戻る(・ω・`)


ギルティクラウン【2】-【2】 【Chapter-00 Fata viam invenient.】
The Everlasting Guilty Crown for My DearestA
【作者 じゃがあ】   【ブログ


                   // /        \:.\
                  / /         \  :.:.:...、:.:.ヽ
                    /   /  /イ /-ヘ  ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.
                 ′   /   / .|/   ぃ、:. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  , /     /| ′ !     |.| ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                     ′   l/ リ   |    l.|  ∨:.:.:i:.:.:.:.i:.:|
                  i |   |ー-|- ..,__}   __リ,,,..斗:,:.:.i:.:.:.:.! :|
                  | |   |<´迂}ヽ:.!  ..:.:./゙迂}`>|:.:!:.:.:.:!:.:|
                  | |   .ハ       |:.     j:.:i:.:.:.:i:.:.|
                  | | i:  ,ヘ       |.:.    /:.:.i:.:.:.:i.:.:|
                     | i:  | ヽ    . .    ム :.:!:.:.:.i .:.|
                / | i:  |\   __ __,.  /i .:.,:.:.:.:i.:.:.l  来い、集。俺達と共に。
                / .:.:| i:  |:.:.|丶       ..イ:.:! /:.:.:.:.!:.:.:l  お前にはやれることがあるはずだ。
                :′.:.:| i:  |r:.|   \    / |.:.i/.:.:.:.:.:.!.:.:.:,  まずは・・・・三週間地獄の特訓だ!
             / .:.:.:.| i:  |ニニ≧=-` − ´  .!ー! .:.:.:.:.i:.:.: ′  幹部になるためのシゴキを開始する!
     ,,--- .,____/  .:.:.:.:| i:  |ニニニニニニニニニニニl |:i:| .:.:.:.:.:!:.:.:.ハ   
   /ニニニニニニニニニニニニ.| i:  |ニニニニニニニニニニニl ヽ.! .:.:.:.:.:!:.:.:.:.ハ   主人公「ゆんやっー!」
  /ニニニニニニニニニニニニニニ| i:  |ニニニニニニニニニニニl /| : .:.:.:!:.:.:、:.∧
/ ニニニニニニニニニニニニニニニ| i:  |ニニニニニニニニニム/ニ| :  .:.:.!:.:.:.ハ:.∧

(´・ω・`)集が葬儀社に入り、幹部として相応しい人材になるために、教育を受けまくって大変な 【Chapter-00 Fata viam invenient.】だよ。
もともと、運動部でもない一般人って事でスタミナ足りないわ、戦うための知識ないわって事で、地獄の三週間なんだ。
(´・ω・`)葬儀社は強大なGHQと戦うテロ組織という事もあり、知恵と体力ないと生きていけない(キリッ
大変な目に会いながら努力して、葬儀社の皆に集が認められるっていう感じだから爽快感があるよ。

●3週間、葬儀社の幹部らしい地獄の訓練
集「ゆぎゃあああああああああああああああああああああああ!!!!
ありとあらゆる濃密な訓練ざんがぎだああああああああああああああ!!!!!
でも、頑張るよおおおおおおお!!!!!!!
努力系の熱血主人公だよおおおおおおお!!!!
かつての日常を取り戻すんだああああああ!!!!」


●ロボットと戦ってね!それが評価試験だよ!
集「なにこの無理ゲー。
で、でも戦うよおおおおお!!!!!!
巨大ロボットに勝利して、皆から認めてもらうんだよおおおお!!」
葬儀社「「「「ゆっくり歓迎するよ!
反政府組織の一員として頑張ろうね!」」」」


←前のページ  次のページ→ 
The Everlasting Guilty Crown for My Dearest  【Chapter-00 Fata viam invenient.】  作:じゃがあ  SSS  1-9話    2013年12月27日
   Phase 01-1 『合流 - Alea jacta est -』-卒業式だったが、集はこれから学校に入学するので、特に卒業生に知り合いがおらず、ただの退屈な行事だった。
それよりも今の日本を支えている政府機関を敵にする道を選択しちゃったので、これらかの人生が命がけで大変。
主人公は春休みを利用して、テロリスト組織な葬儀社に正式に入る事になる。

主人公の父親がとっても凄い人物だから、それなりに有用だと周りから判断されていた。 
 -


Phase 01-2 『邂逅 - Levis est Fortuna; -』ー葬儀社で三週間外泊するから、義母の壊滅的な家庭スキルを思い出して心配していた。
もう一度、ここで皆と一緒に暮らすという目標があるので、疎かにしたくない。


葬儀社までの道は、東京の土地勘が集にはないので、イノリにやってもらう事になった。
イノリの歌を聞くと静かな気持ちにさせられ・・・葬儀社でいきなり幹部待遇!
主人公は短期間で幹部に相応しい能力を身につけ、テロリストとして戦っていかないといけない。

これからの三週間が地獄だ。
ーー
「お前は訓練の全体の監督だ。総合評価の仕方もお前に一任する。お前の責任で集を一人前の兵士に仕立て上げろ」
「はい! ――――えっ?」

 綾瀬の間の抜けた声が、やけに大きくオペレーティングルームに響いた。


 集の地獄のような訓練がこの日、とうとう開始されたのだった。
(´・ω・`)三週間でテロリスト組織の幹部になれるくらい、訓練を受けないといけないとか、これは死ぬわ。

  Phase 01-3 『訓練 - Petite et accipietis -』--集の母親はセフィラゲノミクスの研究員 + GHQのAPウイルス研究部門の責任者なので、集は学生生活も維持しないといけない制約がある。
失踪したりすると大騒動になり、逆に厄介な事になるのだ。
葬儀社に所属している事がばれれば、母親すらも敵に回しかねない立場だが・・・・・集には姉に会うという目標があるので、
誰 も 殺 さ ず に 達 成 し よ  う と 思 っ  て い た 。

まずは根本的に体力がないから、体力を鍛える基礎トレーニングさんが待ち受けている!
」」
 
- 
「会わなくちゃいけない人がいるんです。そのために僕は戦いにきたんだ」


 すべては罪を贖うために。

 心からの渇望があるがゆえに。

 強く、強く、強く。

 強い意志を両の瞳に込めて宿して、集はそう言った。
(´・ω・`)原作よりも葬儀社の皆と仲良くなれそうだ。

  Phase 01-4 『疑問 - Ede bibe lude post mortem nulla voluptas -』-、集は身体能力こそ平均より優れているが、体力は並み程度しかないので兵士としては駄目駄目だった。 
葬儀社の戦いは厳しい物になるので、兵隊に要求される能力が厳し眼になっている。
相手は強大なGHQ。これに何度も勝利できるガイが可笑しいだけだ。 

座学が終わった後は格闘術。集は月島アルゴから喧嘩のやり方を初めて教わり・・・一方的にボコボコにされたが、教官達に認められつつある。
素人が訓練に耐えて、熱心に頑張り続けている時点で珍しい。

  --
「人間としてそれは間違っていると言えるでしょう。しかし、烏合の衆にならないためには、余計なことを考えず粛々と命令をこなしていく姿勢と技術はどうしても必要なことでもあるんです」
「ジレンマってことですか」
「その通りです。葬儀社の戦いはどれも過酷なものです。だから私が集の訓練を厳しい態度を取るのは、そういったことに事前に慣れさせるという意図があるというわけです」

(´・ω・`)主人公の根性で、どんどん幹部クラスから認められて、リア充になりつつあるのが爽快だった。

  Phase 08 『熱意 - Et arma et verba vulnerant -』--三週間の地獄の特訓が終わり、明日、その評価をされる事になった。
いのりと偶然出会ったので会話して気を紛らせている。

だって!明日の総合評価試験の方法がエンドレイヴとのバトルなんだよ!
葬儀社は仕事的にとても辛い事をやらないといけないので、陽動でエンドレイヴと生身で戦う事がある!

でも、集はかつての日常を取り戻すためならば、頑張れる気がした。 
  -
「これは、集が作ったの?」
「まあ、ね。といってもデジカメで撮ったやつで、画質もあんまりよくないんだけど。それにさっきも言ったけど作りかけだし……」
「じゃあ、できたら、見せて?」
「もちろん! 一番に見せるよ」

(´・ω・`)イノリちゃんと仲良くなるフラグを積んでいて何より。
(´・ω・`)生身でエンドレイヴ相手に戦うのは、なにその無理ゲー。


Phase 09 『試練 - Labor omnia vincit -』-集は幼い少年まで葬儀社にいる事に違和感を感じていた。
でも、自由意思で少年は葬儀社に参加しているので、他人の集が文句を言う事ではないので華麗にスルーする。

訓練総合評価試験が開始され、3週間の訓練の成果を求められた。
巨大なロボットが高速で向かってくるので迫力ありすぎて辛いよ!
幸い、訓練のおかげで逃げる程度の事は出来た。

その間に、ロボットの方は集に合わせて色々と制限がある事が判明し、それに気付いた集は手榴弾を蹴って任務成功! 
--
 ストレスによる銃声などに対する過剰反応。たとえそれが石つぶてが当たっただけだとしても、その感触は銃弾が当たったのと大差ない。音だけでも過敏に反応してしまう。エンドレイヴの特殊装甲による痛覚の鈍さは時に仇となることもあるのだ。

 なんてことはない。綾瀬の巧みな操縦技術で隠されていたことは、彼女と機体の間に生じる差異。

(つまり! ジュモウの機体性能が僕と同レベルに制限されていたってことだ!)
(´・ω・`)体力を鍛えた結果、勝機を掴み取る事ができた(キリッ

 

←前のページ  次のページ→ 
ブログパーツ ブログパーツ
戻る(・ω・`)


カウンター日別表示