ゆっくり戻るよ!
HUNTER×HUNTER 【14】-【6】
奇妙な果実(TS)E
【三章「The TEST」 】 【中篇 第一次試験 イルミが奴隷になったよ!】
ブログ】【 kururu 】

カウンター日別表示
                     ,.................. ,
       _, -'´::::::::ヽ,
       /:::::, -‐、::::::::ヽ l /ノlィ
      <「ヽ-'   ヽ:::::l{ヾ:::::::::::::::::彡:
      <}、_ヽ    ヽ ::::::::::::::::::::::::::::彡
       `'ヽ'    ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐
             三:::::::::::::::::::::::::::::::::::彡 美味しい寿司は!
           ,、-'ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ:::ヽ、
         /ヽlヽl彡,v、ィィ:::::::::::::ヾl!l!:::::l`ヽ
         l{_ .r‐'' ´ヽ,〃ヾ'l>l  ヽlヽ:::l  l      |
       / >'´   へf ='‐ヘ::`ヽ「 ´ヽ」::〉‐l      |
       ヾ-'´          '--、‐、__ノ::::ノ l l     |
                      丶;::::::::l  l l   | /|
                        }:::::::l , -l l  /  l/|
                        }:::::::l  ,‐l'、、r 、   |
                        l:::::::l '´ ',ヽ l \  |
                       〈:::::::l ヽ   /!__ ヽ, く
                         l::::::l `-ー'´(_ ノ_r'`
              }ー' ヽ       l::::::l   ‐-、 /
          、vvv, >ぺッ/       l:::::::l   ヽ   >
          ミ:;:;:;:;rノ-' ^'        l:::::::l    」 (
          lf'、ノ}:::、           l::::::l   ヽr、r−
         ノrゝ;´;;;ハ         ノ:::::::>     l
         f_ァ「ゞヽヽ,        T''' T     |
          ヾ'`   ヽ」        ノ   ヽ、
                ヽゝ   ⊂ L「 l }ヘ`ー、
                        ヒlヽコ`ヽ'

                    _
                  , -':´r '_,ニヽ、_
                /::::::/ ´_    ゝ,
                /2l/|/    `’ハ,}',
               l!_ノ!   '‐、___ `'' {リ  俺達が作る!
               |:;l「      、二‐ /    はい!昆虫寿司!
          __ _ ノくヘ;l   ヽ、    /!   
       /       l、     :ー:;r‐'ノ    メンチ「ふざけんな!死ね!」
      /         '、`ヽ   「、,
     /     | l     ヽ ` -- l \
   /       | | /     ヽ_ ノ  lヽ、
   l        } l /           l } |
   /、_       l/            l! l
  /  ``ヽ、   l              '、:l
        ブ´               ヽ!
    _ノ /                  ',
    「r' ´l                    ',
     ヽ /                    l
(´・ω・`)マフィアだらけのプロハンター試験の【三章「The TEST」 】 【第二次試験  昆虫寿司!】だよ。
うん、美味しいからって理由で、昆虫寿司を出す馬鹿がいたんだ。
つまりっ!
とんでもない!
ゲテモノ料理っ!

●ゲレタって奴と協力して、豚の丸焼に合格
女主人公(´・ω・`)豚の丸焼を美味しく作るための方法っ!それは臓器を抜いて焼く!
そうすれば美味しくなる!
きっと、他の受験者は全部失格だな。うん。豚を丸ごと焼いただけだと不味いだろ・・・
試験管(´・ω・`)全部美味しかった。全部合格!
女主人公(´・ω・`)・・・え?なに、この悪食。
工夫して頑張ったのに何の意味もない有様だよ


●次のメンチのスシ試験
陰獣の病犬(´・ω・`)美味しい寿司作った。
メンチ(´・ω・`)よし、お前合格☆
陰獣の蛭(´・ω・`)大好物の昆虫寿司を作った。美味しいよ。

メンチ(´・ω・`)ふざけんな。こんなゲテモノ料理食えるか!
陰獣の蛭(´・ω・`)殴り飛ばされてゆんやっー!

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
 奇妙な果実 (TS) 【三章「The TEST」 】 【第二次試験  昆虫寿司!】   Arcadia 作者:kururu  SS  5話 2014/07/05  



 3] Chapter3 「The TEST」 ep5 ープロハンター二次試験は、豚を狩って焼く。
豚はとっても獰猛な生き物な事もあって、ハンターらしい試験内容だったから、皆が安心した。

でも、試験の制限時間が、試験管が満腹になるまでの間だったので、女主人公はゲレタという男と協力して、役割分担。
狩ると焼くの仕事を別々にやる事で効率よく仕事をこなしたが・・・周りの連中が駄目駄目
豚の臓器を抜かずにそのまま焼いている!
おま!そのやり方でやったら、まずい丸焼にしかならんぞ!
しかも、試験管のブハラが不味いはずの丸焼を平然と食べまくり、超悪食だった。

女主人公達のやった美味しくするための努力は無意味だったんだよ!

更に第二次試験は、マフィアン・コミュニティは十老頭自慢の走狗、陰獣・病犬。
105番ジャック・イルネスが合格しちゃった。
美食ハンターすら認めさせる技量!
だがっ!問題はっ!
次の陰獣・蛭!
出した寿司は昆虫寿司!
うわああああああああああああああああああああああ!!!!
ごんなの食べられるかあああああああああああああ!!!
って事で、美味しくても蛭はメンチに制裁されてしまったそうな。   
ーー
「カラっと高温の油で揚げたカマドウマと酢飯の織り成すコンビネーション!!ぷりっぷりの腹を食い破れば、濃厚なミルクみたいな味のハラワタがぷちゅっと飛び出てきてうめえ!!足もしっかり揚げてあるからカリカリしててスナック感覚でいける!!そいつを贅沢にスシにした!!さあ、食ってくれ!!」

蛭の眼は、"本気"と書いて"マジ"と読むそれだった。彼は、本当においしいスシを差し出しているつもりなのだ。

ウジムシ入りチーズや虫のわいたまま食するセップ茸、満干全席にも入っている蠍の素揚げ等、世界には虫を食う民族は意外に多いし、メンチもグルメハンターとして世界を廻っているので、そのくらいの知識はある。世界的には、うまい食べ物を食って育った虫はうまいという認識が多数派だということも理解している。

栄養学的に見ても、蛾の蛹や幼虫などは、乾燥重量の50%以上がタンパク質であり、ミネラル類にも富むため、非常に効率的な食べ物であることも知っている。

生態学的に見ても、昆虫は食べた植物エネルギーを体質量(ボディマス)に変換する効率が平均40%にも上り、魚類の10%や恒温動物の1〜3%に比べて非常に優れているので、極めて効率の良い動物性蛋白質であることも理解している。

繰り返すが、上記のことをメンチは理解している。・・・ああ、理解しているのである。

だが、理解できるという事と、生理的に受け入れられるかどうかというのは、全く別次元の問題だ。

「ふぁっきゅうぅぅぅ!!!!ってめええええええ、なんつーものをスシに乗せやがった!!!」

「ほげええええええええええええ!!!!」

怒りとともに繰り出された右ストレートは、見事に蛭のどてっぱらを打ち抜き、はるか場外へと吹っ飛ばしたのだった。
(´・ω・`)虫料理を食べないなんてもったいない!(グルメハンターとして

 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ