ゆっくり戻るよ!
インフィニット・ストラトス【9】-【2】
IS-サクラサクラ-A (TS)  【二章 中学三年生】
ブログ】【王子の犬

カウンター日別表示



        
                   /: : : : : i.: : : : : : :.i }: : : :.i: : : : :.',: : : : :.‘,
               /: : : : : : l : : : : : : ,'.,': : : :.|: : : : : :',: : : : : :‘,
                    ,'.: : : :. :. :.|.: : : :. :.//: : :./ lマ: : : : :.:l: : : : : : :.',
                   ,: :/: : i: : ! |_ト、-‐/イ: : :./} ナ弋=-、: :!.: : : :. :. :.i
               :.,イ: : :.| ,イ:| | ヽ: : :,': : / レ x==ミ、: :ト: : : : : :l.l
                l.|.i.: : :.|マ ! x==ミ ,' /{   {: ヽl ヽl.: : : : : :.l l
              !| ', : : ! ∨ {: ハノイヽ ゝ  .込zソ ノ: : : : : : :.l l
                   i| ',: :ムハゝ 乂少 、  f      ,': : :./: :lノ
                 マムハ     ィ⌒ゝ __  ,': :/: : : :
                   }: :ヽゝゝ-‐ ¨ ´   ‐- 、  /.イi : : : : !
                   | :!: : : :八   {     !    イ :|: : ∧{
                  //|: : : :/: :> 、 ゝ  ノ  イ : : ,': :/
                   /イ .',: : :.| マ: :ト、 >、  イ  .|/.,' :/
                  ',: : |. ヽi /}       .|ヽ/, '
                     _ ',: :l_ ゝ´イ ;        ∨イヽ
              γ´     ゝ{  /‐- 、    _ i   ゝ、 _  _
              ,'i        /     γ     |         ヽ
              ,' l   ,イ   ,イ           |      /     ',
                 i l  イ   , '              |       /     i
             |  x≦´ /     ノ       |   i!  /      ノ} 
(´・ω・`)特攻して死亡した元男性が、15歳で空を飛ぶために、IS学園の入学試験を受けるお話さんだよ。
元兵隊だから、明らかにスパイ疑惑受けそうな御仁だった。
(´・ω・`)方便とか使ってるから、妙にリアリティがある文章になっているような気がするよ。

「あれは人を殺した事がある目でしたよ……もちろん、それぐらい鋭かったって意味ですけど」
「単に余裕がなかっただけではないのか?」
「余裕がなかったら逃げますよ。普通。でもこの子、私の現役時代みたいな嫌らしい撃ち方をしてきたんです」
「それに物怖(ものお)じせず接近戦をしかけようとしていたな。背後を取ろうと必死に見えた。それにしても素人が低空での空中戦か。普通はやらないな」
「銃火器の扱いにも慣れているように見えました。織斑先生。渡航経験もない日本人の、それも一五歳の少女が初めて実物の機関銃を見て、当たり前のようにしていられると思いますか?」


(´・ω・`)間違いなく次の章のタイトルからして、スパイ疑惑。
試験に全力で合格するために、山田先生を殺すつもりで戦いを挑んでいたから、そのおかげで異常な倍率の入学を突破しているよ。
(´・ω・`)あと、IS適性関係の試験だけで合格倍率が1500倍だから、昔の軍の幼年学校の8倍近いなぁっていう数字で凄かった。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
 IS-サクラサクラ-  (TS) 【二章 中学三年生】 【完結】  作:王子の犬  SS  4-10話   2013年05月19日

       中学三年生(一) 佐倉桜 --特攻で戦死したサクラは、女性に転生していた。
身体を鍛えまくり、また、空を飛ぶためにIS学園に通おうとしている。
IS学園なら15歳から飛び放題だ。
だが、周りから本気と受け取られておらず、本気で目指していることは本人しか知らない。 
-
「昔からサクはホラ吹きやったんやけど。今度はまたでかいのぶちかたんな」
「奈津ねえ。私はいつだって本気や」
「飛行機でええやん。空飛べるやん。最近やったら女性のパイロットやって珍しくない。ISに乗らんでも空は飛べるわ」
「それやったら飛べるようになるまで十年はかかってまう。ISやったら十五歳でも空あ飛び放題やん」

(´・ω・`)方便とかで凄く雰囲気が出てる文章だなぁって思った。

中学三年生(二) 連絡 -ISへの適正が高かったの選抜試験を受けるチャンスに恵まれた。
あまりにも喜びすぎて、周りから不気味だと思われる笑顔である。
 倍 率 の 1  5 0 0 倍 を切り抜けた笑顔だった!
両親へもそのことを話して、IS学園に入学する許可を貰っている
 --
「えへへ」

 桜は頬が緩むのが止められなかった。IS学園の学校説明会に受かったことはつまり、選抜試験の機会を得たことに他ならない。ISに乗って空を飛ぶ姿を想像してだらしない顔になる。恋バナでもないのに、こんなだらけた顔を見られるのは恥ずかしいが、それよりも嬉しさの方が勝った。
(´・ω・`)


中学三年生(三) 警備-サクラは、IS学園のある島へとやってきた。
戦前は寂れた漁村しかないような場所であり、特攻隊として死亡したサクラの過去を思い出せるような基地跡がある。
そこでは武装した警備兵がいたので、軍の教育施設っぽい雰囲気だと観察していたせいで・・・・・学園側から警戒されていた!
明らかにサクラが一般人じゃなかったので、要注意人物にされそうなのである!
--
 桜の顔つきが変わるのを目の当たりにして、楯無は驚かずにはいられなかった。
その視線が警備の者に向かっていた。職員の中に潜り込ませた更識家の手の者を見抜き、一般人のように振る舞いながら観察眼を向けている。まるで警備のレベルを値踏みしているかのようだ。
 ――彼女はいったい何者なの……。

(´・ω・`)スパイ疑惑とか出来そうな展開だ。

中学三年生(四) 迷子 -楯無にトイレまで連れて行ってもらったせいで、サクラは迷子になっていた。
合計年齢38歳のオッサンなのに、寂しすぎて泣いてしまったのである。
幸い、近くを真耶先生が通りがかかったので同情されて道案内をしてもらい、事なきを得た。 
--
「ふええ……」

 桜に生まれ変わって年を経るほどに、感情の揺れに流されやすくなっていると自覚していた。
 ――作郎やった頃の私はこれほど涙もろくはなかった。最後の夜などは涙一つ出なかった。それがどうや。女の体に生まれ変わったら心まで弱くなってしまった。

(´・ω・`)もし、ここで泣いてなかったら、警戒されて入学出来ないんだろうなぁって思った。

中学三年生(五) 入試 --技試験が始まった。水着のようなISスーツを着用しないといけないので、サクラには拷問のようなもんだった。
しかも、持たせる武装が中学生に持たせる物とは思えないほどに物騒な装備群であり、それにも驚愕する!
これに合格しないと入学出来ないが、幸い、軍人やっていた頃の知識があるので、使いやすいだろうと思われる武装を選択し、飛行機よりも扱いやすそうなISで空を飛んだ。
 
 -
――何や、これえ……。
 九ミリ拳銃に一二.七ミリ重機関銃、はたまた二〇ミリリボルバーカノン、四六ミリガトリング砲、スモークグレネード。日本刀にしか見えないロングブレード、コンバットナイフにしか見えない近接ショートブレード。キラースティックと呼ばれる戻ってこないブーメランまであった。ヴァル・ヴァラという変な名前の武器が載っているのを見つけ、気になって備考に目をこらせばブーメラン型ミサイルと書かれていた。

(´・ω・`)さすがIS学園だった。ブーメラン型ミサイルって何だろう。

中学三年生(六) 戦闘機動 -実技試験を担当するのは山田真耶先生だった。
ISの説明と、実技の説明を受け、戦いをスタートする。
相手はベテランのIS乗り。死ぬ気でかからないと倒せないので、前世で死んだ時の悔しさを思い出しながら戦い・・・・やっぱり、本気になった先生相手にISの経験では叶わないので、一方的に攻撃を回避されて、サクラは攻撃を受けまくり、そのまま実技試験は終了した。
 --

中学三年生(七) 評価 -完封負けに近い試験だったが、サクラは山田真耶先生みたいな人が嫁だったらなぁって考えていた。
男と性行為する姿が想像できないので、今まで全ての告白を拒否して、サクラは生きてきたのである。

試験の評価の方は、山田真耶先生がサクラから本気で殺されるような気迫を感じていた事もあり、完全にサクラは殺人経験者だと判断されてしまっている。
よく訓練された兵隊という印象だった。
こんな危険人物を娑婆に置くのは不味いと判断され、特待生待遇で推薦を受ける事になる。
 --
 ――あのお姉さん、眼鏡がない方が可愛かったなあ……。試験中はちょっと怖かったんやけど。
 作郎の視点から見て真耶は良い女だった。征爾に頼んで嫁を探すなら、真耶のような女だったらよかったのにとさえ思う。作郎は義姉のように心根が優しい女が好きだった。
 ――かといって男とそういうことは……。

(´・ω・`)男と付き合えば精神的なホモ、女と付き合えばレズ(キリッ

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!