戻る(・ω・`)
ログ・ホライズン【0】-【8】 【第7話 修道女のマリア】 【短編】 
ヤマトの国の大地人G
ブログ】 作者 凡人A 

カウンター日別表示
 




                      _.,,..,,,,,,,,,,__
                 _..-‐''"´       ^゛''ー..,,
               _−´               `‐‐ 、.
             /                      `ヽ、 この冒険者・・・すごくイケメン!
           _/                         \  孤児院に全額寄付してくれてイケメン!
          /    /   !  ./       !、  、       1  でも、子供持ちのバツイチだわ!
         /     !   1 /U      | ゝ l  !     !
        ./   -  1  ! /ェ..ィ---1     ├''lー卜 l     !
        /  /   !  上'´ヘ|  11    !ノ │∩゙│  │ U
        f  {   1/ !」ur≠hiハ   /lム==lla|./!   !│l
        |  {    l、 丿゙/^ゝ 1  . /U ; ^l, ^|!イ  ./ !/
      、=./--│    !彳 |心ォ彳 ! /  ├ョl彳 "ノ  ./丿’>
      ヽニて ̄l    │   !ニヽ  "    ゝ二 丿 /ソ/
        ゙!-`ー     l  /////  ‐/////'‐l '^ U
        │ U     '、               /  │
        │  !   1  ゙、    _ ‐^^^゙<|    ノ   ヽ
        │  l    ヽ  1   l      !  _ノ│    ヽ
        │  1    ヽ │r 、_ヽ......  ,ェニ,..‐l´│ 」    \、
        │ / !    ヽ −1 ^゙''‐-ワニ__`ー..U{| ィ     ゙'`ー...
        ,' ./  !     '、1/    〈_,,,,_ニ" !゙U !    j 、 ゙ゝ `''-..._
       丿ノ^/"l      ヽ./’    l_    │^ゝ│   │宀‐-,,,,ー-,,冫‐ 、
       .//./´ h      ll     _r宀 ̄  │ぃゝ1    l ヽ   、-、    ` 、
    _...-''´ h  / /l     ! `ー:'"--'''"ヽ  1^'ヘ.ヽ:    1 U  ゝ \ 、   ゙'、
 ,..-‐'´    丿  ./ ,/│    l  │ −‐''''゙'、│  ヽ‐ヽ    ヘ │  1  ''\   '、
‐      ノ│,,ノ‐´  │   /    !  −''^│ヘ   ぃ\_   ` {   l   ヽ \  1
      /  1      !   ノュ_   1   .._ノ ヽ  ,,../''ーニiー 、__`ヘ,,_  !   U ヽ  !
     ./  │     l  ノン'‐>ユ.  l    ゝ   V'´    ゙ー、 "{   ノ    1  1 」
     l   │    ./ン'´  '   `ヽ../:   ヽ   ヽ       `-│  '   !  !  1

(`・ω・´)『第4話 孤児のテツ』で孤児院を経営している冒険者さん達の過去話な【第7話 修道女のマリア】 【短編】 
既に娘もいるエルフの冒険者さんは、こうして、将来のエルフ娘なお嫁さんをゲットしたに違いないんです。はい。



―――捨て子の癖に!

 皮膚を食い破った膿は、もはや噴出すしかない。
 噴出したのは、10年以上かけて降り積もった、どす黒く、汚いものだった。
 「ねえ!?どうして私には、パパがいないの!?どうしてママは、私を捨てたの!?
  どうして私は血が繋がってるはずのパパとママに捨てられたのに、
  あの娘だけが、血も繋がってないくせにタークさんに愛されてるの!?
  ねえ、どうして!?どうして、どうしてなのよ…」
 それは、子供の頃、毎日のように考えていたことだった。
 大人になり忘れた振りをして、見ないようにしまいこんでいたものだった。
 わけも分からず泣いていた時に院長に拾われ、施療神官の修行を
 受けられなかったら、死んでいたかもっと酷い暮らしをしていたはず。
 それが分かっていたからこそ、許せなかった。


(`・ω・´)あちこちに可哀そうな人達がいるから、それを救済するだけで恋愛フラグと結婚フラグが立つんです。

←前のページ  次のページ→ 
ヤマトの国の大地人【第7話 修道女のマリア】 【短編】   作者:凡人A  S 【短編】    2012年 02月 03日

ゆっくり風の簡易ストーリー解説 2013/12/25

『第4話 孤児のテツ』とリンクした内容。
冒険者の親子ダークとマナがマイハマの孤児院にやってきた。

冒険者親子「「アキバはゆっくりできないから、ここまでゆっくりせずに来たよ!」」

マリア(大地人) 「超豪華そうな装備に包まれた奴らな有様だよ。
これはネズミ人間さん達の駆除を頼めそうで良いね!
孤児院の子供がネズミ人間さんに殺害されたから可哀そうでごめんねぇ!!」」


冒険者親子「「それは悲しい話だね!
責任を持って可能な限り、ネズミ人間さんを永遠にゆっくりさせるよ!
圧倒的なレベルで雑魚モンスターを蹂躙するよおおおおおお!!!
見惚れてくれてもいいよおおおおおお!!!!」」

ネズミ人間「「「「「強過ぎる冒険者に虐殺されて、ゆんやっー!」」」

冒険者親子「「金貨2012枚相当の材料をゲットしたから、全部孤児院に寄付するよ!優しすぎてごめんねぇ!」」

マリア「す、すごい算術だね!驚愕したよ!
イースタル中に広めるために頑張っているし、最高のイケメンだよ!
冒険者さんに惚れたよ!これは夫になってもらうしかな・・・どぼじで娘さんの事ばっかり気にかけるのおおおおっ!?!!!
こんな良い男を独占じだいいいいいいいいいいいいいい!!!!!
マナなんて所詮、血の繋がってない捨て子でしょおおおおおおおお?!!!!

ダークざんのお嫁さんになりたいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!
同じエルフだから、ゆっぐりじだいいおおおおおおおおお!!!!」



冒険者親子「・・・・・今までの人生が辛かったんだね。ゆっくりせずに理解したよ。」

その後、孤児院のマリアさんは、冒険者のダークさんに愛してもらうために孤児院を頑張って経営しましたとさ。めでたしめでたし。

←前のページ  次のページ→ 


ブログパーツ ブログパーツ

戻る(・ω・`)


カウンター日別表示