戻る(・ω・`)
ギャラクシーエンジェルA 
僕と兄貴と銀河天使と【無印完結】【第2部
完結】

作者  HIGU  【ブログ

カウンター日別表示




←前のページ  次のページ→ 
僕と兄貴と銀河天使と【無印完結】【第2部完結】 Arcadia 作者:HIGU SS 45話 2011/04/24
神様によって、紋章機を操れる能力を持って現実から辺境の貴族として転生し、原作キャラを攻略しようと最後がどうなったのかも知らない原作に介入するお話さんだよ。

●敵艦に超接近して斬り付ける危ない超接近戦仕様の紋章機。ランファよりも危ない機体。
●ヒロインは、クロミエと見せかけて第3部まで出てこないから笑った。
●主人公は、ヴァル・ヴァスクの血を引いている

5話あたり --トリッパーの兄のせいで無人艦隊は更に強力になっていた。AIは更に高度化し、人員も全く必要としないため、主人公が原作に介入しなければ、エルシオールは終了していたのだった--

18話あたり --エオニアの家臣シェリーは、人生の最後にエオニアに映像の中で告白され、幸せの中で死んでいった。一方、原作の主人公キャラクターであるタクトは、この戦闘イベントで、本領を発揮したラッキースターのパイロット ミルフィーユに好きだと返事をされたことで、タクトのミルフィーユルートが確定したのである。--

19話あたり --ラクレットの紋章機は、戦闘機よりも艦艇などの大きな標的のほうが相性が良い切り込み機である。リミッターを解除された事で、圧倒的な速度で敵艦に迫り、ゼロ距離からの圧倒的な連続攻撃を決める事と、圧倒的な弾幕を回避する天才的な操縦技能でチートになっていた--

第二部1話あたり --ラクレットの兄エメンタール・ヴァルターは、己の寿命までの間が平和ならクロノクェイクボムを使われてもいいと考えていた。常に安全牌を引ける位置で戦っているのである。--

エオニアのクーデターが完全に成功しても、その独裁国家で生き延びよう事ができるように考えるっていうアイデアがいいね!ヴァル・ファスクがクロノクェイクボムを使っても、自分の領地内だけは移動可能っていう狡猾さがたまらんよ!

第2部 エピローグ--主人公はヴァル・ファスクだった事が判明した。
普通に先祖がヴァル・ファスク。
兄弟もヴァル・ファスク。
--

(´・ω・`)ちとせとフラグを立てていたと思ったら、クロミエとフラグを立てていた。な、何を言っているのかわからないかもしれないが、主人公がヴァル・ファスクと同じ種族という衝撃的な終わり方をしているよりもクロミエ攻略している事実の方が驚愕だった。

←前のページ  次のページ→ 
ブログパーツ ブログパーツ
戻る(・ω・`)


カウンター日別表示