小説家になろうB501-1000記事欄に移動するお
ゆっくり戻るよ!
ブログ欄(ジャンル別)に移動するよ。 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
盗作家になろう 内政チート
小説家になろう 管理人の文章【553】
「古代世界をちゃんと勉強していて凄い」最下位職から最強まで成り上がる

カウンター日別表示

 


 

32話:次なるステップ


領主様の税金が高すぎるのも、問題なんだよな……」
「あぁ。現物で穀物を納めてる農民たちも、重税に悲鳴を上げてるよ」

「チッ……。金貨10枚や20枚を1日で稼ぐヤツがいると思えば、俺たちの仕事はなんなんだって話だ」

「朝起きて食う飯が、固いパンを水にひたしたものってんだから、俺たちは報われないな」
「まったくだ」

 彼らの話を聞いて「こういう世界なんだよな」と、僕は改めて思う。
 冒険者になってレスティケイブで狩り出して、魔石でその日を十分に暮らしていけるだけの収入をあげていたが、冒険者なんてのはこの世界では超エリートだ。

 本来は彼らのような地道で苦しい生活が基本だ。
 僕もロロナ村で暮らしていた時は、その日を生きていくだけで精一杯だった。

 そして、肉体労働者の彼らのことだけではないが、こういう店での客の愚痴や雑談というのは、領主にとっていい情報収集の場となる。

 街人たちが何に不満を感じているのか、領主の圧政に耐えかねて武力蜂起を起こさないか。
 そういうクーデターの兆候をつかむことができる。

 ロドリゲスさんはそうではないかもしれないが、だいたいこういう店の店主は支配者層・地方領主と通じている。
 だからかもしれないが、愚痴をこぼす客達に対して、店主のロドリゲスさんは淡い微笑を浮かべたまま、調理を続けていた。

ジャンル別  内政チート
「古代世界をちゃんと勉強していて凄い」最下位職から最強まで成り上がる 2016
10/1


(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ー。
古代世界をちゃんと勉強して書いてますー!




(´・ω・`)メソポタニア文明とかの居酒屋じゃと
『権力を脅かす連中を通報しないと、女店主は処刑』されていたらしいしのう。
この作者はちゃんと、古代世界の事を勉強しておる証拠じゃな?





(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(でも、なんで勉強しているのに包囲殲滅陣なんてやってしまったんだろう……)

300の素人で敵軍五千(空軍付き)を包囲して殲滅してしゅごい」 最下位職から最強まで成り上がる


(´・ω・`)でも、普通のなろう小説より面白いじゃろ?
面白ければ、内容なんてどうでも良いんじゃよ。



小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

24 件のコメント :

  1. (´・ω・`)ゴミを集めた300の軍勢で、5000を包囲!
    包囲殲滅チートする!

    古代世界(´・ω・`)メソポタニア文明辺りの事を勉強しただろうに、どうしてこうなった……

    返信削除
    返信
    1. 居酒屋の世界史とか、読みやすくて面白かったですよ

      冒険者ギルドって存在が出てくる前のファンタジー物では、酒場が依頼の斡旋他全部をやっていた理由がよく分かる

      削除
    2. そりゃ文化史と軍事史はまったく別物ですし。
      例えば現在の流行の音楽とか映画とかを知ってても
      自衛隊の戦力と戦術知ってるかといわれても
      軍事ヲタでもなきゃわからんよ。
      まったく別のジャンルだもん

      削除
    3. 領主居るんなら侵攻の時は何をしてたんだろう

      削除
    4. 古代史…そうか敵だけ中華的に号してたんだよ!
      つまり実際はただの農民反乱並の敵でゴブリン500ぐらいしかいなかったんだよ
      勿論航空兵力なんているわけもないし隊列も組めるわけがない
      これなら傭兵300でも余裕だ

      そうであったらいいよね

      削除
    5. 酒場で見つけたロイさんて人がくっそ有能なア人材らしいね
      なお主人公の指揮官としての才は

      削除
    6. 別に古代史勉強しなくても使い古された話じゃん。
      領主や貴族の部下・元部下が酒場を経営していて、たまに情報流したり、密偵が他国で酒場経営しながら情報収集したり。

      削除
  2. 古代でもテルモピュライの戦いとかいうなぜ虐殺じゃなく戦いとして成立したのかわからない戦争があったし……

    近代戦でも近代化した軍隊が圧倒的に数にも装備にも劣る側にアホみたいな負け方した事があるからなにがあるかわからないじゃない

    返信削除
    返信
    1. 現実は小説よりも奇なり
      って事を、小説読んでると
      結構忘れがち
      こんなのリアルじゃない!って言う人が結構いるが
      どんだけリアルに詳しいんやら

      削除
    2. リアル先輩がガチになったらリアリティなんてワンパンだから

      削除
    3. 兵や指揮官に差があれば300対5000で勝つ事自体はありえないとは言わないんだが包囲殲滅がありえない
      少数でどうやって囲むのかも分からんし、無理やり囲んでも方位が薄くなるから突破されやすくなるしでどうやれば包囲殲滅なんて出来るのか・・・

      削除
    4. 読んだ感じだと、前方、左右斜め後ろの三方向から殴りつけることを包囲殲滅と呼んでるだけっぽい・・・

      削除
    5. やたらワンフレーズを連呼するのに、使った言葉の意味をよく知らないパターンが多いよね、この人。

      その適当っぷりと極々一部だけ妙に詳しいアンバランスな知識が相まって絶妙の突っ込み待ちを醸し出している。

      超一流の突っ込まれ作家。
      そりゃパルメさんもその人気に嫉妬する。

      削除
    6. >前方、左右斜め後ろの三方向
      カンナエでも半包囲+後方から騎兵で突っつくって形を取ってたと思うよ
      だからカンナエの戦いを包囲と言うなら包囲してると言えなくもないかも?
      数が少なすぎるからガバガバだけどね

      削除
    7. カンナエの戦いが包囲←どう考えてもそう
      なら前方、左右斜め後ろの三方向から殴るのも包囲←???
      数の問題じゃなくて、別の戦術なんだよなぁ

      削除
  3. 主人公の故郷もこの街もノーガードでなぜか冒険者が戦ってるわけだけど
    領主って本当に存在するの

    返信削除
    返信
    1. 領主の軍は冒険者の後ろで機関銃を構える仕事についてます(ネタ)

      削除
    2. 領主(´・ω・`)民衆に重税をかけて、冒険者に報酬を払うだけの簡単な仕事です

      削除
  4. 最下位職から最強まで成り上がる
    タイトルの通り最強になるから邪魔する奴は指先ひとつでダウン。
    なろうだから最強になってハーレムになるんだろうなと思った読む気失せた。

    返信削除
  5. いや普通にメソポタミアの古代史真似てるのなら
    何故カンナエの戦いを読んで少しくらいは研究しなかったのかが問題
    正直4〜6個くらい色んなHP見て
    内容比較し考えたらすぐに分かるでしょ
    なんで他ので勉強してるのなら
    このおかしな戦闘描写をしたのかそれが一番の不思議よ

    返信削除
    返信
    1. (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)まず、頼りにならない雑魚を中央に置きます。
      雑魚が潰される前に、ローマ側の騎兵を挟撃して潰して、味方の騎兵を背後に回します。
      中央の歩兵が雑魚だから、ローマ軍に突破されて崩壊しそうですが、ちょうどV型の形で敵軍を包囲できました。騎兵で蓋を閉めれば完全包囲の完成です。

      3行でおしまい

      削除
  6. TRPGやっていると酒場の主人=支配者側とか割りと常識な話なんだよなぁ

    返信削除
    返信
    1. そしてプレイヤーの想定外の動きと、それをなんとかコントロールしようとするGMの苦労がセットですね? わかります。

      削除
  7. >面白ければ、内容なんてどうでも良いんじゃよ。
    たとえ文句や指摘を受けて一度は5000→500にしても
    何話か更新し別の所に目が言ってる隙に5000に戻して
    報酬金額や魔石10〜20ねこばばしたことの全体の釣り合いをとる

    そう、地味努力()チート()ならね

    返信削除
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ