ゆっくり戻るよ!

ソードアート・オンライン【6】-【3】 【三章 GGO編】 【前篇】
閃光の明日はB 

                        , -――_‐ァ'´
              、__, _‐ァ‐'_´_, -r‐二´_`ヽ、、
               ヽ __,  '  ̄ ー<、    `ヾ \
                ,r7´ .! 、      ` <_    `> ーァ‐'
              // ,  |     ヾ ー‐、---rニ=‐' 、ー ' ´
             ,r' ァ'/ !  、     \ 、 ∨ ハ 、  ∧
            ´ / ! ,' i  \ \ 、 `、\',   !  、   ハ
             /,  | | | , \ 丶|\ ヽ `l.  |  ヘ  `ヾ、                _
            ,r´   ,! |i ハ   `=、`=_ヾ、|  |   〉、ミ弋ー'       _ ....-‐<////
          -'-一' ´ハ |!/二_、、 =rrヽ_ヽ|  |_ /:::::)、|`ヽ  _ ....-‐<////////>=‐
              />、ヘ`lヾ'ぅ:lヽl\ ヾ,イっ:l「|7/, Y:::::/\`<////////>=‐ ' ´
             ,r"  ){゙ミ:、弋リ'   \ 、弋リ'゙|/rノノ-{\ ヽ\ヽ‐ ' ´
           _/ ,  /、゙>r弋     ,  ヾ`  ,/ r‐' ,_/<´\  ヽヘ
     _  __,rイY f /r≦| ` ヽ、   _      ノr7'-‐`  } ヽ\. Y
 _r,-ゝ-'≦¨¨≦从 ! ,'≦寺、   `>、`_, ≦f´"´   ノ 、 ヾ、∨`!
 ≦圭圭圭<>‐;'´;|N/l//_;| ` 、        ‐'´ >‐='′ ノ、  } ヽ |
 ≦‐'_,,,-‐;';´;Y///_ト、Y´, -ヘ  `>、  __  _ >´, '´   '´ ,r{ヽ   `!
 ;;∧//////_ν'-<`ヾ}'´ ヽl `_ 、ヽ  i^‐^「´       /f ゚l| \ ′         ,  -‐
 __∧__∠フ   __`,\‐'7'。´ _>ミr、¨ ¨ , ri:<__,ノ、└; |   \__ , -‐<´
 、      ̄ ̄    i! i!f-、,r'´ /〃 `‐'´ || r― 、 | }  〉 i! }    \  ´     _, ==
  ` > 、__       i! l,レ'/, ィ‐r7'∴、  ,r:|| ゝ、 o`、! /  i!/_ヽ、    \= __ ='´
 _ -― '´ >_- _/_ノr'f´ /゚ ,〃\::<  丶::||  | `‐t't',' ,/7  ` < 、   \´      _
     ,  '´ ̄   /,  l' ,' i!r' ⌒ヾミ、:./,r1! |,   i {. 〃/      `  、_`ニ>‐ ´
 ゝ‐ '´        /´,r┴┴.、i{,:':´: ̄`YY''´::|| ,イ    ! ト{i!イ
            r'/  , -、 `}:::::::::::/Uミ、::,'i/ |    ' i `{
            !´, イ ヾ、丶'::::,_イ´oー‐o1| ,.'   ' i、 〉
           i!´|  、  { 、 ̄∵)\ o r7 /   ,! ' | ./
           i! \ ヽ__トr-┬イ  ゝ__ノ〃 ! /  ! _,r'} |
           `\ ヽ`、| ! |::::|   | 〃__レ_ -=_´  Y
              \  ! ! |:::|    f了⌒Y  _,>'´(|
                ̄`ト、i. ノ::/   トゝ=彡:イ /   ',|
                 |ヽ}/::/    |  ̄ ゙|:レ' )   ト,
                 ∧`':::/    |     !:レ',|    N
                / )::/       |    !:/ |    | 丶
                /、ノ::/       |    ',:', ヽ   |  \
               ,く::::´::/ 、    |     ',:゙‐ヘ    !、  \
               / `‐、:\ \     |    /〉::,rヘ   |\    \
           ___/    \:\ ヽ __⊥__ 。/´/´  ヽ  弋i!\   (  ,、
          「圭f‐=‐rr―‐`ー`rr〈〈二ユ)‐'-'--―‐。ヘ__,ノ |  \   `´ \
          ||刈' 。  || 。   。|| |:::___::「 ||  。  __}ミ  !   \     \
          ||::├‐┬┘――、―┴一':|:`ー┴‐ァ‐'´__ヽヽ  }\   `\    \
          |:|::|  i! ̄_:ー:、:::\:::::::::::::|::::::::::/, '´   ヽヽ,イ  \    \    \_
          └|:|  i!´ ̄`  、`:ミ、::::::::|:::::::::/  , -――',`<\   \  (ヽ \  \ 、
(´・ω・`)リアルで死傷者を出した死銃の調査のために、キリトとアスナが銃が主流のGGOで近接武器で大活躍する【三章 GGO編】 【前篇】
アスナが銃弾すら斬り裂きまくって、相手に圧勝するっていう無茶な事をやってる所が楽しい。
(´・ω・`)SAOの流儀を剣の世界でもやっている有様だよ。

『恐怖に怯えて死に狂え雑魚プレイヤー! 俺とこの銃の名は《死銃》……《デス・ガン》だ! カップル撲滅ゥ! ヒャハハ────』

(´・ω・`)殺人犯は相手がカップルでリア充な事が許せない。
リズベットが弟さんを振った結果が、この凄まじいカップルクラッシャーだった。
(´・ω・`)リズベットを愛している男がカップルクラッシャーな時点でひでぇ失恋だと思うよ。





●銃が主流のGGOで、アスナが剣で銃弾を斬り、回避して戦う剣士ストーリー。明らかに尋常じゃない超一流剣士プレー。
●実際に金を稼げてしまうネットゲーでトッププレイヤーが死亡したから、キリトがその調査に乗り出すお話さん。アスナもキリトに秘密で調査をやって、剣で銃相手にヒャッハーしてる。
●トラウマを利用された女達に利用されて、ATM扱いされている詩乃っていう少女がいる。GGOでのアスナの案内役にして相棒さん。アスナが銃弾斬り裂いている事に驚愕してた。
●リズ=里香さんがとてもお姉さんやってる。
●ユイがクラインを口説いて、恋人さんにしちゃう魔性のロリ娘ぉっー!まさに圧倒的っー!


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
閃光の明日は 『追憶のSAOP1編【三章 GGO編】 【前篇】 理想郷 作者;YY Z 1-6話 2013/07/10



GGO1--GGOで稼いでいるトッププレイヤーが死亡した。VRMMOにこれ以上の規制が入らないように菊岡誠二郎からキリトに依頼がやってくる。死銃氏に接触し、本当にプレイヤーを殺害したのかの危険な調査!---
『恐怖に怯えて死に狂え雑魚プレイヤー! 俺とこの銃の名は《死銃》……《デス・ガン》だ! カップル撲滅ゥ! ヒャハハ────』
(´・ω・`)なんというリア充キラー。

GGO2 ---リズ(里香)は親しい男の子から相談をうけた。過去に銀行強盗にやってきた男を銃殺しちゃった詩乃という少女が、それで殺人のレッテルを貼られていて、人間ATM扱いされ、周りから苛められているのである--
(´・ω・`)リズがすごくお姉さんやってる。シリカに男を紹介してやろうって企んでいるね。

GGO3 --アスナはキリトが総務省からの依頼で、別のVRMMOに行くという依頼を聞いた事で、アスナは自分で行動して自身も依頼を受けてしまう。そして、同じゲームをやっている詩乃を案内役にピンク色の髪型でGGOの世界にたった!--
「ネエリズ、ドウイウコトカナ?」

「えっ、あ、いやっ、こ、これは違っ、っていうかとりあえず落ち着いて! ねえお願いだから落ち着いてアスナ!」

「オチツイテルヨ? ネエリズ」
(´・ω・`)リズがうっかり、前の話でキリトを使った誤魔化しのせいで、ヤンデレアスナに遭遇してた。

GGO4--アスナは銃が主力なGGOでも、剣で戦おうとしていた。幸い銃剣を作るためのスキルがあってコンバートされたので、銃剣を作り、銃弾を回避したり斬ったりする神業を見せ、シノンを驚嘆させた。--

GGO5 --シノンは、アスナの圧倒的すぎる剣術を見た事で、成長させた後に殺してみたいと思った。そのため強くするべく、銃剣の良い材料を揃え、剣で銃弾を斬り裂くアスナが完璧に誕生したのである。
そして、キリトとアスナは運悪く、ゲームの世界で出会ってしまった
。--

GGO6--アスナになら殺されても良いというキリトに、アスナは激怒した。キリトがそんな簡単に命を諦める事と、自分は守られるだけのお姫様じゃないと証明して、キリトをヒャッハーしてFブロックを優勝しちゃったのである。
その一方で、クラインはゲームの穴場で酒場を作り、ユイに告白されてデートする事が決まっていた。ユイが恋人になりそうな雰囲気である--
「私は以前ママに確認を取りました。『大事な家族以外にキスをしたら相手は恋人さん』だと」

「ん? さっき言ってたのと同じじゃないか?」

「いいえ、これを私は曲解し、かつてクラインさんにキスをしたことがあるから、キスの相手は恋人、と登録されていたんです」
(´・ω・`)なんというレベルの高すぎる恋愛。





前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!


カウンター日別表示