ゆっくり戻るよ!

魔法先生ネギま 【24】
エヴァンジェリンに憑依した人の日記@
               _,.  --  .
             , ' ´    ‐ 、丶
.         /       、 、丶 ヽ丶
        / ,' / i i 、 ヽ\ ヽ 、. ,
         i i i i li. ト ヽ ヾ、ヽ,ヽ i 、
         | !. | | ト! i ヽ丶__rメ ‐i 、 ヽ
         | i. ト ヽムャ ヽ ィィテiア! ト iヽ
        | | { レ1>ュテ   ` ¨´ム.||i ヽヽ
         il |! ヒi ヾ ー ´  __,.ィ' ,イ川 '´ ` =‐ ニヽ, ' ¬、_,.._.     ,'⌒',. /⌒ヽ.
          i| |i ト、 ` ‐ 、 `   イう゛    r'><、>i  ヾ  ヽ. _{__  ! ,'    }
.         l.| || | フ  冫元 ´レ  ,  , イ   ´丶て  }  / ¬ _){ }   .ノ
        l | |l ll /  ./'¨/i ト!  | r 1 'ヘ     \-イ  ノ-=ti´  `   i'
         | | || .|/   ,' `´ ,'/   ヽi ヾ「´      ヾ コ'__丿     |
.       | | |l./    /  , -l/    /ュく´         i  ー" }         !
.        | | |/   ∧ / ウ     ー ヽ         、 =-- ′      l
.         | | ./     ,'ァ/く´ i      ' イ >、       {            ノ、
        l | .{   ,/〈.人_∨       厂   丶       i            ∧. }
.       l | ゝ--、,._    7'|       {      丶     ',           ,' ,ヘノ
.        | | |.     `ーァ、' !        |i     , -、 \  ',         i`
      | | |      /  ! ヽ         !   , イ  _丶‐、、  !        ,
       | | |   ∠_,∧        { ,ィ´ l / レ'  iヾ、 !        } _ , ..
.      l | |       ./  丶、     冫ム/ヾ   つ´K-z'、       l
.       | | |   __, ..二ニ´-─ ¬' ´ ヽフ !         ト┬' ヽ        ノ
.      ⌒  ̄                く.._i       ├'   丶 _, '
                          |         !
                              l         |
                           l       |
(´・ω・`)コメディチックなエヴァンジェリン憑依物だよ。セクハラは許さず、神を信仰し、遊び感覚で哀れな少女を裕福な人に押し付けて去っていくから癒されるよ。

(´・ω・`)エヴァンジェリンは不幸がとても似合う良いお話さんだった。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
エヴァンジェリンに憑依した人の日記【完結】  ハーメルン (作:作者さん  S  1-11話   2013年03月30日

 

本に行くまでの日記  --エヴァンジェリンに憑依した人間さんは神様を信仰していた。トラックで事故死して、不老不死を願ったらエヴァンジェリンに憑依させられたので、信仰心はたっぷりあるのだ。
アリアドネーで引き篭もって勉強生活やっているので、原作みたいに情報が漏れておらず、顔もあまり知られてなくて楽勝なのであるっ
! --
 そもそも神の信徒ならそれ相応の行動をしろと言いたい。私吸血鬼だが、神への祈りもしている。なんか十字架に体勢が付いてきたような気がする。神父? あれ異教徒じゃないですかやだー。
 暴力を振るっていいのは化け物へだけってじっちゃんが言ってた。
 化け物と私を恐れる声が聞こえた。欲望のまま贅の限りを尽くし、人を喰らう人間と私、どちらが化け物だ』
・ω・`)とても癒されるエヴァンジェリン憑依物なのですぜ。哀れな少女を裕福なボンボンにプレゼントして、ハッピーエンドって奴ですのぜ。


 日本での日記 --エヴァンジェリンは日本へとやってきていた。そこには魔を退治する組織があったので、エヴァンジェリンは交戦し、結果的に日本へ入り放題のフリーパス権をゲットする。!
故郷を観光し放題になったのだ!--

魔法世界での日常の日記 --腰を据えて研究するのに独立国家アリアドネーが一番だったので、エヴァンジェリンは一つの国に引き篭もった。平穏な日常だったのだが、殺されるまで永遠を生きる少女なので、何時か別れがやってくる。
従者ササムが出来て、数十年の付き合いの友がいても、何時か崩壊するのだ。---

 時が止まった少女にとってそれは、永遠に続けばいいと願う事だった。
 速く時の進む男にとってそれは、必ず終わりゆくものだった。

 だから必ず、少女は思わずにはいられないことだった。己の望みが何であったのか
・ω・`)これは未来にやってくる確実な悲劇フラグさん。不老不死になりたい人間さんが多いと思うだけに、吸血鬼国家が誕生しないのが不思議なのぜ。


魔法世界の非日常の日記 --エヴァは、自身の潔白を証明するために裁判所へと向かった。だが、それは罠であり、魔力を放出できないように契約させられた上で、拉致されてしまった! --
 自分のものにしたい、という欲求と、神鳴流剣士である強大な魔を斬り伏せたいという感情が爆発し、あるとき本気でエヴァンジェリンを殺そうとした。殺してしまえば、彼女は自分だけのものであると納得できると、本気でそう思っていた。結果は無残なもので、結局致命傷の一つさえも与えられずに終わった。
・ω・`)ふぅ、とってもラブラブなお二人でしたのぜ。

理由 --エヴァはこのままでは魂を削除されて、身体を奪われるという所まで行っていた。従者ササムは無実のエヴァを助けるべく、殴りこみにいく! --
・ω・`)エヴァの救出ついでに、ササムも吸血鬼になっちゃえ(キリッ

思惑--エヴァンジェリンを守るために戦い、ササムと黒幕が相打ちになってしまった。数十年連れ添った愛しい男が死体になってしまったのである。 ---
「――――――え?」
呆気にとられたような声が静粛の中に響き渡る。
 大量の死体に囲まれ、憎いと思った存在は既に灰になり、愛しいとさえ思った者の亡骸を抱え、エヴァンジェリンはただ、そう呟いた。
・ω・`)エヴァには悲劇がとても似合うね。斬魔剣、弐の太刀が出来るチャチャゼロとか誕生しそうだと思った。


壊eEåŒォXæ–2アf記 --エヴァが従者ササムを失った事でヤンデレになった!魂を結晶化させて人形に入れようとするほどにヤンデレになっていた! --
「なにを言っているのだ、セラン。ササムならここにいるだろう?」
「? 何を言っているのだセラン? だって、そうしなければ私はササムと共に居られないだろう。どうしてそんなこと言うのだ?」

・ω・`)おお、ヤンデレっぽくて可愛らしい。死んでも逃れる事ができない鎖みたいなものを感じるね。ヤンデレヤンデレ。

魔法世界での日記 --エヴァンジェリンはアリアドネーから出る事にした、従者ササムの魂を人形に縛り付けるとうい暴挙をやってしまったので、知り合いが死んだら同じ事をしそうだったからである。
今まで築き上げた全てを捨てて旅に出る。
-

 
改訂前

魔法世界での非日常の日記 --別の大陸で都市丸ごと死都になってしまった事件で、全ての罪が無実のエヴァンジェリンに課された。捕縛されて逮捕されて、一方的に裁判で裁かれそうになっている!--
・ω・`)不老不死なロリ娘を処刑するより、処刑した事にして研究材料にした方が利益がでるのですぜって、そんな感じに流れを読んでみた。

終わる前の日記 --全てはエヴァンジェリンを嵌めて、その真祖の身体を奪うためだけの罠だった。一つの国を丸ごと終了させて、理不尽に裁判を行ったのである。
エヴァの従者のササムは日本刀を持ち出して、首謀者をぶっ殺しに行く。--

「俺は、人だ。人として死ねる。だがご主人はどうだ。肉体を奪われ魂を消される。それが、人の死に方か」

「……人? 彼女は……」
・ω・`)原作通りのエヴァになりそうな勢いな有様だよ。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 


ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ


カウンター日別表示