戻る(・ω・`)

宇宙戦艦ヤマト 管理人の文章【2】-【12】 
 9話 「時計仕掛けの虜囚」  → 人間とロボットの境界は何処にあるか?


カウンター日別表示


                        
                    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
                  小;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:/ ̄ ̄ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                  ∨;:;:;:r、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/      ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                 ヾミ |  `¨''ー-f´           L;:;:;:;:;:>ミ;;;:;:;:;:|
                   `|       〃´       `ヽ::l r |;:;:;:;:|
                       |    `ヽ  ム=ニ二o二フ    | |ソ |;:;:;:;:|
                   ヽ弋二ニPY   `           ;; |;:;:;:/
                        ヽ    | i              ト-へ/   人間とロボットの何処に違いがある?
                       ヘ.     | i             l 保安部の責任者とか、外道すぎて
                      ヽ.  t___ ´           |   ロボットだろ?
                _             ヽ  ー─一       / |  ンヘ
   ─一yへ〜/ー´/ イヽ-z=======ミ  ゙゙゙゙       /  レ':::::::::|
     ./:::::/ (:::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:ゝ、____. イ_,;r<´::::::::::::::::|ヽ、
    └‐┘ └┘ /z───────-|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::
                          ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡ヘ::::::::::::
                         /`::ー───r一'''´   \:::::
                         〉::::::::::::::::::::::::〈
                |               /::::::::::::::::::::::::::/
                |   、          /::::::::::::::::::::::::::/
        ̄ ̄`ヽミ|   |ヘ      /::::::::::::::::::::::::::/
               |    |::∧      /:::::::::::::::::::::::::/
               |   |::::∧.    ↓::::::::::::::::::::::↓
←前のページ  次のページ→ 
 9話 「時計仕掛けの虜囚」  → 人間とロボットの境界は何処にあるか? 2014/6/7

 (`・ω・´)機械にも人間の心が宿る。
とっても日本人らしい内容だったよ。(やおろずの神的な意味で

宇宙戦艦ヤマト2199】 
神回 9話 「時計仕掛けの虜囚」   (´・ω・`)これは良いSF
画像つきの解説は↑だよ 


簡易ストーリー解説(ゆっくり)2014/6/7
ガミラスのロボット兵を回収したから、ヤマトたちは少しでも情報を引き出そうと、ロボット兵をアナライザーを通じて、色んな情報を与えたら・・・逃走した!

アナライザー「この鑑のロボットだよ!
何でも出来る凄いロボットでごめんねぇ!
ロボットの友達が出来て最高だよ!」

ガミラスのロボット「地球の常識をどんどん教えられる有様だよ。
犬とか、猫とか、哺乳類がいるんだね。
・・・・・あれ・・・俺の中に・・・・何かが入ってくる?
女神様に会いたいいいいいい!!!!
イスカンダル人がいると理解したから、ゆっくりせずにそこまで移動するよおおお!!!
イスカンダル人は、ガミラス人の恩人さん!」

宇宙戦艦ヤマト「「ガミラスのロボット兵が逃亡して大変だよおおおお!!!!!
自爆機能つきだから、やばいいいいい!!!!!
もしも、重要な装置を破壊されたら、イスカンダルにいけなくなってしまうよおおおおおおお!!!!
保安部は対処してね!すぐでいいよ!」

保安部「ゆっくりせずに理解したよ!
ロボットだから壊してもいいよね!」

ガミラスのロボット「銃撃してきて怖いいいいいいい!!!!!
ゆっくりせずに這い回って逃げるよおおおおおおお!!!!!
人間じゃ通れない場所を通って、クラッキングして、逃げるよおおおお!!!!」

真田さん「ロボットといってもね!
人間と同じ様に心があるんだよ!」

保安部「え?それがどうかしたの?
殺せばいいんだよ!」

ガミラスのロボット「このままじゃ、自爆装置が勝手に作動しちゃうし、どうすればいいのおおおっ?!!!!」

結果は?

ガミラスのロボット「友達のアナライザーに不意を突かれて、電子頭脳を破壊されてゆんやっー!」

アナライザー「人生初めての友達を殺して辛い。」

人間とロボットの境界は何処にある?


 (`・ω・´)人間とロボットの境界は何処にある?っていうお話さんだった。
以前見た時は理解できなかったけど、イスカンダル人がヤマトに乗っているから、ロボット兵が逃げ出して、イスカンダル人の所まで行こうとしてたんだね。
 
(`・ω・´)人間とかロボットとか、特に気にする必要はないよ。
人間は同じ人間の事を動力つきの原動機程度に考えていた時代もあったから、深く考えても意味はない。
時代に合わせれば良いよ。



 (`・ω・´)話に出てくるロボットの少女がとても可愛らしかったです(小並感

 (`・ω・´)  機 械 人  間 に な り た い。

←前のページ  次のページ→ 

 

  1.  

戻る(・ω・`)
ブログパーツ ブログパーツ