ゆっくり戻るよ!

Fate/Zero【41】
セイバーになって、奮闘記 
【プロローグ セイバーに憑依したよ!】

ブログ】 作者 アインシェル  【TS・性転換


カウンター日別表示
 
                   //                 \  \  l|
               //         〃          ヽヽ   ∨\
                  //   〃 〃  〃 ||   |l      ‖‖   |  ||
              //   〃 l |l  |l /∧ ‖ |l  ll  |l ‖   ト、∧
                | |l  |l |l ||  || ‖ |l |ハl  |l  |l ‖   | |〃 キリツグ!
                | ||   |l |l ||  || ‖ |l |l |l   |l  || ‖   | |《 私を無視するな!
                | ||   |l 廾=|-」、|∧||  ヾ、|! |l_」斗 'i|´||  l| | 》
              Vハ  |l || z=≠≧、:::::::::::ヽ/,z≦示z、||  l| |《
               |ヾl|ト|| 《 |l{ .0}l``::::::::::::´´::|{0.}l|〃|  l| |/
               |l lトハ  ヾ三‐':::::::.{{::::::::::::ヾ三‐'  ||   l| |
               |l  |lハ       _____       l||   l|/
               |l  |lトハ     |ニ. 二、,二.ヽ|     /z||   l|
               |l  |||‐人    V: : : : :ン    /'´ ||   l|
               |l  |||  __\   \――/  /ー、,||   l|
               |l  |||//7/iヽ、 ` ̄ .,. イ|ト、`\||   l|
               |l  |||////_」==>=≦zr‐zl|_ ヘ  ||   l|
                    |l   |||////ム____|__|__|| }_ト||   |l〉
     _____   |l  川 ̄ ̄ ̄ __    ,、- 、 ̄\| 〃
   /」==== =z\ |l 〃/|       \ハヽ  {{       | /ー 、
  //           ヾ>イ|//ム<三三≧z、\ハ  ヾ=ヘ   ィレ   |ー──‐--、

(´・ω・`)現実からセイバーに憑依し、第四次聖杯戦争に挑む【プロローグ セイバーに憑依したよ!】だよ。
衛宮キリツグに無視されないために、序盤から積極的に話しかけまくったおかげで、協力関係になって・・・・とってもセイバー(の発言)が天使だった。


「ぜ、全力で頑張ります!」
「あ、ああ……。ところで、君の願いを聞いてもいいかい?」
「願いですか?」

 困った。もう、これが夢じゃないって事は分かった。けど、聖杯を使っても元の世界に元の状態で戻るのは不可能な気がする。せめて、この状況に至った理由でも分かれば話は違うけど……。
 聖杯が穢れているなら、どっちにしても同じだけど、とりあえず、今は……、

「生きたいです」
「生きたい……?」

 目を見開く切嗣に言った。

「普通に生きたいです。美味しい御飯を食べて、色んな所に旅行に行って、恋愛とかして……」

 元の世界に帰れないとは言え、死にたくは無い。親父とお袋に会いたいけど、無理だろうし……。
 なら、せめて、この世界で生きていきたい。

「……そうか、そうだよな」

(´・ω・`)発言だけ見たら、まじセイバー天使
そして、とる作戦は冷徹非道。
衛宮キリツグ以上の外道策ばっかりよ!

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
セイバーになって、奮闘記  【プロローグ セイバーに憑依したよ!】 (TS)  作者;アインシェル SS 1話 2013/09/08



第一話「夢じゃなかった!」^--セイバーに憑依した人間さんは、衛宮キリツグにしつこく話しかけまくった。
その結果、原作のようにずっと無視されるという事態を避ける事に成功し、衛宮キリツグと意思疎通ができた。

このセイバー、傍目から見ると、とっても乙女で可愛らしい天使さん。 
 --
「ぜ、全力で頑張ります!」
「あ、ああ……。ところで、君の願いを聞いてもいいかい?」
「願いですか?」

 困った。もう、これが夢じゃないって事は分かった。けど、聖杯を使っても元の世界に元の状態で戻るのは不可能な気がする。せめて、この状況に至った理由でも分かれば話は違うけど……。
 聖杯が穢れているなら、どっちにしても同じだけど、とりあえず、今は……、

「生きたいです」
「生きたい……?」

 目を見開く切嗣に言った。

「普通に生きたいです。美味しい御飯を食べて、色んな所に旅行に行って、恋愛とかして……」

 元の世界に帰れないとは言え、死にたくは無い。親父とお袋に会いたいけど、無理だろうし……。
 なら、せめて、この世界で生きていきたい。

「……そうか、そうだよな」
(´・ω・`)天使がここにいるわ!


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ ブログパーツ