ゆっくり戻るよ!

赤ずきんちゃん


赤ずきんちゃん「ゆっくり村から離れた場所に住んでいるお婆さんの元に、ご飯をお届けにいくよ!」

狼「ゆわあああっ!!!美味しそうな人間さんだね!

先回りして、お婆さんから食べるよっ!

むしゃーむしゃー!よぼよぼのクソババァだからそれなりー!」

赤ずきんちゃん「ゆっくりお婆さんの家に到着したよ!

・・・どぼじでぞんなに身体が可笑しいのおおおっ!!??!!

明らかに人間とは違うような形態でしょおおおっ!!!!!!

ぎゃあああああああっ!!!大きな口に食べられりゅうううっ!!!!!!」

狼「むしゃーむしゃー!し、しあわせえええええええええっ!!!

若い女の子は脂が乗っていて最高だよおおおっ!!!!!!!

これめっちゃうめっ!まじぱねぇっ!

満腹だし眠ることにするよ!グーピーグーピー!」

漁師さん「・・・とてもゆっくりできない狼がいるよっ・・・!

二人が行方不明なのはこいつが原因だね!制裁だよ!制裁!

ハサミでお腹を斬ってあげるよ!」

赤ずきん「華麗に可愛い美少女がお腹から脱出したよおおおっ!!!!

もう、ゆっくりできない狼さんは制裁だね!制裁っ!

石を大量に腹の中に詰めてあげるよおおおおっ!!!!

ねぇっ!どんな気持ちっ!?逃げる事すらも出来ずに人間の少女に拷問されて殺されるとかどんな気持ちなのおおおおっ!!!!!

もう、人間の役に立てるようにバラバラにして、毛皮さんにしてあげるよおおおっ!!!!」


狼「ゆ、ゆんやー!」

作品名 掲載サイト名 評価 話数 最終更新日
 もしも童話『赤ずきんちゃん』の猟師が事の顛末を最初から見ていたら【短編】  作者:解樹 幻章  

S 

【短編】  2011年 12月13日 
(´・ω・`)漁師さんが最初の所から狼の行動を見ていたら、ひたすら狼の行動が物理的にありえない事にツッコミを入れまくるコメディ小説だね。

(違うだろおおお!?何で耳だけピックアップしたんだよ!?
 つうか何?『おっきくなった?』とかそういう問題じゃねぇだろおが!?顔見て気づけよ!?お前の婆ちゃんこんな顔だったか?)

(通用したああああああああ!?
 このガキの頭ん中は一体どーなってんだよ!?どんな教育受けてきたんだよ!?) 
 

(´・ω・`)グリム童話もこんな感じにツッコミを入れまくったら、楽しい二次創作が作れるなーという可能性が見れたような気がしたよ!そこらへんがゆっくりできて笑えた!


ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ ブログパーツ

 
カウンター日別表示