ゆっくり戻るよ! ブログ欄
前にゆっくり戻るよ! 次にゆっくり進むよ!
 
【4】異世界はスマートフォンとともに
「主人公の設定……盛り過ぎじゃね……?」


カウンター日別表示
 

 

   

 



     

 



2018/1/7

 ●記事を日付順にブログで表示する( ;∀;)?

異世界スマホ】←まとめたページ

望月 冬夜(もちづき とうや)
声 - 福原かつみ[1]
本作の主人公。ブリュンヒルド公国公王。世界神の眷属[注 1]。精霊王。
北国生まれ(太平洋側)。物語開始時点で15歳(約2ヶ月後に16歳)の男子高校生だったが、下校中に神様の手違いで神雷(じんらい)を落とされ死亡。非礼を詫びた神様によって本作の舞台である異世界に転生する。その際、所有していたスマートフォンを異世界でも使えるように頼んだ(閲覧はできるが書き込みやメールの送受信はできず、通話も神様に限られている。充電は冬夜の魔力で行う)。また、「すぐ死んでは意味がない」と身体能力などを底上げしてもらった結果、無尽蔵の魔力量、7属性魔法の全属性持ち、無属性魔法使い放題という規格外のチート能力を持つことになる。また、神様が体の損傷部分を治す際にうっかり神界の物質を使ってしまったせいで半神になっていることが後に判明する。従属神戦で自らの神力を開花、さらに裏世界との世界統合により神の管理ができなくなったため死後、異世界の神となることが決定している。
レグルス帝国反乱事件後、ベルファスト王国、レグルス帝国、双方の国より領土の一部(合わせて東京23区の3分の2の面積に相当する、約410平方キロメートルの領土)を譲渡され、二国の後ろ盾を以てブリュンヒルド公国を建国し公王に就任する。同時に、冒険者ギルド登録から1年未満での最速記録で銀ランクに昇格するも、それから僅かの間に、冒険者ギルドからの直接依頼で、大樹海に出現した魔獣スコルピナスの討伐をフレームギアで行い、その成果を以てレスティア騎士王国のギャレン先王陛下(後の先先王陛下)と同じ金ランクに昇格する。
本人の意思と関係なく度々トラブルに巻き込まれ、その度に神様の手で神器化されたスマートフォンと、持ち前のチート能力を駆使しながらトラブルを解決している。ヒロイン全員に好意を寄せられ、レジーナ・バビロンの遺産「庭園」[注 2]を発見後に彼女らの告白を受け入れて婚約者となる[注 3]。後に各国の国王や国家元首達から「調停者」と呼ばれるようになるが、冬夜自身は平穏無事な異世界生活を送りたいと思っている。
基本的に物怖じせず、流れに身を任せるタイプ。普段は温厚でお人よしであり困っている人をほっとけない性格だが、婚約者をバカにした者や敵対者には自ら作り上げた拷問器具「ヘドロボックス」を用いる等周りが引くほど容赦がない。父は漫画家で母は絵本作家であるため、代わりに面倒を見てもらった母方の祖父の影響を強く受けている。祖父は非常に顔の広い人物で、総理大臣から暴力団にまで関係を持っていたが、冬夜が中学生の時に他界。その頃の冬夜は少し荒れており、暴走族に対する制裁に祖父のコネを使って暴力団の手を借りている。
幼い頃からある程度の年齢までピアノを習っており、祖父の影響で1960年代〜1970年代の洋楽・邦楽を中心に弾くことができる。
武器は刀身部分が短剣から長剣に変形するガンブレード・ブリュンヒルド。
専用機は多様戦万能型フレームギア・レギンレイヴ。


★★★


ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)えと王様で、精霊王で最強で、周辺国に多大なる影響を持っていて……
ーー
†(´・ω・`)日本にいた頃は暴走族を制裁するために暴力団を使った……?
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)なにこれ怖い
ーー
†(´・ω・`)ハーレムヒロインに狐娘がいない。なにそれ怖い
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?そこは重要じゃないだろ!?
ーー
†(´・ω・`)!?



前にゆっくり戻るよ! 次にゆっくり進むよ!
( ´ ω ` )一部省略●
自作漫画, 小説家になろう, 異世界はスマートフォンとともに。, 管理人の文章,
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ