戻る(・ω・`)

ログ・ホライズン【0】-【6】 【第6話 生贄のヒメノ】 【短編】 
ヤマトの国の大地人E

ブログ】 作者 凡人A 

カウンター日別表示
 




      /∧
      / ∧
.     /  ._ i   不老不死の冒険者が攻め込んできた?
    /  / 、 i
    / / }}}{{{; i                無理ゲーではないか!
r ⌒./ / \ O/}‐  ̄ ` 、
_____.{ 〈〈込、_,/フ}} /    \.      
 / i Y `i:::::r''ィ} 7 ̄`ヽ、 _〉
/   i } i::::::{ i' .}' /, ィ< ___
 γ 、} .}/:::::∨ γ` く,r ´-‐‐‐ ` ー-   _      , ィ' 7
. {   } i:::::::::::} {   /´.   , ィ' 7  ――――― ァ   /、/、/ ,-、
. 乂 ノ }:.:.:.:.:.:} ( Yヘ‐イ /、/、/ ,-、:::: : : :   /   /、/_ /< /
  r‐v i: : : : i 〕 くi ヘ. /、/_ /< /. : : :    /   /r.イ´ 7 /-ァ
  し'j .i: : :ハ 〉_从. /r.イ´ 7 /-ァ. : : :   /   /ノ`7</ィ´У
  } YL}     ヒヨヘ../ノ`7</ィ´У゙ヽ   / ___,ィ `ー〈ヽ Y´
.  j .{ 0) __... ___,ィ `ー〈ヽ Y´.   > '´ニ三 7 /  ./  /
 / /}. > '´ニ三 7 /  ./  /. }  // 三三./ { フく___ノ
./ . // 三三./ { フく___ノ >、ヽ ///  三三 { {:::::::::} .}
////  三三 { {:::::::::} .}   ヽ>、v' {.  三三 { {:::::::::i .i
...゙v' {  三三 { {:::::::::i .i
(`・ω・´)レベル90の冒険者達が、大地人を苦しめている魔王を倒す【第6話 生贄のヒメノ】 【短編】だよ。

(`・ω・´)冒険者不老不死だから、魔王はただの無理ゲーなんだ。うん。
もし、冒険者を倒せてもドラクエの大魔王気分?

そして2人が注目する中、セガールはその報酬を口にする。
 「…魔王たちの持つアイテムは、僕らが全て貰います。いいですか?」
 「「…は?」」
 はもった。
 理解が、及ばなかったのだ。
 「…あの、もしかして街の貴重な宝が取られたとかですか?
  でしたらそれだけはお返しすると言うことにしても…」
 思わず固まった2人に、申し訳なさそうに提案するセガール。
 「…すみません。おっしゃる意味がよく分からないのですが」


(`・ω・´)大地人からは無欲な勇者さんにしか見えない。

←前のページ  次のページ→ 
ヤマトの国の大地人 【第6話 生贄のヒメノ】 【短編】   作者:凡人A  S 【短編】    2012年 02月 03日

ゆっくり風の簡易ストーリー解説 2013/12/22

レベル99の冒険者が本気を出して、大地人を苦しめてきた魔王をフルボッコにする話

大地人「ゆっぐりできないいいいいいい!!!!!!
魔王に15年に一度、生贄として美少女をプレゼントしないといけないからゆっぐりできないいいい!!!!
15年後に捧げることができる生贄がいないから、無理ゲーだあああああああああああ!!!」


氷雪の魔王「ゆぎゃああああああああああああああああああああああ!!!!
レベル90の冒険者達が攻め込んできたああああああああああああああ!!!
殺されるううううううううううううううううううううう!!!!!
ゆんやっー!」


大地人「す、凄いよ!
300年間も支配してきた魔王を冒険者達が倒したよ!
・・・でも、何を報酬に渡せばいいのか困るね・・・。」

冒険者「魔王のアイテムは全部独占するよ!
これは決定事項だよ!」


大地人「そんなのどうでもいいよ!
無報酬で倒してくれるとか最高だねぇ!」

冒険者「幻想級のアイテムゲットなのぜ!
 固有スキル持ちの両手剣ならオークションで高値で売れるから、良いクエストだったよ!」

大地人「すごい英雄だったよ。
冒険者に憧れて、旅たった若者が二人もいるねぇ。」



ザオの街はたった6人の冒険者の力で救われた。
めでたしめでたし。

←前のページ  次のページ→ 


ブログパーツ ブログパーツ

戻る(・ω・`)


カウンター日別表示