ゆっくり戻るよ!
前話に戻る
次話に進む

もふもふ、きつねっこぉ

●13話〜狐娘「貨幣もカード化されておるんじゃよ!」挿絵



カウンター日別表示 

 

http://suliruku.blogspot.jp/2017/03/13.html

https://1.bp.blogspot.com/-T60EgkkqMNo/WQSgYip1RKI/AAAAAAAAdGg/TOH-tuFEhUo02Tzv5KMf6ZHhOyAw-ZdcACLcB/s1600/IMG_3885.JPG

(´;ω;`)享楽国のショップはこうなっておる

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)商品がカード化されているから、収納スペースが最小限なんですね。

(´;ω;`)もっと大きな棚に、カードをずらりと並べた方がええかなと思った。脳内のイメージだけで描いたお

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(これ……屋台でも、かなりの量の商品を取り扱えてやばいな……
小売業者間の競争が激化しそうだ……)



★★★


橋を通り抜けた先には――広大な城下町が広がっていた。モフモフ城の近くという事もあり、高そうな綺麗な店がゴロゴロと並んでいる。どの店もカード化された商品しか扱っていない。
ニャンタンには当たり前のような光景なのだが、リーファは激しい違和感を抱いたようだ。
獣耳の集団が通る度に、彼女は奴隷商人のような冷徹な目で獣神族(けもがみぞく)を見ている。

「これはすごい光景アルなー。商品がカード化されているから、収納スペースが最小限で済んでお得ヨー。小さな店舗でも、ちょっとした大規模店並の品揃えを実現していて凄いアルー。
カードは持ち運びが便利だから、きっと人件費を削れるアルねー。
というか運送業界が、すごい低賃金競争してそうアル。初期投資ほぼゼロで商売できそうヨ」

リーファが入った店は、キノコ専門店だ。カードの束がケースに収納されて陳列されている。

「……で?お金になりそうなアイデアは見つかりました?」

「そこらへんを歩いている獣娘を地球で売ったら、きっと大金持ちネ」

「絶対、誘拐しちゃダメですよ!?」

「ニャンタン殿、物価が分からないけど……このマツタケは安そうな感じがするネ。これいくらアル?」

「500アソブです。お金はこれです」

そう言って、ニャンタンは財布ケースから、カード化された貨幣を出す。500アソブの価値がある大青銅貨だ。
リーファは驚いて、ニャンタンからカードを取り上げて叫んだ。

「貨幣までカード化しているアルか!?」

「この方が軽くて持ち運びに便利ですし。偽造されてもカード化すれば判別できますしね。カード化した状態じゃないと贋金だと判断されますから気をつけてくださいって……リーファさんは信徒じゃないから、カード化を解除できないか……」

「いやー、これは……ひょっとしたら……地球を征服できる可能性を秘めているアル!
どうやったらカード化を解除できるアルか!?」

「キーニャン様を信仰しないと使えません。当然、異教徒はカード化を解除できませんよ」

「アタシに劉備様を捨てろという事アルか!?お金の絆は血より深いという事を知らないアルか!?」

「……いや、普通に両方とも信仰すればいいのでは?」

「頭良いアルな!日本人みたいな考え方アル!」

「向こうの世界も、宗教観念がいい加減なので?」

「結婚式やエロい事をする聖夜祭りはキリスト教!葬式は仏教!そういう感じに、時と場合によって使い分けているアル!あと、カード化された貨幣を見て良いアイデアが思いついたヨ!クレジットカードを作れば税金が簡単に集まるネ!」

「クレジットカード……?」

よくわからない言葉がでた。ニャンタンは首を傾げる。一体、どのような効力を持つカードなのか、名前から想像もできない。

「クレジットカードの素晴らしさを教えるネ!なんとっ!なんとぉー!カード一枚でどんな買い物もできる優れたシステムっ!金の流れを第三者が把握しやすいようになるから、脱税もし辛くなるヨ!」

「カード一枚で買い物ができる……?いったい、どういうシステムなんですか……?
貨幣のカード化とは違うんですよね……?」

「どんな買い物も全部一枚だけで済むアル!財布にカード一枚をいれれば無問題になってお得ヨ!」

「えと、それで財政問題を解決できるんですか……?」

「きっと大丈夫ネ!金の流れが分かれば、税金をかけ放題ヨ!
あと、銀行とかで公共料金の自動支払いシステムとかも作ればいいヨ!そうすれば最小限の人件費で、莫大な税金を集められてウハウハネ!
犯罪組織へ流れる金も管理できるし、日本のヤクザみたいにどんどん失業させる事ができるヨ!」

「……」

「黙ってどうしたアル?」

「リーファさん!僕の命の恩人かもしれない!」

ニャンタンは、リーファの両手を強く握り締めてブンブンと振り回した。背丈が違いすぎるから、リーファの手が伸びすぎて痛そうだ。

「アタシが命の恩人?良かったアルな!利権GETアル!」

「今から皆を集めるから、日本にいきましょう!
そのクレジットカードとか、銀行っていう奴を見せてください!」

「わかったアル!タイタニックに乗ったつもりで任せて欲しいアル!」

「タイタニック?」

「すごい豪華な客船アル!今は海の底でゆっくりしているネ!とんでもない歴史的な悲劇ヨ!」

「こら!?感動に水を差しちゃ駄目でしょ!?」

「沈没だけに水をさす……上手いことを言われたアル」

莫大な財政赤字が何とかなるかもしれない……ニャンタンはそう思ったが、目の前にいる大陸系商人が、豪華な船なのか、それとも何時、沈んでも可笑しくない怪しい人物なのか、未だに分からな――

「少し待って欲しいアル。ここのマツタケが日本で高く売れるから購入させて欲しいネ。
異世界にもマツタケがあるなんて知らなかったヨ」

「え……お金を持っているので?」

「さっきのトイレで手持ちの1円玉をカード化したネ。念の為に言うと一円玉はアルミで出来ているアル」
ニャンタン殿の行動を見れば分かるヨ。この国ではアルミはとっても価値がある金属ネ?」

「はい……黄金よりも価値があります」

「ならアルミを換金して、享楽国の貨幣を得て、マツタケを大量にGETすれば……日本で転売して大金持ちヨ。異世界交易は儲かって最高アル」

……アルミニウムの相場が崩れない程度に、適度に輸入すれば、少しは財政の足しになりそうだなぁと、ニャンタンは思った。

 

ゆっくり戻るよ!
前話に戻る
次話に進む

  1. 12 件のコメント :



    1. (´・ω・`)修正完了、眠いから寝るでござる

      返信削除
    2. たいたにっく(´・ω・`)氷山とゴッツンコしたお、乗員乗客の皆も一緒で寂しくないお

      返信削除
    3. 貨幣を意図的にツブす行為は重罪だったような。
      まあバレなきゃいいよね、バレなきゃwwww

      あ、あと一円玉ってさ、一枚作るのに一円以上するんだぜ。
      むっちゃコスト高い貨幣。

      普通貨幣ってそのものにかかる価値より
      定められた金額のほうが高いはずなのにね。
      なんでアルミなんかを使っちゃったんだろうね。

      でも、アルミを素材として輸出したいというなら
      ちゃんとインゴットで買ったほうが
      一円玉をツブすよりローコストだぞ?
      あ、アルミ缶などを圧縮したスクラップでもいいか。

      返信削除
      返信
      1. (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)大丈夫です!カード化を解除すれば、1円玉も元通りです!

        (´・ω・`)でも、ええのう……一円玉を大量に潰して大騒ぎになるシーンとかあったら、炎上しそうじゃな?
        「パルメは常識を知らない!」とか叩いてくれると思うぞい?

        (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)いや……序盤からアルミニウムを塊単位で買ってたから……今更、一円玉を潰して手に入れる描写すると不自然でしょ……
        アルミ缶を輸入した方が、まだ説得力ありますって。

        (´・ω・`)美味しそうなネタなのに、使えない?!そんなぁぁぁぁ!

        削除
      2. 窓枠とか、門扉、後アルミは、建築用の足場材や脚立に梯子、ホームセンターに行けばパラダイス状態

        削除
      3. (´;ω;`)最強じゃのう
        (生態系の方が金になるじゃろうけど)

        削除
    4. エイプリルフール
      パルメさんは佐賀県民の契約社員で39歳

      返信削除
      返信


      1. (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)なぜ、わかった……滋賀県民じゃない事を……

        (´・ω・`)お主……諜報機関のものじゃな……?(エイプリル・パルメ)

        削除
      2. パルメさんは今年の冬、なろうで包囲┌┤ ̄ ̄(●●) ̄ ̄├┘殲滅陣で再デビューする

        削除
      3. (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)つ、つまり、先生は複垢していた……

        (´・ω・`)

        削除
    5. 年収おいくら?

  • ブログパーツ