タ行にゆっくり戻るよ!

トゥルーラブストーリー


             ,,,,,,--..一::::'⌒::::ー::,,,、
             /:::::::::::::::::≠:::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::/ー------,,,__丶::::::::::::::::::::丶
         /::::::::::::::/``ー---- ,,, 、_|:::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::/          V:::::::丶::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::ト、          |::::::::::::丶::::::::::::::|
       |::::::|:::|-l (        ,,-ー--|::|:::::::::::|::::::::::::::|
        ~~|.| /⌒丶         ノ|::|:::::::::::|::::::::::::::|
         |:|  /~:o)      '’⌒丶 i-|_|::::::|:::::::::::::|
         |:|  |;::::ノ        /~::o)ヽ '~~|::::::::::::::::|
        | 〃 ー-"        |::::;;;ノ丿  ::|::::::::::::::::|
        |/     ノ::        ー-'",, ::/:::::::::::::::::|
       /;|     く:::           '' ::/::::::::::::::::::/
       /:::::,,               ::::/::::::::::::::::::/
      /:::::::::::\   ー---      :::::/::::::::::::::::::」
      /:::::::::::::::/\         :::::/::::::::::::::::/
      |:::::::::::レ'   \     _ 一 /:::::::::::::::/
     .|:::::/レ"      `-一 l:::'''   /::::::::::/
     |/         //|    |:::::::/
                / 」r-一~~|:::::/\
               /| 「~|   ,,::レ" -一\
              / V ||  //  \ ヽ 
              | ( .|V /      > ヽ 
               |  V| )      //⌒ヽ
                 |  |     / /    ヽ



プレイヤーは高校2年生(3のみ中学3年生)の男子生徒となり、ゲーム終了までの間に女生徒と仲良くなり、デートに誘い、最終的には愛の告白をすることを目的とする恋愛ゲームである。

平日は校内を移動して人に会い、イベントを発生させつつ友好度と憧れ度を上昇させていく。友好度が上がれば、下校時に一緒に帰れるようになり、更なるパラメータの上昇が望め、最終的にデートに誘うことが可能になる。

このシリーズ最大の特徴は、下校会話と呼ばれる一種の会話シミュレーションパートであり、ここで好感度を上げ、寄り道デートや休日デートに誘わなければならない。

基本的には、各作品ごとに舞台や登場人物が異なっており、作品ごとに世界観の共有や人物の関係性などはない。 

転載元 ウィキペディア



魔王院家の日常 【完結】 DWWの館     2話  
主人公が身長3mの化物だったら・・・というお話さんだね。たぶん、原作を知っていたら、車すらも追い越すような速度で走るシーンとか、日常シーンを比較して大笑いできると思うけど、原作知識0で読んだら辛かったorz
         
         
タ行にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ


カウンター日別表示