ゆっくり戻るよ!
インフィニット・ストラトス【9】-【4】 【四章 GOLEM】
IS-サクラサクラ-C (TS)

ブログ】【王子の犬

カウンター日別表示



        
                 ,..--zzz--、
               /_}___/ , イ
                  {----_,.イ//|.___    / ̄\
                 ` ̄ ,. .<: : : ,: : : : :>、/∧^{_∧
              , . : ´: : : : : : :/: ': : : : : : : :ヽ,l\ ∧
             /,: : : : : : /: : :,{|: |: : : : : : : : : ム \_〉
        __ {^Y /´:/: /: : : /: ://|: : : : ;: ,: : : : : : ::.
      r-、_〉'T ,ィ__,/: /: :/:/{-/-- '|: : :、/: |!: :|: : :|: :|
     r 、{ }  l/ }:/: イ:/: : |ィてミ、 {: : /\|!: :|,: : |: :|
     、、_〉¨ /:   八: :.}'|: :|:.|弋zソ  \{ ,.=ミー:!|: :.|: :|
      ヽ   '  /:,--、:.:|:.:W :.:.:.:.  ,   必刈}:':.\|: ム
    r-- }__,イ´  /{:\|    ,-......_ :.:.:`¨ /:/: : /|:.∧
    | /     /  〈/.,: : : :〉、 {:.:.:.:.:.:.}    /イ: : :/: ! ,: :',
    ∨\___///〈/ /: : :/- \ ` - '  イ ム:イ: : :, \:,__
    /    / }/〈イ {: :/ /^}ヽ` ー‐=≦=|: : : / ̄`ヽイア〈_, }
   ,{    ' _,./イ-/イ==' /  ` ´ ̄/^| |: :|:/|l〉/ / {-' /^Y
   /乂__/: : 、 /: :/   /      | l| ,: :{ |l〉 {  :. {_,.ノヽ
  ': : : : : |: : : :∨:/_ | ̄    |:.,   |  \}: :、|l〉 |  ' {_,/〉
  ,: : : : : :.|: : : : {:ノ /\、      /   \  乂:}/フ-|\   _ー '
  | : : : : : |: : : ,从 {/  `\   '     /   |: 〉/-|  \イ、: }
  | : : : : : |: : :.{: 人 ||    \.:__/--rr--j〈イ,  Y、  | [〉:|
  | : : : : 八: ,.ィ  \....____、      // /:/: : . |  ー-':.:|
  |: : : :/ / /    マニ{ ̄\_\   // イ: {: : : : .{     l:.|
  | : : '/  ,'    | \|ニ|ニニ|ニ|≧=--< |: 从、: :八   ノ/

(´・ω・`)原作なら、無人機が1機しか襲撃して来ないのに、無人機が3機も襲撃してきて命が危なすぎる【四章 GOLEM】だよ。
女主人公でスパイ疑惑があるから、一夏の命の方が優先され、囮とかやらされて人生が危ういんだ。
あと僅かでも時間が遅れていたら、シールドエネルギーゼロで死亡しているギリギリの戦いやってる。

●一夏  + 女主人公
●敵×3  弾道弾あり

この死に損ない。泥棒猫。理想の弟を寝取ったことを許してないんだからねっ」
「はい?」

 思わず耳を疑う。桜は目を丸くして口が半開きになった。

「P.S.今度寝取ったら本当に許さないぞ。人生を強制リセットしてやるから覚悟しろ! ……以上です」
「あの……宛先、間違えていませんか。サクラサクラ違いやないかと」



(´・ω・`)そして、マスコットキャラなISのAIも死亡しちゃったし、女主人公が超涙目。
ついでに束博士も敵に回して人生が詰み掛けてる。


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

IS-サクラサクラ-  (TS)  【四章 GOLEM】    作:王子の犬 SSS  1-13話   2013年09月03日

GOLEM GOLEM(一) 水域・上 -オーストラリア海軍コリンズ級潜水艦は、謎の敵から魚雷攻撃を受けていた。
イーサン・ボイル中佐が華麗にデコイで対処したりして、魚雷を相手に発射している。
両者とも初の実戦らしい初々しい雰囲気で、全く違う目標に魚雷を当てたりして微笑ましかった。 
--    
「敵魚雷、さらに加速! 囮魚雷を追い越しました! クジラのエコーに向かってばく進!」

 モニターに副長の唾が飛ぶ。
 ――クジラだと? まさか、敵も初(・)め(・)て(・)なのか。
 ボイルは片頬をつり上げて目を細める。半分は平静を装い、もう半分は緊張でひきつっている。両肩にのしかかる責任を決して悟られまいと歯を食いしばる。そして心の中で秒数を数え上げながら兵装の準備が整うのを待った。

(´・ω・`)どっちも初陣だと思うと、なぜか微笑ましい水中戦闘に感じられる。

GOLEM(二) 水域・下 -オーストラリア海軍コリンズ級潜水艦は、正体不明の敵からの飽和攻撃を警戒して、距離を取りながら闘う事にした。
囮魚雷を発射し、海溝に潜む事で序盤の不利を覆そうとしている。
だが、相手が特殊部隊の小型潜水艇のようなものだとわかった事で厄介だった。
どんどん状況は不利になり、最終的に潜水艦の被害が多すぎて沈み、窒息死か圧死の運命を辿る事になった。 
--
――何とか死なずに済んだ。
 バッテリーが無事だったことを示しているのか、発令所の蛍光灯は青白く点灯し、空調も利いている。九死に一生を得たことを喜ぶ前に被害報告を聞かなければ。ボイルは自分を叱咤する。
 そしてあたりを見回す。発令所内は、死の恐怖に駆られて泣きそうな顔が見える。ボイルの力強い表情を目にしており、かろうじてパニックには至っていない。

(´・ω・`)初陣で死ぬ(キリッ  初陣なおかげで泣いている人まで出ていてゆっくりできる海中戦闘だった。

GOLEM(三) 試合・白式VS甲龍 -クラス対抗戦第一試合で、一夏は凰鈴音に容易く敗北してしまった。
チャンスを生かせず、そのまま遠距離食らって敗北である。可笑しい事に原作同様の無人機が突撃してこないので・・・明らかにサクラが出場する試合の頃に、無人機が来そうな雰囲気だった!  
--
 そういって、桜は少女が十分に離れたことを確かめてから打鉄零式を実体化した。桜の周囲に無数の黒い糸が出現する。体に巻き付いていき、一瞬のうちに禍々しい姿に変わる。清らかな雰囲気を身にまとっていた少女の面影が消えていた。
 目視の距離感を狂わせる幻惑迷彩。レーダーユニットの赤い輝きが血涙を流すさまを思い起こさせる。さらに浮遊装甲を実体化すると、最初から実弾備を搭載していた。
 蜂の巣の断面を思わせる多目的ロケットランチャーの筒が長くのびて目立った。あまりの存在感に単砲身のチェーンガンや一二.七ミリ重機関銃の存在が影に隠れてしまっている。
 両手には何も装備していない。その代わり研がれた刃物のような指先が鈍い輝きを放った。

(´・ω・`)無人機さんが次に乱入してきて、ますますサクラが勘違いされるようになるんだと理解した(キリッ

GOLEM(四) 試合・打鉄零式VS打鉄 -クラス対抗戦第二試合。三組代表、佐倉桜。対四組代表、更識簪との戦いは勝者なしだった。
どちらも近接戦に持ち込んで、対応するための武器があったので相打ちである。

問題だったのは、サクラのせいえノホホンさんがレズになったと判断されているので、色々と恨みを買っている事だった。
-
「どういうことや」
「本音をあなたから取り返す」

 簪と本音は幼なじみだった。桜は本音の口からそのことを聞いており、最近では簪が本音を遠ざけようとしていることも知っていた。
 ――幼なじみの本性を知ったらなあ。
 簪はどうやら本音がおかしくなった原因が桜にあると考えているらしい。

「なぜ? 私が盗ったわけやないし、手も出しとらん」
(´・ω・`)どっちが勝っても、主人公さんの勘違い属性が消滅しない限り、ノホホンさんの学生生活は暗黒に包まれているのぜ!

GOLEM(五) 試合・甲龍VS打鉄 -簪は、ノホホンさんを取り戻す演技をしたせいで、周りから戦闘狂だと勘違いされそうになって大変だった。

鈴VS更識簪との戦いは、更識簪が目茶苦茶ボロボロな状態からスタートしたが、更識簪が油断している鈴を瞬殺して圧勝である。
試合前に膝枕とかさせて、勝利するための策略を練っていたのだ!
--
「や……めて……ひもなしバンジーとか……」

 熟睡しているのか、寝言を言い出す始末だ。ほかにも飛行戦艦打鉄や隠密大作戦ごっこ、為替の損失がどうの、などとよくわからない単語を口にする。
 鈴音は諦めの表情を浮かべ、肩をすくめて大きなため息をつく。
 ――ああ。これが一夏だったらなあ……。女の子に膝枕したって意味ないじゃない。
 鈴音は天を仰ぎ見て己の不運に嘆息した

(´・ω・`)これこそ正真正銘の健全なハニートラップ!

GOLEM(六) 試合前  -次は織斑とサクラとの試合である。
その試合前に、生前の実戦から予想された異常な訓練メニューとか喋ってしまった事で、ますます勘違いされて当たり前の状況になった!!
明らかに何処かの軍人さん!
 --
「佐倉みたいに体を作っているなら別だぞ。細い体のくせに筋がまるで鉄のよう……そもそも何を想定して訓練したらこうなるんだ」

 箒の疑問を耳にするや桜は待ってましたと言わんばかりに笑顔を浮かべた。

「だいたい空中勤務を八時間くらい続けて、そろそろ疲れて家に帰りたくなってきたタイミングで、敵陣の花火のなかに突っ込めと命令がある。敵航空戦力との乱戦。対空砲火、対空ミサイルが入り乱れるなかで被弾、発動機炎上。もしくは機体の維持が不可能となる。飛行困難のため空中脱出。自陣を目指して敵中突破する感じや。歩哨におびえながら、軽く二、三日は飲まず食わずでサバイバルせなあかんと思って」
(´・ω・`)これは明らかに、何処かの軍人だと勘違いされるフラグ。


GOLEM(七) 不正アクセス -サクラの機体が可笑しかった。
そして、秘匿する事が許されないISコアが三つも現場にいたりして、明らかに状況が可笑しい。
幻惑迷彩のところどころに赤い斑点が浮き上がる。斑点から無数の小さな円筒が生える。どれもが不気味な赤色を宿していた。
 ――二次移行(セカンド・シフト)か? いいや違う……。
 打鉄零式から漂う薄気味悪さに眉をひそめる。すると天蓋に向かってまっすぐ舞い上がった。一夏はその姿を追って空を見上げる。太陽の光に混ざって陽炎のようにぼやけている場所を見つけた。
 ハイパーセンサーを使い、眼前に拡大して表示する。雲の模様がわずかに遅れて表示されている。一夏は奇妙に思った。
 ――回転している。独楽みたいなのが三つ。何だ。

(´・ω・`)つまり、不明機が3機もいて難易度があがっている事な有様だよ。

 
GOLEM(八) 接続拒否 -生徒会長達は、電波妨害されて大変な事態に対処するために頑張った。
だが、ISが起動できないので戦力にならず、自力での対処が不可能に近かった!
そのため織斑一夏を優先して逃がすための作戦が考えられている。
女のパイロットはたくさんいるが、男は1人しか居ないからだ。
ついでに、サクラには密偵疑惑がかけらているので、ここで死なれても特に問題はない。 
---
――助けるなら彼を優先しなければいけない。
 男性搭乗者は世界に織斑一夏しかいない。桜は特待生だが一般生徒のため優先度が劣った。ISに搭乗可能な女性は学園にいくらでも存在するからだ。
 ――最悪でも織斑一夏さえ助かればいい。
 楯無の頭に恐ろしい想像が浮かぶ。
 ――密偵がひとり減るだけ。
 そのほうが楯無にとって都合がよかった。

(´・ω・`)最悪の場合、サクラ1人で敵を全員倒さないといけないって事な有様だよ。

GOLEM(九) 甲乙丙 --サクラは気づいたら、田羽根同士がバトルロワイヤルやっている謎の空間にいた。
ISの外から出たら恐ろしい事になるが、幸いにも原作主人公さんが頑張って絶望的な戦いをやってくれている。
だがっ!現場から逃げようにも、原作主人公さんが姉を見捨てられないと宣言しちゃったので一緒に逃げてくれない!
戦力的に無人機側が優位な状態で戦闘やるはめになる!
 -
「貫手をじゃんじゃん使ってください。甲乙丙には人間が入っていないので、思う存分使ってくださいね!」
「ほんま? 人間が入っとらんって」
「いえ〜す。無人機ですよ。別の田羽根さんが動かしているので気にしなくとも大丈夫ですよ! 何てったって機械ですからね!」

(´・ω・`)武装の面でも相手が有利か。これは難易度が高いのぜ。

GOLEM(十) 燃焼 -原作主人公さんがいなかったら、サクラは死亡していた。
無人機が普通にミサイル攻撃で殺す気満々だったので、サクラじゃ迎撃が遅れて死ぬ。
そして、サクラはアリーナそのものを焼夷弾で燃やしつくし、無人機に腕を突きさしてどんどん破壊していたので・・・・原作主人公さんが大量殺人やっていると勘違いされ、ツッコミが入った。
傍目から見ると、平然と人を殺害できる殺戮マシーンにしか見えないのだ!
--
 桜が瞬きした直後、第二アリーナのフィールドはさらなる火災が引き起こされていた。炉のなかにいるような高温になっていく。隔壁から霧状の水を噴霧しているものの温度が高すぎて微々たる効果にすぎない。劇物反応と相まって地獄の炎と化していた。
 ――これはもう……戦争しとったときと変わらん。
 桜は自分が底冷えした声を出していることに気づいた。

「これより所属不明機・乙を排除する。合戦や」
「じゃんじゃん殺っちゃってくださいね!」

(´・ω・`)殺戮マシーン!これは勘違いされて危険人物扱いされる。

GOLEM(十一) 損傷--原作主人公さんに、殺人鬼だと勘違いされたせいで大変だったが、無人機3機のうち2機を破壊する事に成功した。
問題点は、無人機に学習機能があり、今までのような単調な攻撃は通じず、残りのエネルギーが少なすぎて大変な事である。
サクラが囮になっている間に、原作主人公さんが無人機を仕留めてくれなかったら・・・・サクラは戦死だ!
---
 田羽根さんは親指を立てながらふんぞり返った。それもつかの間、すぐにうずくまる。腹と口を押さえて激しくせき込んだ。指の隙間から赤い液体が滴り落ちる。
 ――田羽根さん! 重傷なん?
 桜は田羽根さんの異変を一瞬だけ目にした。すぐさま眼前の敵を屠ることだけを思考する。
 ――集中せえ。
 腹の底から火のような勇猛さが噴き上がる。指をそろえて一本の刃とし、被弾を顧みず増速。
 ――有頂天になったらあかん。
 桜は心のなかの炎に身を投じたまま、気を鎮め、腕を伸ばす機を待った。
 ――手応えあり!

(´・ω・`)相手のシールドを解除して、コアを破壊できる時点で凄いチートだ。

GOLEM(十二) 決着 -サクラが囮なので命が危なかった。
既にエネルギー残量は2割以下である。
そして時間が経過する事に減りまくり、後少しでサクラが死亡している状況で・・・・全機撃破して勝利!
だが、田羽根が致命傷を負って消えてしまっている!
GOLEMシステムのデータ領域が消失しちゃっていた!
--
「田羽根さんは何度でも帰ってきますよ!」

 田羽根さんは急に横を向き、桜に向けて口を開く。唇が形を変えるたびに赤い液体がこぼれ落ちた。

「しばらくさよならですね! 訓練をさぼってはいけませんよ!」
「うるさい! 黙りにゃ!」

(´・ω・`)これが友との永遠の別れって奴か。

  GOLEM(十三) 病室 -亡国機業のスパイだ!とサクラは勘違いされていた。
襲撃してきたのが無人機だと知るのが早すぎたり、兵器の機密を知っていて可笑しすぎるのだ。
更に無人機が弾道弾を使用していたりと、ロシアが兵器を売り払った疑惑が持たれそうで、ロシア代表の生徒会長さんも大変。

こんな状況で、IS開発した束博士本人の怒りを買ってしまったので、サクラの人生は終了しそうだった。
原作主人公さんを寝取ったメギツネだと判断されている。
--
この死に損ない。泥棒猫。理想の弟を寝取ったことを許してないんだからねっ」
「はい?」

 思わず耳を疑う。桜は目を丸くして口が半開きになった。

「P.S.今度寝取ったら本当に許さないぞ。人生を強制リセットしてやるから覚悟しろ! ……以上です」
「あの……宛先、間違えていませんか。サクラサクラ違いやないかと」

(´・ω・`)束博士を敵に回しそうで、本 当 に 人 生 が 危 な い。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 


ブログパーツ ブログパーツ

ゆっくり戻るよ!