ハンターハンター欄にゆっくり戻るよ!
HUNTER×HUNTER 【45】-【2】  
【習作】王直属護衛軍をやってるんだが何か質問ある?(H×H二次 オリ主)  (TS)A

カウンター日別表示


     /      |::::::::::::::::::::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /       |::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厂\
  /         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \

(´・ω・`)なんか、ずっと原作と同じ展開


●コムギの才能を見た事で、女主人公は自分の才能のなさに絶望する!
女主人公「な、なんて才能の凄さなんだ!
どっちも絶対に越えられない壁って奴を感じるよ! 」

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
【習作】王直属護衛軍をやってるんだが何か質問ある?(H×H二次 オリ主)  (TS) 【二章 メルエム誕生】 作者 ■■ AA 5-  2014/05/26  





第五話--
キメラアントの王が誕生した。
可能ならば、人間側に寝返りたいが姉のピトーや、護衛軍が王様に忠誠を誓っているので無理っぽい
ガンダムネタでふざけた事をメルエムの前でやろうとしたら、メルエムに暴力を振るわれたのでゆっくりできなかった。 
--
 
第六話ー
東ゴルトー共和国へと到着し、メルエムはそこの王様になった。
暇な時間を潰すためにコムギと軍儀をやっており、女主人公はその大局の様子を、知力を強化する事で把握しようとするが・・・二人とも、女主人公じゃ理解できないくらいに、才能に溢れている!
本物のプロが凄すぎて、女主人公じゃ絶対に越えられない壁って奴を感じさせてくれた。 
ーー
転生前もそうだった。一般人の俺は何をやっても絶対超えられない壁という物を感じる。

 プロという存在がいる……それこそ分野によってそのレベルは千差万別だが一体どこまでソレを突き詰めればそこまで到達できるのか想像もつかないような存在がいた。

 この世界でもそうだ、そしてそういう奴らに対抗するための【俺Tueeee/アラベスク】である。キメラアントの元々のポテンシャルと1分野にのみ限定的に特化することが出来る念能力。その二つを武器に化け物たちに対応しようと考えていたが甘かった。

 転生し、素の状態で既にあるアドバンテージに念をプラスしても届き得ない存在達。もし俺がゴンさんと相対したとき、俺の力はピトーを逃がす時間すら稼げないのではないか?
(´・ω・`)この獣娘が勝利する事は 以下略
(´・ω・`)キメラアント側の勝利にほとんど貢献できなさそうな雰囲気。

第七話-メルエムがコムギとの対局で敗北しまくって、自分で自分の腕を切断したりと原作通りのイベントをやっていた。
女主人公さんは、原作通りに進む展開に疑問を抱き・・・実はコムギはスパイなんじゃね?って疑ったけど、調べてもスパイの証拠さんは出てこない--

「スパイでもないし、操られている可能性もほとんど無いならどうでもいいんじゃない? そもそも王直属護衛軍は王がどう変わろうとも付き従えばいいんだし。」

 【俺Tueeee/アラベスク】で「精神力」を強化しているせいかもしれないが、良くもまあ王へ付き従う等と嘘八百を並べられるもんだ。誰が鳥を操っているのかは気になるがここでコムギが殺されて原作からずれるのが回避されるのであれば後はどうでもいいや。

 太陽が昇ってきた、今日は王宮前に東ゴルトーの国民が集まる日であり、討伐隊が王宮に攻撃を仕掛けてくる日でもある。

 俺にとってターニングポイント。4人目の俺がいることが原作にどのような影響を与えているかわからないが、【俺Tueeee/アラベスク】の応用力が俺と姉さんをうまいこと助けてくれることを願おう。
(´・ω・`)原作沿いか、何のためにこのオリ主いるんだろう。

第八話-女主人公さんは、討伐隊がやってきた事でメルエムへの敬意を持ってしまった。
なんとしてでも、メルエムを生存させねばならないと思い行動するが・・・ネテロ会長は護衛軍の暗殺を依頼していた!
主人公がいるせいで、原作と剥離し、メルエムはネテロ会長と一緒に別の場所に移動してしまう!
つまり、もう詰んだ。
貧者の薔薇が、ネテロ会長の中にある事をメルエムは知らない。
-
(´・ω・`)もう詰んでおる

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 


ハンターハンター欄にゆっくり戻るよ!

ブログパーツ ブログパーツ