ゆっくり戻るよ!
魔法少女リリカルなのは クロス物【21】-【2】 【一章無印 後篇 アリシアの中身はゲルマン忍者】
魔闘少女リリカルマスターなのは(機動武道伝Gガンダム)(TS) A 
ブログ】【滝川剛
 
カウンター日別表示

                                   /
                          _. -‐ァ─  、/ /
                       /f: : :/    / /                  _
                 、  ///|: : :|   / / ‘,               ( _)
                   \ 〈///し'^ト、/ /__  ∧               / /   _
                   \` <_ノ /≧x\   ヽ              / /  ( _) 私がアリシア・テスタロッサだ!
                      }レへ(___) ,ィf斗fラ' ノ   }\      x――‐〈   / |   
                  ヽーf_ぅxト'⌒ ┴'/    /: : :.     ///////∧  ′| プレシア「これと似てないフェイトは、アリシアじゃないわ!」
                     |\_/「 ̄| ̄    |/| : : : i   //////////∧/ │  ユーノ「無茶いうな!」
                        \//|:ヽ: :|       j/|\ : | _////////////_\ |   
.         _             V∧ : : l       / |  V´/ |/ト、___///// __ }ー―- 、
.        ( )              Vハ: : :l    /   」 / / ///ヽ(/////////} |__  \
.         ‘,∧                 Vハ___レ< ̄ ̄  { /| {// // ///////// |////∧  }
.        ‘,∧           / ̄ ̄          _/ { \,|///////////// ∨////,}  |
.         V∧   __    |            //  / ̄/|////////////{  ∨//// /\
            V/ ̄   _`ヽ__ |           ///〉/ //// |\_////_/⌒ヽ ∨/// / ̄‘,
.           /      / / ___ |________///} {// {/////∧    ̄     ∨/}//,| {////∧
         /    /  /   、   /: : : : //////  |(////////∧           }/ノ//,{ |//// }__
.       /    /  /    \/: : : : /// // ̄\\////////\          ////  |/// / |
.         {      l  /       | : : : : |// (//////} l///////////>。.____// ̄ \///| ∧ |
.        ∨   | ∧     ___L -‐ァ7'⌒ヽ_}///// | |//////////|///////////⌒}////} //,} /
         ∧_/ | i   //// ̄ ̄/////////_,ノ  ̄\///////|__//////_//__///j/// /
.       /  \___| ヽ__/////////////////厶-一'⌒ヽ}___/ ̄\\_////'⌒ヽ∨// /
       /  〉     \  {/////////////////\__  │{/////////, ̄\////////ノ人/ /
..    /   ′     } ,人///////////////////////\| l///////////// \__//}__/
      l  /         | i  `”Τ二ニ=一</////////////\///////////////∧_____/
     | /       ∧      }: : \_:|   \////////////}\_///////////  /
..    |/          / ∨   /j: : : : : |`ヽ    \///////////  \//////// /
(´・ω・`)アリシアの中身がネオ・ドイツ代表のゲルマン忍者さんだから・・・・プレシアがクローン人間のフェイトを見て娘のように思えないっていう悲しい話な 【中篇 アリシアの中身はゲルマン忍者】だよ。
(´・ω・`)プレシアの家庭にゲルマン忍者がいる時点で可笑しい有様だよ。

プレシア「フェイトはアリシアと全然似てなくて絶望したわ!
アリシアはね!ネオ・ドイツ代表のようなゲルマン忍者で凄い明るい娘だったんだよ!」
フェイト「・・・・お母さん。無茶を言わないでよ・・・・。」
ユーノ「アリシアに似てなくて良かったね。」

フェイト「なのはの熱い思いで前向きになったよ!
ちょっとお母さんと殴り合いして、分かり合ってくる!」
ユーノ「もうやだ、この世界。」
高町なのは「虚数空間は魔力が使えない死の空間だとっ・・・!?
特にワシには関係ないな。」

ユーノ「それ!あんただけな有様だよ!」

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
魔闘少女リリカルマスターなのは(機動武道伝Gガンダム)(TS)  【一章無印 後篇 アリシアの中身はゲルマン忍者】  滝川剛]  SSS 13-17話  2013/12/30 
 


第13話 師匠見てるだけの巻--フェイト達はなのはのせいでオカマ扱いされ、スズカは東方不敗を学んでしまったせいで自分で悪い人達を撃退できるチートになり、どんどんカオスになっていた。 --
「なのはちゃんの兵法は凄いよ……悪い親戚の人達がまたちょっかい掛けて来ても、『流派東方不敗、八卦の陣』で返り討ちだよお姉ちゃん」

「そっ……そうなの……?」
(´・ω・`)非常識がどんどん周りを汚染していく。

第14話 師匠気合いを入れてみるの巻 --戦艦アースラに小さいナノハ達が大量に居て騒動になっていた。
本物のなのはの方は、海で発動した6個のジュエルシードを戦闘中に3個も破壊しちゃったせいで、ユーノにツッコミを入れられている。
プレシアも激怒して、凄い雷な魔法でナノハにツッコミを入れた!

ユーノ「このナノハ、目茶苦茶だよ!」
 -
「見ろ、3個も無事に残っているぞ! フフハハハハッ!!」

 ユーノ、フェイト、アルフの3人は真っ白になっていた。あまりにも堂々と言われたので一瞬意味が解らなかったのである。もうしばらくして、したくはなかったが現実を理解した。

「「阿呆かあああっ!! 結局3個も壊してるじゃないかあっ!? アンタら頼むからもう帰れええええっっっ!!」」
(´・ω・`)ジュエルシードが破壊されちゃった有様だよ。

第15話 師匠突入すの巻 --ナノハさん達は、フェイトを回収しようとする転移魔法に自分から巻き込まれようとしていた。
問答無用でユーノも巻き込んだが、既にユーノはツッコミをするのも疲れている。
途中にクロノもいたので巻き込んで転移させ、ナノハは、プレシアへのお土産にクロノを差し出し・・・・フェイトを流派東方不敗の門弟にしたいと交渉していた!
--
 「……いいわ……やってみなさい……ただし必ずよ……大魔導師プレシア・テスタロッサの娘に失敗は許されないわ!」

「はいっ!」

 フェイトは勢い込んで返事をする。普段大人しい彼女にしては珍しかった。そんな娘を見てプレシアはボソリと、

(…………もこういうノリが好きだったわね……)
(´・ω・`)理解した。明らかにプレシアの発言からシュバルツの身体は・・・・アリシアだぁっー1

第16話 師匠腕を奮うの巻 ---クロノをプレシアに差し出した件は、ナノハさんが大嘘をついて誤魔化した事で、クロノがそれを信じ切った。
今までのナノハの全ての犯罪行為を他者に押し付けて、無罪になろうとしている!
クロノをナノハの駒として運用するために利用する気満々だ!
クロノは真犯人をナノハと知らずに信じて、脱出の機会を待っている!

東方不敗なナノハの目的は、フェイトと決闘して正面から容易く打ち破って弟子にすること!
フェイトに全力全開の攻撃をさせて真っ向から打ち破る気なのだ!  
-
《うむ……実はあの『ファイト・デストラップ』めに、以前の事で恨まれてあたようでな……改めて勝負を挑まれ、奴らの本拠地に連れて来られたのよ。不意に転移させられ、多勢に無勢ではどうしようもなかった……》

 ヌケヌケと大嘘を吐く高町なのは9歳である。あまりに堂々としているので、レッドな嘘とは夢にも思わないクロノは同情し、

《そうか……それは災難だったね……済まない、僕達がもっと早く対応していれば……でも僕は何故此処に?》
(´・ω・`)間違いない。この決闘が終われば弟子にされて、フェイトも流派東方不敗を学ぶ事になる!

第17話 師匠此処は任せて先に行けと言ってみるの巻 --ナノハが全ての攻撃を受け流しているのでユーノがツッコミを入れていた。
全く意味が分からない。Gガンダムの世界にはミサイルすら直撃して受け流す人がいるのでユーノはツッコミをひたすら入れるしかない。
フェイトがナノハの真似をして吹っ飛んだ事で決着がつき、あとはプレシアを倒すだけだ!
--
「いいか……高町なのはは攻撃が当たる瞬間に全身の力を抜き、己の身体をクッションのように変えて全ての攻撃に耐えたのだ……単純な事ではないか? 例えるなら激流は流れる小枝を折る事が出来ないの理屈だ!!」

「ああ成る程……それなら納得する……訳あるかああぁっ!!」

 ユーノは新たに、ノリツッコミをマスターしたようだ。

「何そのとんでも理屈!? そんな無茶苦茶な理屈で納得出来る訳ないだろっ! 何その『こんな簡単な事も判らないのか?』的な態度、そんな事出来たら魔法も苦労も要らないよ!!」
(´・ω・`)この理不尽な現実が突き進み、戦いは終盤となりました。
ガンダムファイト!レディゴーっ!



前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ ブログパーツ