ハ行にゆっくり戻るよ!  八段階評価+ア行

氷菓 【完結作品 (古典部シリーズ)


氷菓 人気キャラ投票所  (´・ω・`)話は地味だけど作画が凄いね。 2012/5/3 
雑談所 (´・ω・`)掲示板だよ。ゆっくり書きこんでいってね!2012/5/5 

アニメ感想】【氷菓 1クール】【2クール
      / .:::::::::::::::::::::::::::::|/l::| ∨;::::::::::::::::\ \:::::::::∧:::::::::::::::::::::∧::::::::∧ 、
       .′.::::::::::::/:::::::::i::::::l斗+ミ∨/>─一'’ `ー=ミ∧:::::::::::::::::::::∧:::::::::ヘ  ヽ
       .::::::::::::::::::::::::::|::::::| ';{  ‘´         、ァ≠ミk\:::::::::::::::::::ヘ::::::::::::.    
       ..::::::::::::::::i ::::::::::l:::{∧ '             7' rfヘ ヾ ヽ:::::::::::::::::';::::::::::::.、  ',
     i::::::::::::::::::::| :::::::::::、/ 、ァ=ミk         r'゚ _},ハ  ',  ∨::::::::::::::::::::::::::::.\
     |:::::::::::::i::::U::::::::::.〈 7′ rfヘ          弋, ‘゚‘ァ     |;:::::::::: :./:;:::::::::::.  丶
     ∧:::::::::::|::::::: :::::::: |V]  r'゚ _},ハ          `゚¨´       |/:::::::::: ::./:;∨:::{\  丶
    '  :::::::::/|::::::: :::::::: | 代 弋, ‘゚‘ァ            、丶`   |∨::::::::: :::./ |ヽ::.、 @
  /   }:::::::/|::::::: :::::: 个トミ,_ `゚¨´       、             :|_,∨:::::::: :::Y ∨:. U
       |:::::::/|::::::: :::::::/トミ=-   、丶`                  i|:::::∨:::::::::::::'|   V::. l
       |:::::::/|;:::::: :::::::/ト  ',          rァ   ⌒ヽ       八::::::∨:::::::::::ハ  i::::.l
       |::::::i/|/:::::::::::::/|__∧       l′      }      イ`'マ≫∨:::::::::::::.  |:::::i
       |:::N/|/:::::::::::::/|::::::::::::\      、     /    .  ',  `'マ'/::::::::::::i:、|:::::|
       |:::| Y/:::::::::::::/\::::::x≪ト ,_       ー一  ,  ′ }      |/:::::::::::トミ;_:/
       |::.、 W:/::::::::::::∧x≪ア´   /}〕=-   ,_   /  {  ,      |/:::::::::::|  〉、
       人::::、|  く;:::::::::::::ヘア     ∧  \   ̄       ′    |/:::::::::::;  /
 .        \{\ \:::::::::::::\     /\           /       /:::::::::::/ /

(´・ω・`)話は地味だけど、それを感心させるほどに、それで物語を作っている所が凄まじい作品さんだね。

アニメは京都アニメーションがやっているから、とても芸術的で美しいアニメでゆっくりできた。


 吊るされた男のエピローグ【短編】  ハーメルン 作:天木武   S 【短編】     2012年11月18日
     
(´・ω・`)「愚者のエンドロール」のエピソードの後日談って奴だね。本来の脚本を考えた本郷の親友【江波倉子】がやってきて、主人公に謝罪し、また新しい謎っぽいものに主人公が気づく斬新ストーリーさんだよ。

少しだけホラー要素・・・げふんげふん。


●「愚者のエンドロール」は、映画の脚本の続きを、映画と周りから集めた情報で、主人公さんが全く見当違いの方向に映画を作っちゃったエピソード。
●主人公が一度大きく間違えた事に気づいて、誰も死なない脚本こそが、本来の脚本の続きだって理解し、斬新で皆が納得するような脚本を主人公のチート頭脳で作って欲しかっただけの事に気づくお話さん。
●本当に主人公はチート頭脳って奴ですのぜ。




 「だから、先輩が俺に対して何かを気に病む必要はありません。むしろ、俺は自分の間違いに、『特別ではない』と気づけたことで天狗にならず、変わらずにこれまでの生活を送れるらしいとわかりました。改めて自分の身の丈をよく知ることが出来た。それだけでもいい経験でした。……要するに俺が言いたいことを掻い摘むなら、全く気にしていないからそちらも気にしないでくれ、そして元々書かれようとしたラストも気になったのは事実だった、そういうことです」

(´・ω・`)主人公はとっても優しい女の子に弱い男って奴。

灰色の高校生活を送りたいのに、優しい女の子のせいで活気溢れる高校生活をやりそうな有様だよ。

(´・ω・`)原作の雰囲気を出しながら、難しい話やっているから、とっても難易度の高さを確認できる二次創作だった。
気にならない理由 【完結】 作者;アヒル  AA  2話  2012年07月19日
 (´・ω・`)すごく内容が気になる小説だね。

すごくチタンダと原作主人公との間に、恋花が咲くような伏線があるから和むけど、すごく中途半端な所で終わって気になった。

主人公に遠慮して、他の人物に質問しまくった時の差異とか、そういう所から話を読みとるんだと思った。
 隣に立つのは【完結】 作者;アヒル AA 2話 2012年07月21日
主人公とチタンダの仲を近づけてやろうとする二人の善意だね、

あんまり効果がなさそうな所が少し和んだ。
 
ハ行にゆっくり戻るよ!  八段階評価+ア行
ブログパーツ


カウンター日別表示