カ行にゆっくり戻るよ!

クルクルランド

主人公である球形の生物グルッピーがクルクルランドに隠された金塊を見つけ出すというストーリーのアクションゲーム。同年アーケードにてリリースされた『VS.クルクルランド』の家庭用移植作品にあたる。

1992年4月28日にはファミリーコンピュータ ディスクシステムにも書き換え専用ソフトとして登場した。こちらはアーケード版のほぼ完全移植となっている。カセット版では登場しなかった金塊の配置(各ステージ4種ずつ増えている)、音楽の変更、ボスウニラの登場、EXPERTモードなど追加要素が多く存在する。こちらは書き換え期間が短かった為、中古市場で価格が高騰している。任天堂最後のディスクシステム専用ソフトだった。

(wikiから転載)



海底の叫び 【短編】 DWWの館   AAA  【短編】  2012/6/11 
犯罪組織が幅を利かせている国で、漁師さん達の漁場がフィールドになってしまって困るお話さんだね!

ヒーローはいるけど、先進国基準の値段で行動しているから、貧乏漁師達がますます貧乏になっている有様だよ!


1、異形と不死者と、誇り高き騎士 --常に移動していなければ、体が破裂してしまうと言う、おぞましい土地クルクルランドからやってきたグッピーと、不老不死のスペランカーのお嬢さんが超危険地帯を冒険するっ!グッピーは故郷の一族が餓えないように、圧倒的な身体能力を生かしたお仕事さんについているのだ!--
(´・ω・`)キャラの名前見ているだけで、ああ、全員古いキャラだなーと思って笑ってしまう。

2、狂気の船 --船の中は生前の姿で豪華客船の旅行を楽しむお客さん達の・・・幽霊だらけだった。スペランカーは幽霊達に身体を食べられ、いつも通り捕食している側の身体が吸収されて粉砕する--
(´・ω・`)なんて相性が良い敵なんだ。勝手に自滅しているよ!

3、悲劇の真実 --タイタニックと同じように氷山とぶつかった豪華客船での悲劇は、資本家が社会的な権力で食糧を独占し、水夫達が餓えた事が原因だった。水夫達が激怒して資本家をぶち殺して、女子供を凌辱して海に捨てたのである。食料も足りなくなって殺し合って食べて、救助がくるまでに1300人が7人に減っていたおぞましい事件だった--
(´・ω・`)良い感じに鬼畜エロゲーで、悲劇だけどエロいと思ったパルメは終わっていると思った。

4、突入 --イギリスによって蹂躙された人々の怨念の塊的なボスキャラさんは、触手でスペランカーを何十回も殺害した。だが、何度やっても再生してくるので、逆に恐怖し、どんどんスペランカーが有利になっていく。--

「一回の探索でも、少なくて四十から五十。 多い時は二百回。 日常生活をしていても、死なない日なんて、無いくらい。 父さんが、命と引き替えに、私の幸せを願ってくれた能力だから、嫌いでもつきあっていくしかない。 その過程で、嫌でも慣れたよ」
(´・ω・`)スペランカーのこのセリフをみるために、パルメは小説を呼んでいるのかもしれない。毎回ワクワクする。

5、死闘 --本当のラスボスさんが現れて、皆は力を合わせて倒した。1300人の犠牲者+数万人の植民地支配で犠牲になった亡者達が浄化され平穏が戻ったのである--

6、闇のまた闇 (´・ω・`)すごく規模の大きい保険金殺人事件だった。事件の裏の裏がすごく暗いね。
         
         
         
<
カ行にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ

 
カウンター日別表示