ゆっくり戻るよ!


インフィニット・ストラトス【9】-【5】 【五章 間話 女主人公さん入院】
IS-サクラサクラ-D (TS)

        
              ___         {´ ̄`ヽ、
                  {  _\           マ_ 。 }_,||
                  \}   \       マ__  ||
                  \  ヽ  ____ ///\!!
                  }>. :´: : : : : : : : :>、/
                     /: ,: |!: : :|: :\:\: : : 、`ヽ
                 , ': : :/: :||::、:.|、__:_:、\: :.∨:ム
                   /:/: :.':ィ-|{从:| \{\`\: 、:|: : : .
               /イ: |: :|:|从{ \{イ苡オヽ}: /\、: : ;: .  ←女主人公さんの不幸を作ってる人
               /: :|: :|:{泌ソ   :.:.:.: /:イ: : : |:\: : .  ← この人のせいで病院送り
              , : : |: 从 :.:.: ' __     /: : :./: /: : : .
                |: :./|/:.从  V:.:.:.}   ´√´:.:/: | : : :.
                l/  |:|:ム   ー'    イ: : : /: : ! : : : .
                  /:,|: |: :`: . __,... ´ |: : :,:,ィ⌒ヽ、: : : .
                    /: |: |: : r=r-|  |^|: :./|| 〉    \: :.
                     {/ /-j: :/!| Lノ  {l |: :{ jj|_〉  \_、\
                / //: {l」/ _ィ―/ |: :|_/イ        `ヽ
             _,.  ´  {/イ/r-ゞ-`¨ー'⌒ヽ l|          }
              「    /,{>- ´ ,.と二_〈_l ー'´ ̄∨  __    '
             |  ,.イ-┴- 、://Toノ| ∨ ∧  ∨//// \,∧
             W/ /       '    ||   \、_/⌒}_/ |///: : :.
          // { {     ,   ......:||::...... 乂{    \   |/: : ,: :.
            / 、 、.:::、:::::::::......{...:::::::::::::}}:::::::::::::::∧     ` !: :,: :,: :.:.
         〈   ヽ\::\:::......   、:::::::::||::::::,..::'::::::::.     j: : :,: :,: : :.
         、     ∨`¨T7´   ` ー}}-::::::::::::::::/:\   /: : :.|: :|ヽ: :.
             \ /⌒Yl〈         ||     {: : :.|`¨´: : :.:.:|: :|  ,: :.
            ∨   人 ヽr==777{7}}//≧ 、  }: /-////>、:.:|  }: :|

(´・ω・`)女主人公が定期的に事故にあいまくっている不幸少女な【五章 間話 女主人公さん入院】だよ。
箒にお祓いしてもらった後に、殺される寸前の大事件が起きて、また死にそうになっているし、不幸な有様だった。
(´・ω・`)この作品さんは本当に第二次世界大戦の時の日本兵の幽霊だらけです。はい。

「うちは桜ばっかり損なことになっとるなあ。安芸も奈津子もこれといって不運に見舞われることがないのに、何でお前ばっかり事故に遭うんや」
「そんなん私が聞きたいわ」

 作郎の頃から疑問だった。征爾はともかく、ひとつ年上の作八郎に運を吸い取られているのではないか。そう考えた時期もあった。もちろん思い悩んでも状況が改善されなかった。

(´・ω・`)束博士が敵な以上、どうやっても定期的に葬式行きになるイベントさんが勝手に生えてくる(キリッ

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

IS-サクラサクラ-  (TS)  【五章 間話 女主人公さん入院】     作:王子の犬 SS  2話  2013年09月17日 

     間話 紅椿 --篠ノ之束博士がSNNの最高経営責任者だった。
株主優待で、妹に紅椿(あかつばき)をプレゼントするためにやってきたのだが・・・・箒がそれを拒否する。
しかし、一夏の役に立つという事を教えられたら、すぐに了承しちゃった!
この紅椿にはレベル制が導入されており、どんどん経験を積んで超高性能になる化物機体になっている!
ただしっ!レベル1の状態じゃ学園最弱のゴミ機体っー!打鉄の6割程度の性能だ! 
 -
「じゃーん。紅椿だけ特別にレベル制を導入してみました!」

 開いた口がふさがらなかった。クロエは眉ひとつ動かしていない。千冬と真耶、箒は悪質な冗談だと思った。クロエと藤原に目を行き来させて、そう口にしてくれるのを待つ。だが、いつまで経っても期待するような答えが返ってこなかった。

「紅椿は超高性能機! 第四世代! でも、今の箒ちゃんじゃ実力が伴わない! チュートリアルをこなし、ISソフトウェアやISをレベルアップさせることで秘密機能やリミッターが解除されていくんだよ! すごいよねっ! 絢爛舞踏(けんらんぶとう)とか雨月(あまづき)、空裂(からわれ)、穿千(うがち)とか! あっ。絢爛舞踏は最初から使えるよ! 試してみてね!」
(´・ω・`)ゲーム感覚で練習に励んで強くなれそうな機体だ。強くなった事を数字で分かりやすく表現する姉の配慮って奴だねぇ。

見舞い--サクラが入院したから家族がやってきた。
サクラばっかり事故に会いまくる経緯があり、それを不憫に思われている。
幸い箒にお祓いをしてもらったのだが・・・・今回の事件って、お祓いをしてもらった後に起きたのでやばい。
-
「うちは桜ばっかり損なことになっとるなあ。安芸も奈津子もこれといって不運に見舞われることがないのに、何でお前ばっかり事故に遭うんや」
「そんなん私が聞きたいわ」

 作郎の頃から疑問だった。征爾はともかく、ひとつ年上の作八郎に運を吸い取られているのではないか。そう考えた時期もあった。もちろん思い悩んでも状況が改善されなかった。

「父ちゃん。前に本物の巫子さんにお祓(はら)いしてもらう機会があってな。どうやら荘二郎さんが憑(つ)いとったみたいや。うちの親戚に戦車兵って言ったらあの人しかおらんから」
(´・ω・`)お祓いをして守ってくれる幽霊さん達がいなくなって、人生が危ないんだと理解した。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 


ブログパーツ ブログパーツ

ゆっくり戻るよ!


カウンター日別表示