ゆっくり戻るよ!
魔法少女リリカルなのは【37】-【3】
レアスキル持ちのなのはさん
【一章 無印】 【その3 スカリエッティ陣営がいる時点で無理ゲー】
 【ブログ】 作者:子義

カウンター日別表示

   .|:::::/:::::::::::::::::::lゝム:::::::::::l:::ト、:::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
   .|:::/::::::::::::::::l::/  l::i::::::::|::|ヾ\:::::i:::::::::::ハ:::::i、::ヘ フェイトちゃんは私の娘!
   l:::i::::::::::::―ァメ__、__l:::!i::::::|::| _ 斗∀トl:::::::!:|::ト:lヘ::ハ 
   l:::|::::::::::::≪ ̄_o>ヾトヘ:::N≠o_ ̄≫!::::::l:|::l l:l ハ::!
  . l::::l::l:::::::l/イ       |ヘ{      |:!::::/リ:::} リ リ
  /:::::ヘ|!:::::i!:::!       |i       リ::/;イ:::ハ
 ./:::::::::::::ヘ::ヘト{         '      /://::|:/:::l、 なのは「アニメ1期なのになんでスカリエッティがいるの!?」
./イ::::::::::::::::::\ゝ. r、__ ___,ァ /ィ/:::/':::::::トヽ
{/l::::::::::::::::::::::::::::\          /::::'::::::::::::::i!:! ヾ
 .l:ハ::::::::::::::::::::::::::::iヽ       .,イ:::::::::::::::::::::::| ll
  ' l:::/!:::::::::::::::::::::l \     / !::::::::::::::::::::i::| |'
   .レ' l::::::::::::::::::::::ハ  ` ー ´  .ハ::::::::::::::::i::N
    .l:::::::::::::::::::/  \     / V:::::::::::::i!:! 

(´・ω・`)プレシアとフェイトの関係は、なのはさんのおかげで改善したけど、スカリエッティ陣営がやってきた事で状況が大変なことになっている【一章 無印】 【その3 スカリエッティ陣営がいる時点で無理ゲー】だよ。
(´・ω・`)大変というか、無理ゲー。
無印の時点で、アニメ3期分のキャラが揃いすぎて、カオスな事になってる。

●スカリエッティがフェイトの父親宣言した。プレシア陣営に参戦する。
スカリエッティ(´・ω・`)「プレシアと一緒に共同で作った金髪美少女みたいなもんだから、フェイトは娘みたいなものだよ(キリッ」

●スカリエッティがいるから、無印なのに、アンチマギリングフィールドが展開されて、魔法の効果は激減する。
時空管理局(´・ω・`)辛いお。雑魚の傀儡兵すら強過ぎて、このままじゃ全滅しちゃう。魔法の効果が激減して辛いお
守護騎士(´・ω・`)味方として参戦するお。ハヤテの友達を助けるお!
時空管理局(´・ω・`)やったー!無印なのに守護騎士×4が参戦してくれた!

●でも、スカリエッテイ陣営のナンバーズもいるから無理ゲー
なのは(´・ω・`)もうやだ、未来知識が役に立たない・・・
ナンバーズ(´・ω・`)この化物幼女、今の内に殺しておこうかな。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
レアスキル持ちのなのはさん  【一章 無印】 【その3 スカリエッティ陣営がいる時点で無理ゲー】   ハーメルン 作:子義  SSS  26-35話  
 
戦いの前--なのはさんは、プレシアとフェイトとの幸福の結末を目指すつもりだった。そのため戦艦アースラが事件解決前に来るのは望ましい展開ではない。 --
(´・ω・`)映画のジャイアンは、とてもいい奴。テレビ本編のジャイアンは・・・映画版の要素を欠片も持ってない有様だよ。


敢然と立ち向かう --プレシアに本当の事を全て話した結果、なのははアリアごと強制転移されてしまったが、そのおかげでプレシアのフェイトへの対応が暖かいものになり、なのはという親友を持てたフェイトに優しくしたのである。
小学三年生の母親(なのは)が、プレシアを説教したおかげだ!
--
「私にも娘がいるっ! だから、プレシアさんの気持ちがわかるっ!」
「娘? あぁ、未来の知識ね。今の姿は変身魔法でしょう? ……知識のみでよくもまぁ私の気持ちが分かると言えたわね。
 実際に胎を痛めたわけでもない、娘は生まれてもいない。抱かれてもいない生娘が……今のアナタは耳年魔の最上系、想像妊娠の次の段階に進んでいる状態。痛いわね」
「なっなんだとー!?」

(´・ω・`)とても良い会話だった。確かに今のナノハの状態は記憶があるだけで体験してない上に・・・・その未来知識も適当に解釈している有様だよ!


29話 それぞれの決意 1 --ハヤテは役立たずの自分が悔しかった。ナノハが泣いていても武力的に援護出来ないのである。
しかも、状況は最悪な方向に動き出していた!
なんと!時の庭園にスカリエッティ一味までやってきていて、プレシアがスカリエッティにパパだよと、フェイトに紹介しちゃったのである!
 --
「あの、チンクと友達になる事はかまいません。私も新しい友達は嬉しいです。
 でも、あなたは……?」
「んん? 私かね? 失敬失敬、自己紹介がまだだったね」

 青年は芝居がかった動作で両手を広げて。

「初めまして、フェイト嬢。私がパパだよ!」

 爆弾のような言葉を口走った。
(´・ω・`)スカリエッティなお父さんか。間違いなく、フェイトもモルモットとして犠牲になる(キリッ

30話 到着 -プレシアが正直にフェイトに真実を伝えて、フェイトがそれを受け入れる事が出来たら・・・フェイトはスカリエッティの一味という名前の家族になれる。---
 チンクの言葉に心が動く。
 姉妹? 私とこの子が?
 家族? 家族が増えるの?
 お父さんと、姉妹……お姉ちゃんや、妹が?
 あまりに衝撃的な出来事の連続に頭が沸騰しそうになる。

(´・ω・`)フェイトに姉妹がたくさんっ!出来たよ!やったね!
(´・ω・`)つまり、将来的にフェイトちゃんの中にスカリエッティのクローンが注入されて、うわSFすごい





31話 食い違い -フェイトが明るくなった。スカリエッティのおかげで親しい人達が増えまくり、海にあるジュエルシードを回収して、時空管理局を出し抜いている。

おかげでなのはが困惑している。
--
(´・ω・`)なのはさんがパワーアップした分、難易度があがって良い感じ。

32話   突入ーー フェイト側 の戦力が明らかになった事で、なのは達は会議をする事になった。
その結果、プレシア、フェイト、リニスの3人を確保する事が決まり、なのは大人モードに変身して戦う事になる。

しかし、現場にはアンチマギリングフィールドが展開されていたので、全滅の危機!
スカリエッティがいるから、初見殺しすぎる罠だった!
主戦力の魔法が効果が激減する! 

 
まずは掛け声とともになのはが武装形態……所謂大人モードに変身する。
 その光景を見て目を剥くクロノと武装隊員達。
 これはなのはの奥の手の一つで、まだクロノ達には見せてはいなかった。
 ロッテ相手に大人モードでの訓練も行ったため、この姿で無様をさらす事はもう無いだろう。

「……変身魔法か」
「にゃはは、子供の姿よりはこっちの方が戦いやすいかなって」

(´・ω・`)幼女が変身魔法で大人になる。
この世界にはロマンが詰まっていて素敵だと思うよ。


33話  守護の騎士0満足に魔法が使えない状態だから、雑魚のはずの暫定Aクラス程度と思われる傀儡兵達にも大苦戦。
このままだと、機械との長期戦で、時空管理局側の全滅が確定してしまう。

そんな時に守護騎士4人が味方として参戦★
状況はひっくり返り、活路が出てきた。 
   00
我らが渇望して止まなかった誇りのある戦いだ。主の友を守るための、守護するための戦いだ。
 奪ってばかりだった我らの、本来の戦場だ。
 我らは『守護』の騎士。守るための戦いこそが我らの戦場! 我らの本懐!
 主の『お願い』のため、我らが友を守るため、我ら雲の騎士、ヴォルケンリッターは剣をとる!
 友を傷つけ、主を悲しませる鉄屑共の悉くを粉砕するぞ!」
『応!!』

 覇気が漲っているシグナムの言葉に、ヴィータ、シャマル、ザフィーラが力強く応える。

「出し惜しみは無しだ! 行くぞ!! 初陣には丁度良い肩慣らしだっ!!」
(´・ω・`)時空管理局のターンは、まだ終わってなかったのぜ!

34話  それぞれの決意2--フェイトは、アリシアを蘇生させるために行動していた。
なのはを各個撃破するために、転移魔法で拉致。

1人じゃ勝てないから、フェイトの家族の皆で、なのはをボコボコにしようとしている。
でも、ナノハさんは逆行なのはさんだから超強い。
弱い者順から逆に各個撃破して、OHANASIが始まった。
 気 分 は 教  導 ★ 
-
「ストライクスターズッ!!!」

 無慈悲の一撃がお見舞いされる。

「アルフっ!?」
「オーバーキルもいいところですよ!? 本当に悪魔ですか!!」

 完全に意識を失ったアルフは、なのはに抱えられて優しく地面に寝かされた。
 ぐったりとしているアルフは当然死んではいない。ぐるぐると目を回している彼女は、しばらくの間目を覚ますことは無いだろう。

「弱いものから狙うのが戦いの常套手段だよ。さぁ、続きをしようか。二人とも強くて優秀だけど、まだまだ荒が多い。私が教導してあげるから……ね?」

 なのはの笑顔を見て、フェイトとリニスは全身から冷や汗が噴き出た。
(´・ω・`)少しOHANASIしようか・・・
うわようじょこわい


 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ


カウンター日別表示/p>