ゆっくり戻るよ!

海腹川背

『海腹川背』はアクションゲーム。主人公の「海腹川背」という名前の女の子を操作し、ゴムロープの先に付いた釣り用ルアーを天井や壁に引っ掛けてターザンのようなアクションをしながら、ゴールとなるドアを目指すものである。なお主人公は説明書では親しみを込めて“さん”付けで紹介されている。

障害物や敵を除けながらドアに到達し入ると次のフィールド(面)に進め、ドアが2か所以上設置されているフィールドでは入るドアによって次のフィールドが異なる。最終ステージとなるフィールドと最終フィールドへの到達ルートは複数ある。フィールドによって難易度は様々で、中には、相当の鍛錬を積まないと到達できない上級者向けの難所もある。敵キャラクターは、金魚・どじょう・たにし・鮪・蛸など全て河川・海洋の生物である。

シリーズ名である「海腹川背」の本来の意味は「海の魚は腹に、川の魚は背に脂が乗っている」という板前用語、とゲームの説明書では説明されている。他にも、「魚の焼き方に関する格言」「盛り付けを指す言葉」等、意味については諸説ある。「川背海腹」という言い方がされる事もある。本来の板前用語としては「川腹海背」もしくは「海背川腹」である。

また、Windows用スクリーンセーバーソフトである『海腹川背さんセーバー』がフリーウェアとして、キャラクター制作者の近藤敏信の公式サイトにて公開されている。
(wikiから転載)


求道者の小さな誇り (二次創作)   DWWの館  S     
 河川・海洋の生物が敵モンスターなアクションゲーム「海腹川背」とスペランカー二次創作 無謀と無惨とのクロス作品さんだね!

貴重な資源採掘のために、森林資源を傷つけまくったから、化物みたいな力を宿した昔の亡霊が大暴れし、それを沈めるために美味しい料理をだす所が美味しそうだった。

皆で作るご飯が一番おいしいってのが中々に心温まる終わり方だったよ!
         
         
         
<
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ

 
カウンター日別表示