小説家になろうB501-1000記事欄に移動するお
ゆっくり戻るよ!
ブログに移動。 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
小説家になろう 【816
【漫画】●「焦土戦術やったルークって、戦後どうなると思う?」包囲殲滅陣


カウンター日別表示

これはあれだこの焦土作戦で大陸全体が荒廃するんだよ

返信削除
返信
  1. ルークって、故意に大陸全土を混乱に陥れて、その隙に独立を果たす下克上を狙ってるんじゃ無いかと思うんだよなw
    ルーク一世陛下狙い。

    削除
  2.  足利義政 弟を将軍にする約束したから、細川もそうおもうよね

     細川勝元(幕府歴代重臣) 将軍様の仰る通り

     日野富子 息子が生まれたんだから、息子にしましょう

     山名宗全 奥方様の仰る通り、われ等にお任せあれ。

    結果、京都は廃墟、中央や守護の力が弱まり、守護代とか国人が力を持つようになり、戦国時代に突入。

    北条早雲(計画通りー) 乱で弱まった中央の力が及ばない関東で無双

    削除
  3. 実際、天才的戦術(笑)で大陸中を荒らした後に、かー民衆に担がれて王になっちまったわ。つれーわーwとか良いながら王になるんじゃねw

    削除
  4. ttp://ncode.syosetu.com/n0612dm/77/

    最新話のスーパー太鼓持ちタイムがぶっちゃけキモイw

    削除
  5.  その惨状さんじょうは、信じられない思いだった。
     明らかにエジンバラ皇国軍が自分たちでやったのだろう。
     シリルカの街全体が燃え尽きた炭のようになっていて、まともに使える設備や食料は残されていなかった。

     もちろん、人っ子一人残されていない。
     金貨や重要な貴金属はすべて運び出された後だ。

    「リリ、何これ……? エジンバラが、自分で自分たちの街を焼いたってこと?」
    「そうとしか考えられないよね」

     燃え尽きて灰のようになったシリルカの街を、騎乗したまま私たちがゆく。
     ルークがよく使っていたと思われる冒険者ギルドも、おそらくこの街で泊まっていた宿屋も、武器屋も屋台も。

     すべてが燃えてしまった後だった。

    「これは……もしかすると……」

     途方もない恐怖が、体の底からこみ上げてくる。
     こんな戦い方をするなんて、想像の範疇外はんちゅうがいだった。

     私は、ビーチェと顔を見合わせて言った。

    「「焦土戦を仕掛けられている……?」」

     女子騎士2人の意見が一致する。

    「これマジで自分たちで燃やしたの? 普通、そこまでやる? 相当にえげつなくない、これ……?」

     私もベアトリーチェの言葉に同意する思いだった。
     ルーク……あなたはここまでやるのか……。

     ユースも苦々しい顔で首肯する。

    「間違いないだろうな。エジンバラも相当に思い切ったことをする」

    「どうするんですか、ユースさん。あたしたちは、長期の戦闘に耐えられるだけの補給は望めないんですよ! 糧秣りょうまつも、ギリギリの量しか持たされていない。エジンバラの豊富な資源を略奪できないとしたら、この先、どうやって戦っていけば……」

     ビーチェが泣き声のような悲鳴を上げた。

    「おそらく、周辺の村や街、田畑は全て焼かれているだろうな。考えうる限りの最悪の事態が訪れる……。リリ」
    「はい、なんでしょうか」

    「我軍の食料事情で、どれだけの期間、戦える?」
    「そうですね……兵に分配するパンやスープを半分に減らしたとして、あと2週間というところでしょうか」

    「かなりギリギリだな……」
    「ユース騎士に、私から提案申し上げます」

     ユースの瞳が、私の蒼色の眼を捉えて頷いた。

    「言ってみろ」
    「ウェルリアの政治事情により補給および撤退が認められないのであれば、早急に皇都を目指すべきです。まさか政治の中枢である皇都すら焼いているはずはないでしょう。ならば、余力があるうちに皇都を落とすべきです」

    「道理ではある。ベアトリーチェ、貴様はどう思う?」
    「あ、あたしの意見ですかぁ……? いやぁ、政治や戦略はとんと疎いものでして。リリと同じでいいんじゃないですかね?」

    「グズか、貴様は」
    「かちーん……」

     ベアトリーチェは静かにキレていた。

    「ともかく、戦闘資源が略奪による回復が望めないのであれば、我軍の破滅は秒読みに入っている。リリの言ったように、早急に皇都を到達し、落とすしか活路はない。軍に通告しろ、強行軍を敷くぞ!」

    「はっ、了解であります!」
    「了解でーす」

     ユースの命令に、私とベアトリーチェが敬礼で応える。

     しかし……と私は思う。

     皇都に至るまでの道に、あのルークがトラップを仕掛けていないはずがない。
     焦土戦は必ずどこかで反転攻勢がある。

     その時を迎えるのが、怖くて怖くてしょうがなかった。


    (´;ω;`)うむ、見事に主人公すげぇぇえぇぇぇ!を描写できておるのう……。
    @ここまで徹底的に焦土戦をやるなんて信じられない!
    Aきっと、この先もずっと罠だらけだわ!
    B食料が少ないよ!どうしよう!(歩兵がもてる食料は数日分なのが現実

    削除
  6. どうでもいいけど、一日で皇都につけたとして、二週間位で皇都落とせるの?
    一応、敵首都の攻城戦だろ?
    平城なん?

    削除
  7.  大戦中に食料の支給を落とすと、目に見えるほど戦闘力が落ちると、指揮官が言ってた。その目安が5合だそうです。

    食事を半分にした軍隊なんてただ生きているだけで、まともな戦闘なんて期待できませんよ。馬の飼い葉とか水だって調達できないだろうし。
    畜生は人間と違って腹が減ると、言うことを聞かなくなったり、丈夫な馬でも、わりとすぐ死んだりする。

    削除
  8.  ナポレオンと戦った アレクサンドル1世もモスクワが陥落寸前までは焦土作戦はしてなかったんだよね。

     食料の運び出しや街を焼いたのはモスクワだけで、他はそれなりにあった、前線部隊の手紙から「我々は食料豊かな地域に到達した」とか手紙がナポレオンに届いている。
     ただ、帰り道や他の部隊が通った後は、当然、そこの地域の食料や資源は無くなるわけで、補給線なんてろくに整備されてないから、凍死寸前や腹ペコで敵の追撃を受けて、損耗していたっだけ。
     よく、皆がロシアが焦土戦やるってのは勘違い、補給戦が長くなるから、勝手に敵が物資を食い尽くして自滅してくだけ。これは、鉄道や自動車を作戦数では十分にそろえたヒトラーでも同じ。

    削除
  9. もう、ルークヨイショしてる女どもで、農地に塩まいて水路を徹底的に破壊して帰国しちゃえば良いのに。
    しかも、唯一の交通の便の山岳地帯を丸々くれたんだろ。
    そこを逆に制圧してふさいでおけば良い。

    削除
  10.  三国志演技のエピソードで、曹操が兵士の食事を減らして粘る事を思いついた部下を称賛し褒美まで与えたが、兵士からの不満が上がりまくりで、褒美を与えた部下を横領の罪で処刑して不満を抑えたというのがあったなあ。
     史実でも似たようなエピソードがあったそうですが 


  内政チート
【漫画】●「焦土戦術やったルークって、戦後どうなると思う?」包囲殲滅陣 2017
7/6


★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ぶっちゃけ、ルークって戦後はどんな感じに扱われると思います?

†(´・ω・`)まず反逆罪で牢屋にいきます

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)うん

†(´・ω・`) 焦土戦をやったのは、皇国を荒廃させる謀略があったからと国が発表します。
これで貧民に転落した犠牲者達の怒りの矛先が、ルークになります。(焦土戦のために財産を失った連中は貧困層になる)

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひでぇ……

†(´・ω・`)ルークを公開処刑します。
もちろん、反逆罪って酷い刑罰が多いから、苦しんで死ぬ処刑方法ですって感じかのう?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)別の道はないの?

†(´・ω・`)ロイさん使って、王族をほとんど殺して、姫様と結婚とか、そういうルートなら生き残れるぞい。

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)逆臣だよ!?それ!


小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ

内政チート☚まとめページ


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ