって奴だね。


(´・ω・`)未来で生存してた魔族の証言から、ラヴォスの誕生は中世の魔王が原因だと判断して、倒しに行こうとする有様だよ!

(´・ω・`)あと、ロボが本当に女の子だったらいいのになぁーって思った。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
星は夢を見る必要はない(クロノ・トリガー) 【三章 破滅の未来】 【完結】  Arcadia作者かんたろー SS 9-11話    2011/01/13

 

9話 --ルッカとマールの仲は最悪に近い状態だったが、食糧庫で暴走しているロボット達との戦いで傷を負ったルッカの傷をいやしている内に、二人は関係を修復し、友達になったのである。--
「馬鹿でもいいもん……友達を助けるのが馬鹿なら、私はずうっと馬鹿でいい」

「……あんた、その治癒能力を使うのに、かなり精神力を使うんでしょ? 私なんかの為にさ……あんたの顔、真っ青じゃない」

(´・ω・`)このお話さんで、ルッカとマールが仲直りし、長い旅の戦友になるっていう心温まるお話さんだった。

10話あたり --ラヴォスによって荒廃した未来世界。そこで仲間となったロボの中から、目とか腕が疼く中二病患者が出撃した。
美少女みたいな外見をした男の娘だが、リアル中二病だったのであるっ!
--
「違うよ、僕は人間じゃない。デウス・エクス・マキナに選ばれたアンドロイドだよ、このボロボロになった機械は僕の強すぎる力を抑えるための、枷のようなものさ。……こうでもしないと、僕の力は世界に与える影響が強すぎる……全く、自分の力ながらに恐怖するよ、流石神に選ばれた、いや、選ばれてしまっただけのことはあるね……ふふ、悲しい宿命だよ……」
(´・ω・`)最終話で、このロボが男の娘じゃなくて、本物の成長した美少女なら、クロノは惚れていたという文章があったから、そういうIFがあれば凄まじいほどに悲しい別れになりそう。ロボだけ現代とは繋がっていない世界という事になりますし。繋がっていても永遠の別れですしね。

第十一話 --荒れ果てた未来にいた魔物とクロノ達は戦い、そこで情報を得た。未来をこのような絶望世界にしたラヴォスを誕生させたのは中世の魔王であり、事の原因を絶つためにクロノ達は中世へと向かうっ!--
「ヘケランの口ぶりからすると、中世の魔王がこの星の未来をメチャクチャにしたラヴォスを生んだのね……」
(´・ω・`)ラヴォスを倒すために呼び出す儀式そのものが勘違いされている有様だよ!

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!


カウンター日別表示