ゆっくり戻るよ!
機動戦士ガンダムSEED【19】ー【5】 
もう一人のSEED【改訂】【オリ主TS転生】
ブログ】【作者 menou

カウンター日別表示


(´・ω・`)


●カナードは、キラ・ヤマトの事を憎んでるから、友軍でも構わず誤射してくる。
キラ「味方に攻撃されてわがらないよおおおおお!!!!」

●キラ、生き残るために敵のアスランと共闘。カナード相手に殺し合い。

●合法ロリ娘の友であるライザが、カナードに殺害されてゆんやっー!
合法ロリ娘(´・ω・`)「士官学校時代に喧嘩して分かりあった友が目の前で死亡してゆっくりできない!
夜に連れ込まれて、喧嘩した事があるくらいに仲が良いのに!
種割れ!バシューン!」

●種割れして、最強状態になった合法ロリ娘が多数のザフト兵ごと巻き込んで殺して、カナードを追いつめる。

●そして!戦場に!
合法ロリ娘がたくさんいた!

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
もう一人のSEED【改訂】【オリ主TS転生】  【三章 ビクトリア基地】 【後篇 カナードのせいで友軍同士で殺し合い  Arcadia 作者:menou   31- (2014/04/27 1 

 PHASE 31 「狂気の刃」-キラ・ヤマトを憎むカナードは、ユーラシア連邦所属の軍人なのに、キラ・ヤマトを憎んでいるから攻撃してきた。
ちょうどアラスンと戦っている最中だったから、キラは敵のアスランと共闘してカナードに対処してしまい、友軍同士で殺し合いをやってしまう。
今はザフトの軍勢が大攻撃中の真っ最中なだけあって状況は最低最悪。
大西洋連邦とユーラシア連邦に別れて、戦争やってる場合じゃない!

おかげで合法ロリ娘の士官学校時代の知り合いが、全身黒こげてで死亡しちゃった!   
--
「ぎゃああぁぁぁ!!!」「ぐあああぁぁぁ!!!」

何の対処も施されていないストライクダガーの隙間という隙間が電光を迸らせ、炎上し、あちこちで小規模な爆発を起こす!

「ら……」

リナは、見てしまった。
ライザの機体が黒こげになり、白煙を噴き上げ、コクピットのハッチが弾ける瞬間を。糸が切れた人形のように、倒れ伏す機体を。
目を見開く。全身から血の気が引く。脱力する。吐き気すら覚える。

ライザが高電圧に焼かれ、黒焦げになる姿を幻視した。
(´・ω・`)合法ロリ娘の友は、死ぬ運命にあるのだぁー!
暑いっー!夏が暑すぎて、ライザみたいに焼け死んでしまうぅー!


PHASE 32 「二人の青春」^^ライザが戦死したから、合法ロリ娘とライザの士官学校時代の過去回
ライザは最初は合法ロリ娘の事を、努力もなく成り上がったコーディネーターだと思い込み、夜に連れ込んで、ボコボコにしてやろうと思った。
でも、殴り合っていく内に合法ロリ娘の事を理解してくれる存在になる。
合法ロリ娘にとってそれは救い。
故にライザとはもっと仲良くなれそうだった。

でも、今目の前でライザは搭乗しているストライクダガーごと、味方の攻撃でドカーン!
合法ロリ娘は親しい友が死んで心が辛かったそうな。
 
 ^
「ていうかなんで脱ぐ!?」
「あ? 着たままヤるつもりか? てめえも脱げよ」

まてまてまてまて。当然のような顔をするな。上着を脱いだせいでライザの逞しい体つきが、ぴっちりとしたシャツの上から良く見えてしまう。
うわ、ライザって鍛えてるな……上腕二頭筋に何か詰め物してるみたいだ。首なんて、ボクのウェストくらいあるんじゃないだろうか。

「って、そうじゃない! ボクに脱げって、それって……こ、こんなところで……そうだとしても、早すぎるし……」
「? いいからヤるぞ。ここまで来てビビってんじゃねぇ。いいからこれ着けろ」
「つ、着けろ、って、ライザが着けるんじゃなくて!? そんな、女の子用のなんて用意よすぎ……ん?」

(´・ω・`)今回のライザ戦死で一番利益を得たのは、キラ・ヤマト。
私には分かんだね。
(´・ω・`)合法ロリ娘の親しい男の知り合いが死んだよ!

PHASE 33 「目覚め」-合法ロリ娘はライザの死で種割れを起こした。
遠く離れたクルーゼ隊長は、自分と似たようなチートナチュラルがいる事を感じとっている。
合法ロリ娘から感じる圧倒的なプレッシャー!
他のガンダムシリーズでいうニュータイプ的な超能力パワー!

合法ロリ娘は、種割れを起こした最強すぎる状態でハイペリオンに襲いかかった! 
機体性能差があるから、合法ロリ娘が不利なはずだが、心と体が完全にシンクロし、迷いが完全に消え去った合法ロリ娘は無敵。
ザフト軍も多数巻き添えになって殺害され、圧倒的な弾幕すら無傷で押し通る!
危うくキラ・ヤマトごと巻き込んでハイペリオンを真っ二つにしそうな大事態!
アスランがビーム撃ったけど、ビームを撃った後に回避するという非常識な事までやる有様だよ!
 
-
”バーサーカー? それは何かの神話に出てくる、狂戦士のことだろ? ”
”狂……戦士? ”
”そう。普段は大人しいのに、戦いになると興奮して、人が変わったように強くなる……なんだ、いきなり? ”

フラガ少佐が自分の戦い方が変わった時のことを、そう表現した。
バーサーカー。それはまさに、今のリナを表現する最適な言葉のように思える。

「まさか、リナさんも!?」

自分と同じように、バーサーカー状態になったのか。まさかリナまでもが、同じ力を持っていたなんて。
誰もがその力を持っているわけではないはず。だとしたら、自分とリナにどんな共通点があるんだ?
わからないけど、彼女がコーディネイターであることはこれで確実になった。ナチュラルを見下すわけじゃないけど、機体性能が拮抗しているのに、あそこまで敵を圧倒するのはナチュラルには不可能に思えたからだ。

(´・ω・`)合法ロリ娘だらけだ。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ