戻る(・ω・`)
【12】こち亀

アメリカ ´ ω ` )銃乱射事件が多いなら、防弾リュックとか売れるやろ!背中に弾丸あたりやすいし!

カウンター日別表

           
 
 
←前のページ  次のページ→ 

 

2019/8/17

こち亀】←まとめたページ

付順に記事をブログで表示する



https://www.cnn.co.jp/business/35141119.html
米国で新学期を前に相次いだ銃乱射事件を受け、子どもに防弾リュックを買い与える保護者が急増している。

(´・ω・`)防御力をアップさせれば、被害者減るで!

保護者(´・ω・`)子供のために買います!防弾リュック!

☆☆☆

-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!逃げる時、背中から撃たれるから、有用だぞー!これー!
--
†(´・ω・`)こち亀でみたのう……(防弾グッズ売って両津怒られたけど
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)で?売れると思う?
--
†(´・ω・`)犯人も防弾装備した上で、銃を乱射するじゃろうな
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?嫌な方向で推理するな!?
--
†(´・ω・`)(防具を買うのは、拳銃より難しいって前にきいたけど、防具が普通に販売できる地域なんじゃろうか……)
←前のページ  次のページ→ 

( ´ ω ` )一部省略
●15 件のコメント :

匿名2019年8月19日 10:33
この手の防弾グッズ、不良品やはなから役に立たない商品が多いのなんのって……。
NY市警とかに良くセールス来るけど、断り方が面白い。
しつこいセールスマンに、じゃあ君着てみてくれ。製品テストで撃ってみるからって言うと逃げるそうな。
笑い話じゃ無く、サタデーナイトスペシャル程度で貫通する物が売られてくる。

返信
返信

(´・ω・`)パルメ2019年8月19日 13:47
(´ω`)防弾ベスト以外に当たると、怪我するしのう……


返信

匿名2019年8月19日 10:33
難しいっていうかな
根本的な理由として防具ってクッソ重いんよ

荷物が5kg増えるだけで一日中となると
かなりの負担になるのに
防弾チョッキってだいたい10kg以上あるんよ
そんなん鍛えられた大人ですら普段着にすんの無理ですわ

警察や軍人が職務中に装着すんのは仕方ないとして
子供にそんなんを毎日装着させようとか
虐待だと言われても仕方ありませんわ

返信
返信

(´・ω・`)パルメ2019年8月19日 13:48
(´ω`)き、筋トレ用具だと考えれば、ワンチャンス……



匿名2019年8月19日 15:42
しかも、銃弾に複数種類有って(重い低速・軽い高速・全てを捨てて超高速・貫通重視・人体損傷重視とかでしかも特殊弾と言うわけでは無くいくつかは市民が買える)防弾チョッキもAの銃弾は防げますがB,Cは貫通します。とか三すくみなんだよね。
二種行けるヤツってだけで重量もお値段も倍々ゲーム。



(´・ω・`)パルメ2019年8月19日 15:59
(´;ω;`)確かに、小さい銃弾は、防弾ちょっき貫通するとか、漫画でネタになるしのう……

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)てぇへんだ……



匿名2019年8月19日 16:12
https://www.afpbb.com/articles/-/3187956?pid=20471793
イスラエルの防衛装備品メーカー、マサダ・アーマー製の防弾バックパック
基本モデルは重さ約3キロで、9ミリ拳銃の弾から装着者を守る。価格は500ドル(約5万5500円)。一方、重さ約5キロの改良版は700ドル(約7万7700円)からで、AR15やM16、AK47(カラシニコフ、Kalashnikov)といった自動小銃の高速弾をも防ぐという

これが子供用のサイズならアンチライフルのバックパックでも3kgくらいだろ



匿名2019年8月19日 17:07
>2.d

子供用という特殊仕様で作ると逆に高く付くんやで
たぶんお値段は最低でも倍以上になる
あと、防弾性能って貫通させないだけじゃ不十分なんや
たぶん、標準的な大人なら耐えられるであろう
ギリギリの衝撃吸収性能に抑える事で重量を軽くしてるから
子供だと銃弾受けたら体が衝撃に耐えられない
んで、耐えられるように衝撃吸収材厚くすると重くなる



匿名2019年8月19日 18:08
海外ドラマでも銃弾が防弾チョッキに当たって助かったと思ったけど
体が衝撃に耐えきれずに死んでしまったとかあったな。
銃あって当たり前の所は大変ねえ。



匿名2019年8月19日 18:33
>2.e
先ず値段はどうでも良い
むしろどうして値段を持ち出したのか意味不明
次に特殊仕様で高くなるとか、どう特殊仕様なのかも分からないのに
特殊仕様と言いたかっただけだろ

それから衝撃の吸収方法が何かも分からないのに何を言っても無駄
ソースにあるように会社も低年齢層向けに軽量化の研究は進めているから
単純に衝撃吸収材増量で重量増してしまいましたなんて馬鹿な話には、絶対にならない

大体、面積が減るんだから厚みが多少増しても全体的に重量増になるはずねえだろ



匿名2019年8月20日 4:20
いや、値段は重要だろ。
国が買って無料支給するわけじゃ無いんだから。
アメリカは貧富層で中間層ってのがすげぇ少ないから、値段はマジ重要だぞ。

あと、
>>次に特殊仕様で高くなるとか、どう特殊仕様なのかも分からないのに
特殊仕様と言いたかっただけだろ

自分でどういう特殊仕様か解らないとか言ってるのに、自分自身どの特殊仕様を持って高くならないと決めつけてるのかマジ意味不明

>>それから衝撃の吸収方法が何かも分からないのに何を言っても無駄
ソースにあるように会社も低年齢層向けに軽量化の研究は進めているから

研究始めたら言っても無駄になる理屈こそ意味不明
おめーさん馬鹿だから、アメリカ防弾チョッキ業界じゃ、
「新素材です!」詐欺がずーっと横行してるのしらねーんだろ?
コスト無視でも無い限り、そんな夢みたいな世界線はまだ無いです。

>>大体、面積が減るんだから厚みが多少増しても全体的に重量増になるはずねえだろ

君は本当に馬鹿だなぁ。
銃弾接地面における質量の低下は、単純に衝撃の貫通を産むんですよ。
だからスポットコーナーと呼ばれる、統計や開発会社の独自研究における縦断的中予草箇所は、アニメのバリアーでも開発されない限りどうしても重くなる。
子供だと、身体が小さいのでどうしても軽量化出来る部分が減る。
当たって致命傷喰らっても良いなら出来るけど意味ないよね?

解る坊や?
素人のガキが粋がってるだけで解決するなら、100年近く各社がしのぎを削ってるのにここ70年発達スピードが明らかに低下してる銃弾に対する備えがあんま進んでない現実になってたりしないんですよ?


返信

匿名2019年8月19日 19:33
アメリカさんは、せめて販売する銃弾の種類に制限をかけておけば...。

返信
返信

匿名2019年8月20日 20:08
法的淘汰の末、民間市場では規制の法的根拠に乏しい.338 ラプアマグナムなどの狩猟用大口径高速弾や「小さい」7.62mm×51mmが生き残りましたとか言うオチになったりして…


返信

匿名2019年8月19日 20:35
販売制限かけても、弾頭だけならガレージで自作するから。(加工用の機械も弾頭の原料も銃より簡単に手に入るから)

返信
返信

匿名2019年8月20日 4:23
しかも、人体に見立ててダメージ度を測るゼラチンの発達が凄いから、直ぐ試し打ちでデータとれるのがなんとも……。●
管理人の文章, 自作漫画, こちら葛飾区亀有公園前派出所,
ブログパーツ ブログパーツ

戻る(・ω・`)