小説家になろう1-500記事欄に移動するお
ゆっくり戻るよ!
ブログ欄(ジャンル別)に移動するよ。 
ジャンル別  書籍化・なろう作品レビューまとめなろうの人気テンプレまとめ盗作家になろうなろうのランキング
小説家になろう 管理人の文章【267】
高見 梁川先生の『異世界転生騒動記』 評判が良い件 

カウンター日別表示
      



前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ジャンル別  書籍化・なろう作品レビューまとめ
高見 梁川先生の『異世界転生騒動記』 評判が良い件 2015
11/7

内容(「BOOK」データベースより)
異世界マウリシア王国に生まれた貴族の少年、バルド・コルネリアス。なんとその身体の中には、バルドとしての自我に加え、守銭奴戦国武将・岡左内と、ケモ耳大好きなオタク高校生・岡雅晴の魂が入り込んでいた!三つの魂はひとつになって、戦闘訓練や領地経営で人並み外れたチート能力を発揮していく。そんなある日、雅晴の持つ現代日本の知識で運営する秘密の農場が、敵の刺客に襲撃されてしまう。果たしてバルドは、このピンチを切り抜けられるのか―!?アルファポリス「第6回ファンタジー小説大賞」大賞受賞作、ついに刊行!





ユリアン
(´・ω・`)提督、評価がすごく良いです。
どうやらテンポが悪くならないように、一気に受けるネタを序盤から使いまくって盛り上がる内容とか、かんとか。




  ヤン (´・ω・`)名作、彼の名はドラキュラ 〜ルーマニア戦記〜 を書いた人か・・・懐かしいね・・・・


ユリアン (´・ω・`)理想郷のオリジナル作品でも、トップクラスの評価されてますしね・・・さすがとしか、言い様がないですよ・・・


ソース

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
なかなか面白く読めました。
投稿者 ひろ 投稿日 2015/2/24
形式: 単行本 Amazonで購入

はじめは面白味を期待しませんでしたが。なかなか読ませます。続編を注文しました。



20 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
ううむww
投稿者 鈴丸 投稿日 2014/2/28
形式: 単行本
大賞作品だけあって、面白く読ませてもらいました。
異世界転生妄想のオタ高生のチート知識による資金稼ぎや、戦国武将の戦闘力など見所満載といったところです。
とはいえ、転生した二人の人格と、基になる領主の息子の人格が、ほとんど統合されているといった設定なので、
あまり転生もの的な面白みはないかもしれません。
単純に異世界チートもの的な楽しみ方をするのが良いんでしょうね。
まあ、次にも期待できそうなので★5つですかね。



3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
王道ジャンプ漫画の手法で書かれたライトノベル
投稿者 lolth 投稿日 2015/5/11
形式: 単行本 Amazonで購入
転生内政チーレムライトノベル、というだけで避けてしまう方もいるかもしれませんが、
内容がおおよそ推測がつく人にこそお奨めしたい作品。

主人公は通常一人が転生するものですが、本作は3人。
そして第一章からいきなり内政チート開始。
つまりインパクトのあるネタを最初のページにもってきて、第1話から最終回的な盛り上がりを持ってくる
まさに王道ジャンプ漫画式な切り出し。

そして、ウケる要素を出し惜しみせずどんどん投下して話が展開していきますが
テンポ良く、かつ読み易くまとまっています。
しかも、1巻より2巻、2巻より3巻の方がちゃんと盛り上がってます。

内政チーレムものが評価が低いのは、
主人公の成長を作者の物差しでダラダラ表現しようとする作品が多いから。
本作は、読み手側が読みたいものを、余暇時間内に読みきれる文字数の中にまとめた作品。
だから、読んで満足するし、ストレスを感じ無いのでしょう。

もっとも、計算づくでまとめた、いわばコンビニの幕の内弁当のような読み味なので、
小説としての味わいというのはありません。もっともそれを期待する人は本作を手にしないでしょうが(笑)

14万部 6巻 2.3万部/巻 異世界転生騒動記




パルメ(´・ω・`)安定してたくさん売れて凄いでござる。


他の人気Web小説☛すぐ打ち切りなだけに。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

10 件のコメント:

  1. (´・ω・`)しゅごいでござる

    返信削除
  2. さすがおすすめネット小説を聞いたらよく出てくる人
    転生物なんてnaisei始まるまでコピペだし特に転生チーレム物を買う人なら詠み飽きてだるいって読者がおもってるのわかってるね

    返信削除
  3. でもこの人の作品自体はどれもワンパターンなんだよなぁ。

    返信削除
  4. 脳筋領主が主人公の話なら読んでる
    あらすじで興味を引かれて読んだという人なら大体が納得するものを書ける人だと思う

    返信削除
  5. Web版の方が読んだことあるけど微妙だった記憶があるなぁ
    書籍版は良い編集でも付いたのかな

    返信削除
  6. この作品以降読まなくなった。 以前はちゃんと調べて書いていて勉強になる部分も多々あったのにこれ以降調べ物がなろうレベルまで落ちてる。
     本人が理解できてないことをズラズラ知識だけ書いてるから技術的にはできないけど、魔法でなんでもできる、過程無しのお馬鹿小説。

    知らない人なら、なんとも思わないが、以前から読んでた読者としてはかなりショックだった。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)そんなー

      (´・ω・`)こ、更新速度早くないと、なろうじゃ、うもれちゃうしっ・・・!

      削除
    2. 今はなろうにウジャウジャ居る作者の一人って感じで、独特の魅力はないよなぁ
      ある程度の文章力や話の構成が出来るだけマシだが
      昔みたいにオススメに挙げたいような物ではない。

      削除
  7. ストーリー上のピンチを演出するために主人公の言うことを無視して足を引っ張るバカメイドが出てきた時点でそれ以上読めなくなった。

    Wikipediaのコピペみたいな知識ひけらかし感想にも真摯に対応してルーマニア戦記完結させた良い作者なんだけどな。
    アレキサンダー大王時代の話はまだ続きを待っている。

    返信削除
  8. これの最新刊、どの辺だろ?
    WEB版で目茶苦茶評判悪かった母親の過去編?

    返信削除
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ