ゆっくり戻るよ!


魔法少女リリカルなのは クロス物【10】-【3】 【一章無印 後篇 その1】
仮面と変態と常識人とB (TS) (ペルソナ3)

  || |                       || |             | | |
_||.._|_______________||.._|_________.| | |
___________________________|| |\
  || |┌┬┬┬┬┬┐|⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒|┌┬┬┬┬┬┐|| | .....| | |\\
  || |├┼┼┼┼┼┤| ゚ o   . .  . |├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |  \\
  || |├┼┼┼┼┼┤| 。    ゜ ゚ o|├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |    \\
  || |├┼┼┼┼┼┤| 。  ゜   ゚ 。 |├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |      \\ .....| | |
  || |├┼┼┼┼┼┤|  .      。|├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |..     |.\\,,| | |
  || |├┼┼/:: ̄: ̄: ̄: ̄::ヽ  。 o |├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |..     |  \.| | |
  || |├┼/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ゜|├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |..     |    .| | |
  || |├ :r::::::::/::::::/::::::i:::::::',:::::::::::',  ゜ |├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |::::     |    .| | |
  || |├ :i:::::/::::::::‐!-! ハ - i:::::i::::::|.゚ o|├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |::艸::   |    .| | |
  || |├ |:::::::L,ハァ!-!、」 Lォ;!、レハ」'.゚ 。 .|├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |:::: 艸::  |    .| | |
  || |├:!:::::::|:::::::i !'ト_j   トj'!〈:::|. o 。|├┼┼┼┼┼┤|| | .....| | |:::: 艸 ::0|    .| | |
  || |└l:::::::!:::.ハ,""  __   "ン ::i.________|└┴┴┴┴┴┘|| | .....| | | :: :: ::  |0   .| | |
  || | !''|::::::::::Vヽ|`'i'r--r=i'| ::l ::|.ニ三二|..!'''''''''''''''''''''''''''''''! || | .....| | |::: :艸::  |   ::::: | | |
 ̄ ̄ ̄ !:::::::::./´`ヽ!.>ムイヽ! /::::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'、!_|\ ::艸:: | ::艸: | | |
     Y:: ', .!  ヽ! 〈ハ〉><{ :|         )) ,;--‐‐。‐--、      \\ :: :: | :艸: :| | |   ヾ@ノ
      |:::::::ヽiヽ.  ヽ、r ̄ ̄ ̄i       (( ,'ー‐---‐‐‐',.      \\, .! ::   : | | | (ヾ/,ノ)
      ', ::: ::: !、`ヽ、{_ノ、___ノ      |/  C,'        ',O ((     \' !、   : | | |  ミ)Y´ノ
      ヽ、 /ヽ7>ー§‐Y、ヽ、     【】  ,'          ',  ))        \\  | | |  i ̄ l
      _//::::/::::>', ̄`i⌒ヽ:ヽ、   _______.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|._           \\| | |  | .::|
      く::/:::::::/iイ^.ハ、_,.人,_,.ノ! ::::'ヽ、 \  '.,         ,.' |\            \| | |\└‐┘
         ̄ ̄ ̄ ̄ .____ ̄ ̄    \ ゝ、 ...,,,___,,,.... イ |  \            '、!__|\\
              \ 0 0 ヽ\        \  从从从   l   \            \\
(´・ω・`)今までの戦いで、世界そのものを滅亡させるペルソナ3のラスボス、ニュクスが敵として出てくる可能性が高くなったから、難易度ルナティック!な【一章無印 後篇 その1】
(´・ω・`)少しづつ、今までの激戦すら難易度イージーだった事が判明するようになるんだ。
時空管理局の部隊と合流して戦わないと、間違いなく長期戦で全滅する(キリッ

 いずれは今の女としての生を生きる上で、受け入れなくてはならないことだとは分っている。
 だけど、今は男の子達とは友達感覚でバカをやっている方が楽しい、そう考える事はいけないことなのかな。

 だけど、私の頭の中じゃ、ぐるぐるとぐるぐると、女性として、男性を生涯の伴侶と向かえるための覚悟を決めて男性に対して恋をするのか、前世の男としての感覚に従ってから誰であろうとも伴侶を考えないようにして生きていくのか、まだ分らない、分らないけど今みたいな状態で考えなくちゃいけないのかな、とか、少し真剣に考え始めてもいた。

(´・ω・`)輝夜がハーレムオリ主を中心とした修羅場に巻き込まれて、女性として真剣に生きて行かないといけないとか、そういうTS物っぽい事に悩むお話さんでもあるよ。
(´・ω・`)15歳になるまでに処女を喪失しないと大変な事になる良作TS物設定(キリッ

カグヤ ワイルドのペルソナ。ペルソナ4で絆を結べば結ぶほど、ペルソナをゲットできて、更に融合する事でチートになるペルソナ。
大抵は世界の危機クラスに存在することが運命づけられている。
マーラ  カグヤから独立して存在するようになったペルソナ。
カグヤが15歳になるまでに脱処女しないと貞操を奪われる。
スズカ  スズカがシャドウを認めたことで、戦える戦力が増えた。
アリサ  相手の弱点とか解析してくれるペルソナをゲットしたことで、皆で戦うと超絶チートになった。
ハーレム転生オリ主  ペルソナ3を知っているから、この状況が世界滅亡に向かっている事を理解して、やばいって事を読者に教えてくれる。 


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
仮面と変態と常識人と (TS) (ペルソナ3) 【一章無印 後篇 その1】    作:あんころもっちー SSS  31-40話 2013年06月18日 

 
第31話 なんだかんだで楽しみだった林間学校! --楽しい楽しい林間学校。ただ、問題があるとするならば、ユーノと和馬はカグヤを取り合うライバルだから仲が悪く、ヒロイン達はカズマ狙いだから、修羅場になりかけていた。--
(´・ω・`)とっても、カグヤが修羅場の中心にいるのですぜ。


第32話 影時間--カグヤは、スズカ達に誰が好きなのかを言われた事で悩んでいた。将来的に伴侶に男性を選ばないといけないと理解しているので、TS転生者らしく悩んでいる。
そんな時・・・・アリサのシャドウが現れて騒動を起こした!
 --
 だけど、私の頭の中じゃ、ぐるぐるとぐるぐると、女性として、男性を生涯の伴侶と向かえるための覚悟を決めて男性に対して恋をするのか、前世の男としての感覚に従ってから誰であろうとも伴侶を考えないようにして生きていくのか、まだ分らない、分らないけど今みたいな状態で考えなくちゃいけないのかな、とか、少し真剣に考え始めてもいた。
(´・ω・`)TS物らしい良い悩みを抱えたお話さんだった。これでアリサのシャドウもヒャッハーして、アリサも戦力化だね。

第33話 プリーステスとエンペラーっていうのはあっけなかったけどね…… --アリサを守るために、オリ主達を先行させたスズカ達は、シャドウをペルソナで撃破して合流すると・・・・オリ主達が敗北していた! --
(´・ω・`)それ以前に、先行させた全員がペルソナ持ってないから、相性的に勝率が低い有様だよ。

  第34話 好きな人と結ばれない現実を嘲笑する影 --アリサは、自身のシャドウに馬鹿にされていた。
一般人のハーレム転生オリ主と結婚する未来なんて、財閥のお嬢様のアリサにはない事がわかっているので絶望していたのだ。
その状態で馬鹿にされたせいで、自身の心をアリサが否定し、アリサシャドウがレベルアップ!
全員を解析して、弱点を的確についてくる鬼畜シャドウだった!
 --
(´・ω・`)おお、アニメにもいたような感じのチートシャドウだ。解析して弱点を的確についてくるんだよね。

  第35話 イゴッたってなに?--アリサシャドウに一方的に蹂躙されて、ペルソナ2での最強攻撃グランドクロスが炸裂した!
カグヤやベルベットルームに強制的に移動させられて、そこでイゴールから、ペルソナ同士の合体が出来る事を教えられる!
ワイルドのペルソナが真価を発揮する時がきた!
失われたペルソナを合体で復活させて、アリサシャドウに勝利する!
--
(´・ω・`)ワイルドの真価を発揮できたから、これからは合体チートモードだね。アリサまで仲間になったら、解析しながら弱点をつけて・・・・こんなチート集団相手に戦えるシャドウって、どんなのだろう。

第36話 これを呼んだのは失敗だったかね? 幾ら召喚する必要があったとは言っても…… --アリサは、シャドウを説教して和解した。
転生オリ主と付き合って結婚するのは困難だが、それを諦めないという意思表示をしつつ、シャドウを殴ったのである。
おかげで、アリサの他者を解析しまくるペルソナが戦力になり、フェイト達相手に圧勝・・・・・したが、カグヤが召喚したペルソナが男性器にしか見えないマーラだったので、出現したクロノの後ろの穴を掘ってしまう!
-」-
【ようやく、ようやく我の時代がキタぞ!まずは目の前にいる少女をイカせて見せるとしようか!イノセントタック!!】


 やけにハイテンションな様子でマーラは叫ぶと、一般的に亀頭と呼ばれる場所を槍の様に見立てて、フェイトと呼ばれた少女へと突きを放つ。
(´・ω・`)時空管理局との最悪の遭遇をしてしまった!

第37話 這い寄る混沌の嘲笑 -プレシアの裏にはナイアさんがいた。既にアリシアの魂がフェイトに転生している事を知った上で、プレシアを裏で嘲笑している。
一方、カグヤの方は15歳までに脱処女しないと、マーラにレイプされる事が確定しているので、貞操を捨てないといけなくなった!
 --
【汝よ!15になっても汝が処女であった場合】

「な、なによ?」

【我が汝の処女を貰い受けるぞぉ!!安心するが良い、我は人のサイズに変形できるのでな!】
(´・ω・`)これは身近な相手で貞操を捨てるしかないなぁ。(ニヤリ

第38話 これからのこととか色々 --夜に、寝ながらアリサと会話する事で仲良くなって絆が出来た。
それにより女教皇のペルソナをゲットしたのである。
マーラの方は、アリサの原典である凌辱エロゲーヒロインさんを助けて、慰めていた。
 --
「こいつなんてどうでも良くなったなぁ…… 今はとにかくお前らを掘りたい!!」

「ああ…… 俺もだぁ☆!!」

「お、お前ら、ど、どどどどどど、如何したんだよ?」
(´・ω・`)凌辱エロゲーヒロインさんが発生しない代わりに、男の凌辱エロゲーヒロインさんが発生しそうだ。

 第39話 男同士の話し合い --ハーレム転生オリ主は危惧していた。ペルソナ3のニュクスがラスボスとして登場してくる可能性である。
人類の破滅願望に影響を受けているニュクスによって、世界滅亡や輝夜が死ぬかもしれないと思った事から・・・・ユーノに全てを打ち明けて相談する事になった。
その結果、ペルソナ3以降しかやってないので、ペルソナが神々の姿を彩っている設定すら知らないので、輝夜の持っている情報も必要だとわかった。
 --
「私に出来る事なら何でもします!だから、昨日のこと、ごめんなさい!!」

「いや、そんな風に謝られても困るんだが…… それに女の子が言ってはいけないだろう、そんなこと」
(´・ω・`)輝夜が土下座しているのは、マーラがクロノに色々とぶっかけた事だと一瞬思った。

第40話 本当、あの当時に戻れるのならば戻りたい -戦艦アースラでカグヤは驚愕の事実を知った。
実の母親が元時空管理局員の幽々子・サイギョウジ三等空佐だったのである。
犯罪組織をギタンギタンのボコボコにし、ヨウムとヨウキっていう東方キャラ名つけたデバイスで活躍していた凶悪な局員さんだったのだ。 
 --
そんなこんなをしていたらクロノさんが入ってきて、私は思わずといった感じに土下座してしまう。
 何しろ彼の後ろの初めてを不可抗力&厳密に言えば私といえる存在が奪ってしまったのだ、心に深い傷が残っている事なんて用意に考え付いていた。

(´・ω・`)男の後ろを奪った女の子だとっ・・・!






 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ ブログパーツ


カウンター日別表示