ゆっくり戻るよ!
マブラヴ オルタネイティヴ 二次創作 クロス作品【11】-【2】
 【ネタ】BETAスレイヤー【Muv-Luv】  【短編】(ニンジャスレイヤー)
2話 マシン・オブ・ヴェンジェンス・ウィズ・カラ
ブログ】作者 葉川柚介

カウンター日別表示

、    ヽ\    ゛ヽ  、ヽ  ト、    ,////l ,、、 ヽ
ヽ\  、\\   、、\\ 、ヾ、 ト  ' ////l iヾ   l
゛`ヽ\ \\\  \\゙、ヽ ゙ 、 ヽ l l'///,l ヽ,ヽl/ l
\ `、\ \゙ 、\  \\\   ', ヘ, l l//∠≦三;オ, l イ どーも、BETAスレイヤーデス
  ` 、\\ \\`   \\  ヽ゛、',l l 、`'><`'/ / /
     ヽ \ \ \     \ 、゙、.イi,ヽ 二'l'i'//// ,'lヾ ,
       ` ` \ \、 ヽ、 、ヽヾ;ベ、',ムヘkl '/// /l/  l-‐ヽ_
            / `ヽヽ>ニ─ 、 ヽ.ヘ \゙l///l '//  _-‐ ニヽ
           l  ,-;/、////ヽ//\\-/ Y/i'l≦/ィ''  //  ̄  ヽ
             /''"´   ヾ////\\\,l/゙ |/ハ///  /ィ/\_ ,-、 ,〉
          /∠、   ヽ\/////////l//゙|/'lハ'∠ イ/彡 "l///////,\
          /、二ニー≧≫\//////////l/l'/|/i l lヽ///-‐ニニ/////_ 、/\
      /,, /// ̄   ────  ´∧/'/,|/l l'/ 、` ̄ ̄ ̄ ――  'ヽ//,ヽ
     /'//////'/__   __ __ l/ハ`/,|///  /ヽ ―― ―― ― ヽ //
    ///////,/ __  __ __ l//ゞ/,|// ,/ l/l ―― ―― .―  ,///
    ///////l __  __ __ lヽ///,'/ヽ / l//―― ――  ―  ;'///
     //////ゝ __  __ __ 、 ヽ////ヽ///―― ――  ―  ,///
                   、////////////////////,///////
                ヽ////////////////////// /
                 \////////////////   /
                  i\////////// /// /// /l
(´・ω・`)ニンジャさんが、戦術機じゃBETAの膨大な物量相手に戦うのが無理ゲーすぎるから・・・・戦術機でカラテの奥義を使えるように改良してもらい、BETAを鬼畜するお話さんデース。
(´・ω・`)アイエエエエエエエエエエエエエエ?!!!!
戦術機のOSがカラテっ!?!
カラテナンデっ?!!!!!

(ヌウゥッ、カラテさえ、カラテさえあれば……!)

 BETAスレイヤーはメンポの中で唸る。
 戦術機は確かに強い。巨体とパワー、豊富な武装。それらを駆使すれば、BETAスレイヤーが生身で戦うよりも多くのBETAをネギトロにすることができる。しかし、しかしそれでもテックには限界がある。
 カラテパンチならば一撃で倒せたBETAがいた。ヤリめいたサイドキックを放てればまとめて数体のBETAを葬れた局面があった。BETAスレイヤーは脳裏に浮かんだそれら状況判断を必死に押し殺し、戦術機に見合った動きでBETAを屠り続けていた。
 それでも、BETAスレイヤーは強い。今日が初陣とは思えぬ落ち着きを持っているうえ、ニンジャ動体視力はあらゆるBETAの奇襲を許さず、ニンジャ耐久力がこれまでの長期戦を支え、ニンジャ腕力はいまだ衰えることなく操縦桿を握る。
 だが、それでも。

「IYAAA!」
「グワーッ!」

「BETAスレイヤー=サン!?」

(´・ω・`)最初から最後まで爆笑するしかない内容だった。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

 【ネタ】BETAスレイヤー【Muv-Luv】  【短編】 2話 マシン・オブ・ヴェンジェンス・ウィズ・カラ  作者;葉川柚介  SS  【短編】  (2013/06/20

 

普通に、ヴァルキリーズの新任にニンジャがいた。
「アイエエエエエ!? ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」
と皆は動揺し、ニンジャに恐怖する。
でも、BETAとの戦争をしている今の時代には、彼らニンジャが必要デス。

ニンジャさんは、戦術機のOSを改良して、戦術機の動きを良くしようとユウコセンセイに頼みこんだ。

だから周りはニンジャだらけ。
ニンジャの心を読んだものもニンジャになる。
「アイエエエエエ!? ニンジャ!? ニンジャナンデ!?」
さすがのニンジャ濃度の厚さに、ユウコ先生の心が辛いデス。

でも、戦術機の性能は、ニンジャさんから見れば、性能が低い。
ニンジャさんは、カラテがあれば最強なのに、BETAの圧倒的な物量相手じゃ、戦術機で倒せる訳がなかった。
このままじゃ、ニンジャさんは、死んでしまう。
そんな時に!

とうとう頼まれたOSが完成した!
そのOSは カ  ラ テ
ニンジャさんは、カラテの技・・・あれ?何で、カラテじゃないサマーソルトキックでBETAを虐殺してるの?

兎にも角にもBETAスレイヤーさんの真の力が解放された。
地上にはまだ、膨大な数のBETAが蠢いており、ニンジャさんの戦いの日々は続く!
死ぬ前にハイク読め!



前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ゆっくり戻るよ!