戻る(・ω・`)


鋼殻のレギオス【10】-【4】
 フォンフォン一直線C 


                     _ __


´・ω・`)


←前のページ  次のページ→ 
フォンフォン一直線 【四章】   理想郷  作者 武芸者    81-  
     80話 夏の始まり (原作9巻分プロローグ)-ゴルネオはレオ相手に劣勢だった。
レオは間違いなく、学生最強クラスの実力者になっている。負けたらサヴァリスから地獄の修行さんをやられちゃうので、ゴルネオは負けられない!
サヴァリスのせいでレオが目茶苦茶強くなっている有様だよ!

フェリは妊娠四ヶ月なので病院に検診にいっていた。その結果、胎児は双子だとわかって、レイフォン達は大喜び!
フェリの身体が小さいから、出産の際に帝王切開をやらないといけない可能性があり、もし医師が医療に失敗したら、医師の人生が社会的に終了するのは間違いなかった。
問題なのはサヴァリスがレイフォンの殺意を独占するために、将来的にフェリ相手に悪質な何かをやる事がきまっているも同然なのが問題だ! 
高確率でフェリ殺害されちゃうよ!  
 --
「君はどうしたら、その殺意を僕に向けてくれるのかな?」

「さあ、知りません」

レイフォンはすっとぼけた。サヴァリスに殺意を向けるための方法。それを知ってはいるが、決して口にはしなかった。なぜなら、サヴァリスは迷わず実行するからだ。自身の望む戦場のためならば、たとえ己の命だろうと担保に入れる。それがサヴァリスだ。

「ふ〜ん……ま、そのうちだよ、そのうちね」

そして、レイフォンがすっとぼける必要はなかった。なぜならサヴァリスは、すでに知っていたからだ。レイフォンに本気を出させる方法を。レイフォンが本気で自分を殺しに来てくれる方法を、サヴァリスは知っていた。
´・ω・`)これは将来的にフェリの命が危ないわ。

81話 レイフォンとサイハーデン--レイフォンは、リーリンから貰った養父のサイハーデン刀争術免許皆伝の証である刀の処分に困り、大嫌いなハイアにプレゼントしようとした。
なぜなら、レイフォンは闇試合に出て、グレンダンから追放されたおかげで、愛しのフェリと出会い結婚できたという事もあり、過去の過ちを間違いだと全く思っていない。
それにハイアはサイハーデンの者である。この刀を有用に扱ってくれるはずだった。

でも、ハイアもフェリも、レイフォンにそれを止めるように言った。
ここまで届けてくれたリーリンの善意や、養父の想いを踏みにじるような形になっちゃうだけに、さすがに犬猿の仲でも激怒して説教してくる。

リーリン涙目。--

だから、僕は間違えてないんだよ。グレンダンで闇試合に出たことも、そのことをガハルドに脅迫され、試合中に殺そうとして失敗したことも、間違った選択じゃないんだ。確かにいけないこと、犯罪行為だったけど、それがあったから僕はツェルニに来れたんだ。フェリに会えたんだ。なら、間違いなはずないじゃないか」

レイフォンがグレンダンでやったことは、到底褒められる行為ではない。むしろ凶弾されるべきことだ。
だが、それがなければツェルニに来ることはなかった。フェリと出会うことはなかった。

「いけないことだったけど、僕は間違ってなんかいない。間違っていないからこそ、誰にも許されなくたっていい。許されたら、僕がツェルニへ来たことを後悔しているみたいじゃないか」
´・ω・`)

←前のページ  次のページ→ 

ブログパーツ ブログパーツ

戻る(・ω・`)


カウンター日別表示