ゆっくり戻るよ!


ソードアート・オンラインS 
クラディールに憑依しました

                      丿 ,へ,、           `゙''ー-,,,_
                      丿丿 .,, \ ,,,-i、           `゙''ー-,,,_
                     ,l゙ ./ ,/`'i、.‖.,,_~''''ッ,-i、、          `゙''ー-,,,_
        ,,、           / │ l―'".,,l",レ'゙゚マ,i´.,・〈ヽ,、 _,,,,、            ,i´
        j゜`''ー、,、        /   ゙゙̄''''''''","‘'マニフ ,ミヽ"_,ト',r-、\        /
        |.r‐-,、 ゙ヽ,、     丿       └-、,,,,‖ :ヽ♭'レ.|匸-! ,し''ヽ     丿
        |l゙  ゙''i、 `'-、   .゚!,,,,、          ゙'―--‐゙l,,l゙ ゙ト ,l° .〈 ./ヘ,、,l゙
        |"    `''-,,,,`―''''''''ヽ,,,,,ツ--,,、           ゙″/ンl°./゙l.彳 ./丿
        ゙l    ,/゛       `゙''-、^'''ー_           `‐ヾ .,|  / /
        │  .,,i´            \  .| `゙'ー, 、          `゙''/゚,l゙
        ゙l ,/     ,、      |i、   ゙i、 |   ./ /゙'''ー、,,、         /
      .__,/フ.,i´    ,/`i、     | ヽ   ゚i|゚'L ,l゙ /    `"ー-,,,、    丿 .r
     .,イ`゙} .|!    .,i´ _ヽ    .エ,,,,,L   │.〒 丿        `゙''ー、,,_/` .シ`
    ,/`|  | .|   .,/,,/` ヽ   │  ゙〔   ゙l丿 ,l゙             `
   丿 .|  ゙l.|   ,ド゛  ,,,,.゙l,  ,l,,,,,,,,,,,,,,,レ  レ`.,l゙゙l
  ,/  .| .,,/.|   .|,,,,,ililll!ll゙″ ヽ、,l゙゙゙゙゙l!l!!!!lll┓ .| / ゙l
  │   `゙^.|,.|   ,ll゙゙゙]`     ゙"    ゙-"{,゙l,/ /  .|
  .l゙    .,,'"'|   |.゙‐'′           ,,,|二メ,  |
  |   .,/` ゙l、 .|      , 、 ,.   .,,゙l,,た ゙|.ヽ .l゙
  .゙l  ,i´   れ、|''-,,,,,_,,,,---゙‐'゙フ┬、r‐'',,,,,l丶 .l゙ |,l゙
   \ ,i´     ゙l,| ,/,ニ゙lilli巛ii,八,i´`゙,,,レ".、,゙l,-ぐ  " ,!
    .゙'!    ._、 ゙く,i´.l゙j|'lii川, "゙‐''゙广/ ,',,dl゙ .|   丿
        〈゛ヽ、 ヽ,ノ少,ニ〃  ,i´ .ナT^ナ―′  l゙,l゙
        ヽ、ヽ、.,,ィ'゛゙'ヘ、,、  / .,ロ゜丿     .″
         `ヽ `''],,\,、 ‘',!={,,,,/{j" ,i´
           `'ッ'゙,┴、,゙'‐'゙,―-|゙―ア"    ,,,、               _,,,-i、
           (.,i´  |T''゙   ゙'-lワiy    l゙ ゙'-、           ,,/゙` ,/
            ゙く,_  l彡 ,,=@ .,」l″   .| iilll `'-,,,_   .,,,,--ー''"゛   .r"
                只=rイ゛ ゙'''!レ「‖     .|   ヽ,.`゙,ニリ″       .,y″
              ゙fニiネ   .巛,iヒ     ゙l、,し,,.,_゙'t''" .゙,!       .r″
                  ゙口|    ┼'L    .,, ゙l,,.、.゙゙`”ー-、rl――-,,..,,l¬-°
               ゙l、゙l    .ヽ,7  ,,/"`'-,_\、        `ヽ
                `゙″     ,,/`     `''''''"            ゙l,
                     _/`                   │
                     ,,-‐′         r-,,,,,,,,,、,ィ‐       .,).
                   ,,/^  _,, ,、 ,,  .s.,、,ノ   .lミ゙、       .|
                 ゙゙゙゙゙̄"゙゙'←'"゙| ,,/゙|,.,,/ ゙゙″     `'ー''"゙゙'-i、 ,.!、
                        ″ .°         c-、,、  ._ノ .,‐.゙ハ
                                _,,,,,,,,,,,,,,,,_,゙'r,_,ミr‐'′/ ./ ゙,!
                              ィi"_,.  .,,,,_, ̄,,,,,,,,,-‐'〜-'" .,/
                            ゙'゙‐'ー'''″ ゛` .゙'''ェ、_,,,ィ
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
クラディールに憑依しました 【一章 血盟騎士団入団編】【完結】  作者:優奈雷太郎 SS 1-14話  2013年 01月 07日 

(´・ω・`)現実からクラディールに転生した男が、超絶的なくらいに善良で、他人のためにデスゲームにわざわざ参加して、ヒロイン達を助ける話だよ。

これは楽しいね。いきなりデスゲームに躊躇なく参加しすぎてやばいって思った。

(´・ω・`)とってもヒロイン達に好かれてる。わざわざ嫌われるような行動を取るツンデレだけど、良い奴って事で好かれてる。

なんという超善良クラディール。自己犠牲精神たっぷり溢れる男だった。



●アスナに倫理コードを教えてあげるために、わざわざボコって嫌われる方法で教えてあげる善良っぷり。ヒャッハー!好かれるけど自己犠牲精神の塊だぁっー!
●リズベットの鍛冶スキルあげるために、ほとんど寝ずに素材を大量に集めまくる。そのために無茶な狩りをするほどに善良だぁっー!
●ひたすら楽しくて狩りをしまくり、レベルがアスナよりも高いっていう廃人。そして相手に嫌われてもいいから助ける超善良。だから、ヒロイン達に好かれているぅっー!
●持っている食糧品の類は?ヒロイン達に警戒させるために麻痺毒。園内PKのコンボでデュエルと同時に麻痺させてヒャッハーできる。



 ログインしました --クラディールに転生した男は、わざわざSAOにログインしてデスゲームに参加し、アスナをヒャッハーして、このゲームの危険性と対策を教えた。その結果、アスナに嫌われてしまうっー!--
(´・ω・`)わざわざ参加するとか、なんてひどい。

チーズケーキを食いました --睡眠PKで集団レイプされそうになっているシリカをクラディールは助けた。その結果、オレンジになってしまう。--

好き勝手やってみました --散財しまくってシリカを助けた事で、クラディールはシリカに好かれた。恐ろしいほどにお人よしである--
「ならせめて、ゲームの中だけでも強くなれ、あんな連中を返り討ちにする程度にはな、俺も誰かを殺さずに済む」
 「……はい」
 「まぁ、そう言う訳で、明日の朝まで抱き枕になれ」

(´・ω・`)とりあえず、このクラディールがエミヤシロウ並のお人よしだってのはわかった。デスゲームに参加してるくらいですし。

好き勝手やったツケが回ってきました --クラディールはリズベットの鍛冶スキルを上げるために大量の素材をプレゼントしようとした。だが、ここで今までのツケがくる。普通に間違った情報でレイプ魔だと勘違いされていた--

がんばって誤解を解きました --アスナとデュエルする事になった。攻略組になるクラディールを試すために血盟騎士団のアスナと戦うはめになっている。--

入団試験を受けました--アスナ相手の入団試験。普通に戦ったら勝てないので、盾そのものを死角にし、そこで細剣の耐久度を複数の片手剣を使って削りまくり、更に片手剣で罠を作って転倒させ、見事にクラディールは強敵すぎるアスナに勝利した!--
「……それならさ、もしも勝ったら――お前の護衛と言う名目で直属の部下って扱いにしてくれ」
 「どうしてそんな事を?」
 「良く知りもしない奴に、使い潰されるのは嫌なんだよ……だから勝てたら――お前の権限である程度の自由行動も認めてくれ」

(´・ω・`)原作と同じ位置にようやく行く話だった。それにしても強いクラディール。

責任を取りました --クラディールはシリカが身体を性的に狙われているので、守るために攻略組である血盟騎士団に入れた。--

ソロ狩りのお手本を見せました --狩りの仕方が異常だった。フィールドボス狙いで狩りまくり、雑魚は無視である--

ヤるなら今だと思いました --狩りの仕方を教えた後は、クラディールが麻痺毒入りの料理を皆に食べさせるだけだった。こうやって、嫌われながら教訓を教えている。--
「…………わたしも最初この人に会った時に毒を飲まされたわ」
 「――――アレは酷かったナ」
 「みんなが成長してくれて俺は嬉しいよ? シリカ、圏外――正確には『アンチクリミナルコード有効圏内の外』では毒を盛る事が可能だ」

(´・ω・`)料理のシーンがあったから、原作のクラディールみたいな事をするんだろうなーって思ったら、本当にやったから笑った。

迷宮区に潜りました --クラディール、アルゴー、アスナ、シリカで迷宮区を探索することになった。そして、ボス部屋で・・・シリカが扉を勝手に閉めてしまったのである--

ボスの部屋に着きました --シリカのせいでフロアボスを倒すまで出られない。クラディールは転移結晶で皆を逃がし、ソロでフロアボスに勝利しなければいけなくなった。--
「…………嘘吐き……コリドーなんて持ってなかった…………なかったよ、持ってるなら今直ぐ見せてよ!
  シリカちゃんの事はどうするの? わたしだけじゃ無理だよ、あなたが居ないと最前線には連れて行けないんだよ?」

(´・ω・`)このクラディールはすごく自己犠牲精神が凄まじい。アスナにすら心配されている有様だよ。

色々ありました --キリトがフロアボス前をコリドーで記録していたので、アルゴーがクラディールの援軍として呼びにいった。--

ちょっと堪えました --10層のフロアボス相手に長期戦やったことから、救出が間に合い、クラデイールは戦闘狂がキチガイとして血盟騎士団から認識されるようになった。--

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!

 
カウンター日別表示