戻る(・ω・`)
カウンター日別表示


ログ・ホライズン【0】-【26】 【第20話 姫君のモニカ】 【短編】 
ヤマトの国の大地人【26】

    ,ーー彡ーー-、 
    〆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
  < _:::::::::  ::::::::::,^ 、::::::::::::/ 吸血鬼
    ゝ::::::/\::::::/  \_;/   
     ∠:::|__ ∨__    |   
      l__l-l___l   .| 貴族の大地人とか許せない。
       |  |       |  ゆっくりせずに死んでね!すぐでいいよ!
       |  /       |  お姉さまを殺した冒険者も許せない!
        l 丶、     / 
        ヽ  v--v、  /
         \` ̄´ ノ
       __|   |____    
       |   ゝ_ノ      ` 、
       |.v         ヽ   l
       | |┏┓ ┏┓  ━|   |
       | |┃┃ ┃┃ ┏ |   |
       | |┗┛   ┃ ┗ |   |  

(`・ω・´)吸血鬼に襲われた 大地人の姫君が、小学生な冒険者達に救ってもらい、Lv60以上までレベリングして貰う【第20話 姫君のモニカ】 【短編】 だよ。
その結果、大切な人達を傷つけた吸血鬼を倒し、冒険者と仲良くなるんだ。うん。

「おい!あれか!ヒゴの街って!」
 馬の上で、見えてきた街にコウスケがはしゃいだ声を上げる。
 「あれかあ…ラーメン屋のおじさん、まだいるかな?」
 何ヶ月か振りに訪れる街に、アユカの声も華やぐ。
 「…あの、本当に良かったの?ヘイタくん」
 ようやく見えた故郷にホッとしながら、モニカは自分と共に乗る少年に尋ねる。
 「うん。もういいんだ」
 全てが終わり、モニカをヒゴへと送るとなったとき、3人は、言った。
 もし良ければ、自分達をヒゴに住まわせて欲しい、と。
 「それとも、モニカは嫌…かな?」
 「ううん。嫌じゃないよ!私もヘイタくんと一緒の方が…」
 困ったように聞くヘイタに、耳まで真っ赤にしながら、モニカは困る。
 嬉しい。ヘイタと離れずにいられる。
 だからこそ、何度も確認したくなるのだ。
 「おっ?なんだよヘータ顔赤いぞ!」
 そんなやり取りをしていると、コウスケが茶化す。
 「ば、バカ!ちげーよ!そんなんじゃない!」
 「え〜、なになに?兵太君ってば、そういうお年頃?」
 いつもは乗ってこないアユカまで乗ってくる。
 どうやら久しぶりの街に、テンションがあがっているらしい。
 「だ〜か〜ら〜」
 焦って言い訳しようとするヘイタに、モニカはくすりと笑う。


(`・ω・´)冒険者が大地人の姫君を救い、良い仲になってリア充って奴だったよ。
吸血鬼が背負う過去も暗い感じだったし、王道で良い話やってた。
(`・ω・´)間違いなく将来的に結婚しているわ。

←前のページ  次のページ→ 
ヤマトの国の大地人 【第20話 姫君のモニカ】 【短編】  作者:凡人A  SSS 【短編】    2012年 02月 03日

ゆっくり風の簡易ストーリー解説 2014/1/20

テーマは『小学生と特訓と森呪遣い』
小学生な冒険者が大地人の姫君を救い、リア充になる。

大地人のモニカ「ゆぎゃあああああああああああああああああ!!!
エルフの吸血鬼ざんに襲われて悲惨な事になったああああ!!!
神様だずげでえええええええええええええええ!!!!」

子供な冒険者達「「「ゆゆっ?
なんか光を出してる大地人の少女がいるよ!」」」


大地人のモニカ「ゆわああああああ!!!不死身の冒険者だよおおお!!!!」

子供な冒険者達「「「姫君を護衛するよ!
格好良くてごめんねぇ!
・・・・・ゆっ?街道に吸血鬼がいる?
それは『街道の貴婦人』って言う吸血鬼かもしれないね!
パーティーランクのLv60だから、大地人じゃ無理ゲーだと理解したよ!
でも、モニカを守りながら吸血鬼駆除するのは無理ゲーだよ!
これはもうモニカのレベル上げをやりまくるしかないねぇー!
一カ月で吸血鬼と戦えるレベルにしてあげるよぉー!」」」


大地人のモニカ「ゆわああああああ!!!!どんどん強くなっていくよおおおお!!!!
近接戦闘も出来るようになったし、回復職でも頑張る事ができるよ!」

メイド「ごべんなさいいいいいいいいいいい!!!!
モニカの事を妹のように思っているけど、吸血鬼になってじまったから抑えれないいいいい!!!!
自殺ずるじがないいいいいいいいいいいい!!!!」

大地人のモニカ「ゆっくりせずに回復魔法でメイドさんを助け・・・どぼじで回復魔法でダメージを負っているのおおお!?!!!
ごんなのひどいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

吸血鬼「あひゃっひゃっひゃっ!
エルフの姫様が苦しんでいるよ!
ねぇ?どんな気持ち!大好きなメイドさんを自分の手で殺してどんな気持ちなのおおおおっ!?!!!
冒険者に魂を売るようなアバズレは死んでね!すぐでいいよ!」


大地人のモニカ「許せないよ!
げすの吸血鬼のせいで大好きなメイドさんが死亡したよ!
ゆおおおおおおお!!!!回復魔法!」」

吸血鬼「いだいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!
回復魔法辛いいいいいいいいいいいいいい!!!!!
冒険者まで来たから余計に辛いいいいい!!!!!
LV90の回復魔法とかし、死ぬうううううううううううううううう!!!!!!
ゆんやっー!」


大地人のモニカ「冒険者の男性と恋仲になったよ!」


子供な冒険者達「し、しあわせええええええええええええ!!!!」

ここにまた・・・・将来的に冒険者と結婚しそうな姫君が誕生した!

←前のページ  次のページ→ 
ブログパーツ ブログパーツ

戻る(・ω・`)