ゆっくり戻るよ!


ハリー・ポッター 管理人の文章【1】
スネイプ先生は好きな娘を苛め子に寝取られた可哀そうな奴。



ねぇねぇ、好きなリリーを苛め子に寝取られたけど
今どんな気持ち?
        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |        ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
スネイプ先生は好きな娘を苛め子に寝取られた可哀そうな奴 管理人の文章  2013/9/26

(´・ω・`)纏めたら、スネイプ先生が可哀そうな人だった。



●スネイプ9歳、ハリーの母親リリーと出会って好きになり、関係を近づけようと魔法とか色々教える。

●闇の魔術を多く習得していたから、スリザリン生の中でもスネイプは異端扱いでボッチ。

●リリーの事を闇の魔術を嫌うジェームズ・ポッターも好きになったから、リリーと友人関係にあるスネイプと対立する。

●スネイプは、ジェームズ・ポッターと、その友人達(シリウス・ブラック、リーマス・ルーピン、ピーター・ペティグリュー)に苛められて、トウラマになる。

●苛められている間にリリーとスネイプとの関係は疎遠になり、リリーとの仲を元に戻すためにスネイプ先生は更に勉学に励み、死喰い人になろうと頑張る事でリリーの好意を得ようとした。

●死喰い人に就職できたけど、リリーはジェームズ・ポッターと結婚し、バカップルになった!スネイプ先生絶望ずるじがない!

●死喰い人の仕事でスパイをやっていたら、ヴォルデモート卿がポッター家の命を狙っている事を知り、大好きなリリーを守るためにダンブルドアを頼るが、リリーが死亡した。

●リリーが死亡して絶望したから、代わりの希望として息子のハリー・ポッターを守るために頑張る。

●ハリー・ポッターを守るために行動するも、序盤はハリー・ポッター達から敵だと勘違いされて対応される。

●シリウス・ブラックを敵だと勘違いして捕縛しようとしたせいで、後にヴォルデモード卿を復活させるピーター・ペティグリューを逃がしてしまった。
これが原因でハリーを守る難易度がルナティックになる。

●ハリー・ポッターが生き残れるように心を鬼にし、精神的に鍛えるために、色々とやったらハリー・ポッターの父親に苛められた暗黒の学生時代の記憶を読まれて涙目。

●ハリーそのものが巻を追うごとにキチガイに育ちつつある。

●ダンブルドアと事前の打ち合わせ通りに、寿命がそろそろ尽きる予定のダンブルドアをスネイプ先生が殺害し、ヴォルデモート陣営に所属した振りをして、ホグワーツの校長に就任する。
全てはハリーを守るためだけど人殺し呼ばわりされる。

●最後は、ホグワーツ防衛隊と死喰い人との戦いでナギニに致命傷を負わされて人生終了。



(´・ω・`)つまり、大好きな娘を苛め子に奪われた上に、その娘との間に出来た息子を守るために頑張った不器用で可哀そうな人なんだ。
(´・ω・`)そして、守るために頑張ったけど、勘違いされたりして最後まで自己犠牲すぎるお人だよ。


(´・ω・`)もしも、ハリー・ポッターが母親似の美少女さんだったら、スネイプ先生はきっと救われる(キリッ
きっと、手を出してアズガバン行き・・・げふんげふん。
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

12 件のコメント:

  1. ホグワーツは管理が厳しい割に、情操教育がとても下手糞なんだなって思うよ。
    トム・リドルという才能豊かな魔法使いをまともに育てられず、ヴォルデモートにしてしまったし
    実の子であるハリーでさえも退くような、ジェームズ達のスネイプへのいじめも放置していたっぽいし。
    まぁ諸先生方は自寮をあからさまに優遇するし、校長が特定の生徒を贔屓する学校だから当然かな?

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)スリザリンの寮生が一番ぐれそうだった。
      公的に性格が悪い扱い(キリッ

      削除
    2. あんまり知られてない事ですけど日本ってかなり生徒に対して平等ですし、しっかり教育方法を学んでいるんですよね。
      だから教員の平均が非常に高いんです。(その分上が居ないんですけどね)
      欧米だと(例外はありますが)大概の先生がごく普通に生徒を贔屓しています。
      それに自分から積極的に発言しなくては居ないも同然な文化が合わさって、コミュ障な人は誰にも悪意がなくとも完全な無視状態になるという……
      後、情操教育は家で(と言うか自分で?)やるもの、という意識が強い気がします。
      もっと言えば宗教任せと言うか……
      学校は自分の力で知識を獲得する場所、と言うのが根底にある気がします。

      削除
    3. (´・ω・`)日本の常識は、世界の非常識って奴だね。

      削除
  2. ついでに、ハリーを助けに行ったら、
    裏切り者のシリウス(勘違い)と狼男がハリーと一緒にいたので
    リリーの仇をとろうとしてシリウスを捕縛したら、
    真犯人に逃げられてヴォルデモート復活の原因を作った。も追加で
    ジェームズぇ・・・

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)追加した。おかげでハリーを守る難易度がルナティックになってしまった有様だよ。

      削除
    2. ありがとうございます。

      あのときのヴォルさんは、フォイフォイぱぱのせいで魂一個失って
      配下への不信感MAXで、追い詰められてたのに。(´・ω・`)

      削除
  3. 寝取られではないだろ

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)友達の段階で関係が終わってしまった有様だった。

      削除
  4. でも学生中でも穢れた血をいうまではまだジェームズを嫌っていてフラグは立っていたと思うのに自分で自分の弱さからいっちゃったせいでだめに
    なったからな。

    二重スパイになるときのリリーのためにすべてを捨てる覚悟をもっと早く持っていればよかったのだろう。

    返信削除
  5. ハリーポッターって、結局のところダンブルドアのせい。
    それでなんかすべてのかたがつく気がする。

    返信削除
  6. 憎いあんちくしょうになったせいでハリーへの想いが複雑になったよね!
    ハリーが母親似の美少女だったら間違いなく贔屓しまくりだったに違いない!!!

 

ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!


カウンター日別表示