カ行にゆっくり戻るよ!  一番トップのページに戻るよ    
グスコーブドリの伝記
ネット小説紹介 【管理人の文章

カウンター日別表示


(´・ω・`)正直、映画は作画のクオリティは凄いけど、面白くない駄作じゃった。


ネット小説紹介

管理人の文章
(☝キャラ別はこちら)

1  2014/12/28 ストーリーがとんでもない駄作だった。

『グスコーブドリの伝記』(グスコーブドリのでんき)は、大正後期を中心に活動した日本の童話作家・宮沢賢治によって書かれた童話。1932年(昭和7年)4月に刊行された雑誌『児童文学』第2号にて発表された。賢治の代表的な童話の一つであり、生前発表された数少ない童話の一つでもある。 


あらすじ[編集]

グスコーブドリ(ブドリ)はイーハトーブの森に暮らす樵(きこり)の息子として生まれた。冷害による飢饉で両親を失い、妹と生き別れ、火山噴火の影響による職場の閉鎖などといった苦難を経験するが、農業に携わったのち、クーボー大博士に出会い学問の道に入る。課程の修了後、彼はペンネン老技師のもとでイーハトーブ火山局の技師となり、噴火被害の軽減や人工降雨を利用した施肥などを実現させる。前後して、無事成長し牧場に嫁いでいた妹との再会も果たすのであった。

ところが、ブドリが27歳のとき、イーハトーブはまたしても深刻な冷害に見舞われる。火山を人工的に爆発させることで大量の炭酸ガスを放出させ、その温室効果によってイーハトーブを暖められないか、ブドリは飢饉を回避する方法を提案する。しかし、クーボー博士の見積もりでは、その実行に際して誰か一人は噴火から逃げることができなかった。犠牲を覚悟したブドリは、彼の才能を高く評価するが故に止めようとするクーボー博士やペンネン老技師を冷静に説得し、最後の一人として火山に残った。ブドリが火山を爆発させると、冷害は食い止められ、イーハトーブは救われたのだった。
  
http://ja.wikipedia.org/wiki/グスコーブドリの伝記

カ行にゆっくり戻るよ!  一番トップのページに戻るよ    

ブログパーツ ブログパーツ