小説家になろうB501-1000記事欄に移動するお
ゆっくり戻るよ!
ブログに移動。 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
小説家になろう 【803
●「砂糖は肥料になるんじゃよ!」異世界征服


カウンター日別表示
 

  内政チート
●「砂糖は肥料になるんじゃよ!」異世界征服 2017
6/19



農民(´・ω・`)肥料がなくて困ったお


主人公(´・ω・`)砂糖を肥料にすれば良いんだ!

農民(´・ω・`)でも、それだと虫が集まって作物が荒らされちゃうよ?


主人公(´・ω・`)食虫植物を植えればいい!


農民(´・ω・`)しゅげぇぇぇぇぇ!!!アンタ天才だよぉぉぉ!!!

http://ncode.syosetu.com/n7139de/52/

「えっとだね……土に砂糖を撒くのはどうだろうか」

 「砂糖……ですか? アレが肥料になると……!」

 驚いたように目を丸くする老人。それにケーレスはこくりと頷く。
 砂糖に含まれているブドウ糖は人間や動物の栄養源になるのは当然の事で、植物ともまた例外ではない。
 土に引かれている水に砂糖を流し込む事で作物にブドウ糖が行き渡りその栄養ですくすく育つのだ。

 「ケーレスの案は悪くない。だが、一つ肝心な事を忘れている」

 「肝心な事……?」

 私の意見に首を傾げるケーレス。そんな彼女の美しい髪を撫でながら。

 「砂糖を撒けば虫が集まり作物が荒らされてしまう」

 「ああ……そういうことか。言われてみればそうだね」

 自分の意見の欠点を指摘され頷くケーレス。だが、その可能性も考慮していたのか、打開策を明示する。

 「それなら食虫植物を植えれば良いんだよ。作物と食虫植物。それを交互に植える事で虫が来ても植物がそれを防いでくれる」

 「ふむ……悪くない着眼点だな、ならばそれを実践してみよう」

 今回はケーレスの奇抜な発想に委ねる事にする。私の発想でも肥料問題は解決するが普通すぎるのだ。
 彼女の死神的発想。その発想は人智を超越した考えは見ていて飽きない。
 私とケーレスは農民たちに食虫植物を植えるのと砂糖を撒くことを指示をする。

 「な、なるほど……食虫植物にそんな使い道があったとは……同じ人間の発想とは思えない」

 「砂糖が肥料になるなんて、予想外だぜ」

 私たちの発想に驚きつつも彼らは言われた通りに農作業に勤しむのだった。
★★


★★★

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!?砂糖は肥料になるのかー!?

†(´・ω・`)ウンコを肥料にした方がコスパがいいぞい
江戸時代とか、家賃収入と同額になるくらい、大家さんは住人のウンコを転売して大儲けしておったし……

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ウンコが資源チートすぎる!?

†(´・ω・`)ウンコは最強じゃな?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)で砂糖は?

†(´・ω・`)……わからん。考えたこともなかった。
作者の発想力は天才すぎてやばいのう……誰も考えたことがないことをやれて最強ぞい。
 


小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ

内政チート☚まとめページ


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ