戻る(・ω・`) ブログ欄 
ブレイクブレイド 管理人の文章【2】
古代のロボットの性能が凄いけど操縦方法が分からなくて死にそうだった! → 第2話「アンダー・ゴゥレム(古代巨兵)」

カウンター日別表示
                           __ ________ ___
                             , イ;';';';';';';';';';、';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'ノ
                        , イ´;';';';';';';';';';';';';';';ヽ';\';';ハ';';';';';';';';';';';';';';';'/
                   , イ´;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'i;'ハ;';';';';';';';';';';';/
                   , イ⌒ <;';';';';';';';';';';';';';';'ヽ;';';';';';';';';';';';|';'リ;';';';';. -- '
              / <//>、` <;';';';';';';';';'`;';'ヽ;';';';';';';'; ;レ' ´ ̄
             /⌒>、 ` <//> 、` <_;';';';';';';';ヽ';';';';';';'|
                {  / ,イ > 、 ` <//>、. \;';';';';';';'\;';';';|
              } /⌒      > 、` <//>、\;';';';';';';';ヽ/
               //   .!    ヽ ヽ、> 、` <//) \;';';';';';';'\
           / | .i i |、.\   ハ_ .}__\ >、 `´.  \;';';';';';'; 〉
             { | ハ   |__\\. }_リェ-z Y   \    Y;';';';'/
             ヽ乂 .〉 {┬、  `Y 乂i;jリ゙| i  i ヽ    .};';';'/ 主人公の事大好き!
             \/  .ハ乂!         リイ   .!  ハ  /;';';/
                 /     } ノ      , ′! / | ! } /;';';/  ←王妃(人妻)
             /   / ∧ヽ    /  ,′ .,' ! / /;';/
           /  ./ /  ヽ ‐‐ /   //  / リ /;';イ
          /   / ./{   `X   //  / .///;';';\
            /   /  ヽ. /   ̄|. /  / /;';';';';';';';';ノ
.        _,'__/_.. - ' Y r―'二ニ./  / /;';';';';';';';;/
   , '´ ̄ ,' i  / ,-==テ´V ノ-i´---./  / /イ;';';';'/i
        i /!  {〃/∠イY  |';';';' / , ′/;';';';';';';';';';' \
        |' .乂 .∠彡三彡乂_,ノ;';'; / / , ';';';';';';';';';';';';';';/
        |   / / ./;';';〃';';';';/ / /;';';';';';';';';';';';';';'/
         乂 //(;';';';'〃;';';';'/ /! ./;';';';';';';';';';';';';';'/
.         //, へ ヽ〃';';';' / /,.';'|/ ;';';';';';';';';';';';';';'{
          \ <(::: 〃Y;';';'/ /;';';'/';';';';';';';';';';';';';';';';ハ
             i\ ` <〉|;';'/ /';';';';|';';';';';';';';';';';';';';';';';';ハ
             |;';';'\__二,′/二二|二二二二二二ヽ_∧
           ',;';';';';';';';';';';'i  |';';';';';!;';';';';';';';';';{    ヽ__/
           ヽ;';';';';';';';';'|  !;';';';';';';';';';';';';';';';';';'〉
            |\;';';';、' | |;ヽ、';';';';';';';';';';';';';';'ト、
.               |;';';';';`';';';| !'ヽハ;';';ヽ、 ';';';';';'イ;';';\
.               ∧;';';';';';';ハ |';';';';ハ';';';';';';ー';';';'|;;';';';';'\
           |;';ヽ';';';';';' ' リ;';';';';'ハ;';';';';';';';';';';'|;;';';';';';';';'\

←前のページ  次のページ→ 
古代のロボットの性能が凄いけど操縦方法が分からなくて死にそうだった! → 第2話「アンダー・ゴゥレム(古代巨兵)」  2014/4/17
(´・ω・`)1000年前のロボットの性能さんは圧倒的なのぜ!

(´・ω・`)・・・常識的に考えて1000年経過しても動かせる時点で、きっと自己修復能力があるわ。うん。
第2話「アンダー・ゴゥレム(古代巨兵)」

簡易ストーリー解説(ゆっくり) 2014/4/17

主人公さんの乗った古代のロボットは性能が凄かった!
だから、敵軍を容易く返り討ちにでき・・ない!
どうやって操縦すればいいのおおおおおおっ?!!!!!

主人公「ゆおおおおおおおおおおおお!!!!!!
操縦方法とかよく分からなくて辛いけど、なんとか最初の1機を撃退したよ!
敵ロボットが対人用兵器で攻撃してくるミスをしてくれたからね!
ロボットの装甲に対人用兵器なんて通用しないんだよ!
あとは近くにある剣を拾って、戦・・・」


主人公の親友ゼス「連続射撃で倒してあげるよ!!
普通のロボットなら盾ごと貫通して撃破できる威力があるよ! 」

主人公「ゆぎゃあああああああああああああ!!!!
これだけ攻撃受けても大破しないチート装甲だけど、さすがに辛いいいいいい!!!!
このままじゃトドメを刺されるううううう!!!!」

主人公の親友ゼス「「親友な王様も発見したよ!
降伏してね!すぐでいいよ!
俺の知っている王様なら、素直に降伏してくれるよね?」

ロボット部隊「「「王様を守るために来たよおおおお!!!!!
銃弾の威力がやばいから、盾で銃弾を逸らして近付いて倒すよおおおお!!!」」」


主人公の親友ゼス「「・・・・・・・・どうやら、敵の援軍なロボット部隊が来たようだね!
ここは一時撤退して、本命の王都を攻撃させてもらう事にするよ!
王都を警備しているロボット80台の内、20台を撃破して戦意を喪失させる事を目的に行動するよ!
俺の知っている王様なら、降伏して無駄な犠牲を出さないはずだよね?」

主人公「やばい。
王都に来て、人妻の王妃とイチャイチャラブコメやっていたら、また襲撃な有様だよ。
これはもう、古代のロボットにのって戦うしかないよねぇ!
出撃するよおおおおおお!!!!!」

王妃「このロボット、主人公にしか動かせない有様だよ!
主人公の事が大好きで、危険な事から遠ざけたいのに、どんどん主人公さんが私のために頑張っているよ!
エロシーン担当も兼ねている可愛すぎる人妻でごめんねぇ!」


メ イ ン ヒ ロ イ ン  が 人 妻 
主人公の事が大好き。


(`・ω・´)人妻がどんどん主人公とイチャイチャしている様を見ると、なんてけしからん人妻なんだろう。
結婚指輪をつけるのをためらう時点で、離婚フラグだわ!
夫の王様以外の男と不倫☆
(`・ω・´)人妻の王妃がメインヒロインで、エロ担当も王妃。

(`・ω・´) な ん て 斬 新  な ア ニ メ な ん だ 。
←前のページ  次のページ→ 

6 件のコメント:

  1. 主人公の機体についてはどこまで判明してるっけ?
    イデの発現とか月光蝶まではいかなくともやばい機能が付いてたりして
    毒ガスとか

    返信削除
    返信
    1. イデもナノマシンも有ったら大変に過ぎるわな…
      トランザムみたく高速に運動出来るんじゃない?

      削除
    2. 不思議機能とかはなかったと思う。
      構造材とか動力・制御系の技術格差で性能がダンチなだけだった。
      そもそも、普通のゴーレムはパイロットの魔力で直接動かすというアレやし・・・

      削除
  2. 核動力ぽいんじゃなかったけ?臨界時間があるとか?
    機体の稼働時間 冷却時間みたいだし 臨界して核爆発しそう

    返信削除
  3. 今川版ジャイアントロボ的に魔力が使えなくなり
    通常ゴーレムが動けなくなる中
    主人公機奮闘
    なお、生身の人間のほうが活躍するもよう

    返信削除
    返信
    1. 十傑集をなめるなぁぁぁぁぁ

 

 ゆっくりしていってね!
戻る(・ω・`)
ブログパーツ ブログパーツ