戻る(・ω・`)

ベルセルク 管理人の文章【0】-【19】
娼婦のルカ姐さんは他人に優しすぎる聖女さんだった。
                    __-―-v-―-- ..
                  ,. ''"/ ̄ ヽy_-‐、 丶` ヽ
                // /// ハヾ ヽヽ \`ヽ
   / ̄ ̄ ̄ ̄\    / /  ///リ l リヽ   \  ヽ, \     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   / し 張 つ 丶  / / //   ハ  ハ ヾ    ヾ、 \ ヽ,    | だ も ど あ |
   | れ  っ ま  |   / / /   // l l ヽ、 丶    ヽ  'iヽ i,   | し ん う  た |
   | な .て .ん  |  i'  l li   //ハ 'i;  \,,ヽ  丶'i;  i  i    |    じ こ  し |
   | い る  な  |  l i l li /  / / 丶 ヽ,,,_,,`ゝ、   i  l  l   .|    ゃ .う  一 .|
   | け だ  い  |  li l l / / /_,,- \\" _..--,,,\ l ハ  i   |   無 で 人 |
   | ど け  意  |  l  l li l  /__,,, ヽ、 \\''てゾ ヾi l i  'l   |   さ き の |
   | ・  か  地 .ゝ キ i li  イてソ"    \ヽ""   i iソl i l ∠   そ る 力 .|
   | ・  も    /   l i ト:. i l ""       ヾヽ、  l  l i  i  |    う    で |
   \      /    l,丶ヾ;,i l     ..:      ヾヽ l'i   i ヾ i,  \_____/
.     >     <     i ヽ\l       -        l l/::ト  l ヽ ヽ、
    /  き 行 ヽ     i ヾヾヽ\     --――'` l l::::lヾ  i丶ヽ丶 ヽ、
    |.  ゃ か  |    ハ丶\;,\ヽ、    ̄    /ヽ、lヾ丶 \ `ヽゝ\`ヽ
    |    な  .|   // l丶丶\丶:::::丶、    /:::::`トヽヽ\\\ミヾヽ \\
    \____/  ///l ヾ \ ヽ丶 ヽ `ー ':::::::   lハ \ハヽ  `ヽ l   l i
             ////  ハ ヾ丶\ヽ、`\..::::.    トヾ  ミ  ミ ミヾ `ヽヽ、l l'
            l( ./ / ..:: ..::ハ ヽハ\ ヽ、 `ヽ丶,    .lilヾミ i  ミヽ`ヽ :: リハヽ \
            l l( .:  //// /-、,/ ヽ、ヽ, l l    ;-i;;::::;;;;;::..::.ヾソ l i/ :lリi ト、 ヽ、
          ,-‐:::::::リ ..::ソ::ヾli  l::"';,ヽ、 l l  l l  /.::,-'"..::.;;;;'"~..::.:::///..:..:.::ヽ、`\ヽ
         /;;;::.:.:.:::::l  ハ;;"';,\ヾ"';,,,:;,,\l l ヾヽ/..::,;''",,;;''""..::.:.:.::..;;/ /l.:..:..:..::.:;;ヽ, i/

.-/       ヽ::、::::::|:i::::i:|:::::::::::::::\:::::/:::::::r::ノ:::/:i:::|::::|::i:::|:::|    ヽ;:ノ:::/;/:::l    .j::/:::::::::/
::::l  お  早  l::::`'':|:i:::i:|:::===::、::::ヾ!:::::/'´:;r'゙:::://:::/::::/::;ハ,     ゙、::/'´::::::::|   /:ノノ::/
-:|  逃.  く   >ー:゙i:i:::i:l,::::二:ヽ;::--、l;::i::::/7≡::::;/、=ゞ;こゝl,    l,:::''"`:r' 、   /::::_;/    /
:-|  げ      |:ヾ三:゙、:゙、ヽ、_,./:::::::;:--、ヽ:!‐'´    `゙ヾ二::::::゙、  ‐ '゙、:::::::/  ヽ/L/     /
三l,        l、:::::`'''-';>、:::--::'/´フ        u   \=:ァ::}   ヽ‐-'     l,   /
 ,.ヽ        /:r'⌒ヽ/::::::/::::ブ/:::/u                Y::::|     \ヽ、    ヽ./   _,,.-
//::::::\ __,ノ:::/   ゙i:::::/::::/:/::::/            ,.r=''''' ゙i{:l,      ヽ ヽ、,,,__  `r゙‐''´
゙ヽ、:::,.=≡ヽ:::::::ヽ;|    |:;j::::/ノ:::/:!  u          ,;ッ'" ,,.、  ト;゙、             l
   ゙ヽ、:::::::::\::::::l,     l,::::::::_,.ノ::i゙         、.rジ ,.ィ,! ゙!  ゙i,iヽ、  ____    ゙i    >-‐‐''''
、    ゙ヽ、:::`''ヽ、:゙、ー‐ ゙、:::::::_,ノ   __,,,,.---、;i     'i ,ゞ' '"  u゙Vi:l;;ヽー''^ー    |    /l,
:::゙ヽ、    \:::ー'´::゙i,   ゙、::ミ. ,r‐'''''""´__,.`゙     ´     r'゙:::l/;;;;;;l,       |    〉 \
=、::ヽ:゙ヽ、   :i ゙ヽ--'゙:i.    \i、   r‐''l;;・;},,.`          .!:i:::{:{;;;;;;;;;゙、     l    i    ゙ヽ、
,.r‐`-::::‐::゙ヽ,/    / :! :i     ゙、:、  ヽ= ''´            l;i:ノ`il;;;;;;;;;;ヽ        jヽ,
 ̄ `゙''''ー‐' '    /,.  :|     |::`ヽ,        、 _ ,r' __  r':::i::ヾ'ー 、;;;`''-、、,,,,___,/;;/ `''-、
        i      ::|    ,i`i:ヾ;::ヽ       __,.-'゙,ヘ`i ヽ;:::ミ::三ヾヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
ー----─- 、ノ    ゙i,   :゙i,   ,./;;;il,::il:::::i:l、  .__   〈て´ _,ノ,}  /!ーi.、ミ;:ミ:::ヽーt--‐'"
   /:::/:゙i,}     ゙i,   ヽ/l;;;;;;;;`''''ヽ;:|::゙ヽ‐、゙v;フヽ、二、-'゙ /;;}.:.:.jリ.:l、:l、_.:.:.:.:.l.:!
    ,、-'"  ヽ          ゙、;;;;;;;;;;;;;l,゙、;V:r:li:i::l´;ミ:、  '''",/r'.:.:.:/.:.:.|.:`'''|`i.:.:.l.:|
  ./     _,,,,__   ヽ      |;;;;;;;;;;;;/:j:`'i::゙i'::レ'::::l::-`゙''''"..:.|i.:.:./.:.:./.:.:.:.:|.:.゙i.:.:l.:|
/    ,、-'"i:;;;l }`    ゙i     ,j;;;;;/rイ二!::il::,ィ'-<,,_.:.:__,、-r。t<ラノ.:/.:.:.:.:.:.j.:.:.j.:.:l.:|
   ,.-''";ノ::ノ:::`i゙  ゙i  |    /;//ハ-::',ノ;;ノ.:.:゙ヽ、`.:.:.:.::じi.:゙i=''".:.:.:.:.:./.:./.:.:.l.ノ

               _,,、、、、,,,,__
           ,、-'":::::::::::::;、-=ァ'`iミ::、
           /::::/:::::::/::::::::::::::;ィ!::i:|:`ヽ
         /::/:::/:::::://:::::::::::/ |:::i::ト、、:ヽ
          /:/::::;'::::::/::/::::::::/、,,,_ |:::::| '、',::',
        i::;'::::/:::::;'::/::::/__   `,'::::,'  i:i:::',
         |::i//::::::;':;'::/  ~``ヾ /:::/'"ヽ,.|:i::::!
         |::i:'::::::i:::i|::i   ∵  /:/l=、_, /:i:::| 体を売って皆を養うよ。
          |::i:i:i::::i:::i|::|     /'′ ヽ∴,'i::i:::l
          |::i:i:i::::i:::i|;:|   ,、-'"    '::r' /;':;';ィ'
         |::i:ii:::::i:::i|ヾ:、      ``ニ -' .//::〃
        |::i:i::::::i;:::|:::、`       ,.イ///
        |::i::i:::::i::i::', :::::... 、  ___,ノ:::i;'::/
         |::i::i!::::i::i::::i  :::::::::::::/:://i:::ii::::!
         /::i::i:i::::i::i::::i      ,'|:::i::i::i:::i:i、::'、
      /::/;ィ':i:::;'::i:::i′    ヾ:!:、:ヾヾ::r'─‐-、
     /:::/彡::i::;'::;':/       |i:::i:::゙i:i:::i|     ヽ
←前のページ  次のページ→ 
娼婦のルカ姐さんは他人に優しすぎる聖女さんだった。   2014/3/30

(´・ω・`)ルカ姐さん。
それはとっても聖女すぎる優しい娼婦。
難民となり、生活に困り果てた娼婦達を纏め上げ、苛酷な環境で皆と協力して生き延びようとする人。
(´・ω・`)行動を纏めると?
●娼婦として皆を纏め上げて生活する。廃人状態のメインヒロインを見捨てない時点で優しすぎる。
ルカ姐さん「難民になったから、生活するために身体を売るよ!
色んな男に抱かれてスッキリーして、金を得るよ!
更に異端審問にかけられないために、近所の住民に稼いだ物資を配るよ!
・・・ゆっ?廃人なメインヒロイン?
養ってあげるよ!稼ぎは全員で公平に分配だよ!」


●高い場所から落ちそうなる状況で、自分の命よりもニーナを優先して飛びおり自殺する。
ルカ姐さん「このままじゃ皆を巻き添えにしちゃうよ!
ゆっくりせずに救いの手を、自分から離して自殺するよおおおお!!!!!
・・・・ゆぎゃあああああああああああああああああああああ!!!!!
こんな高層から落ちたら本当に死ぬううううう!!!!!」
ドクロの騎士「良い奴すぎるから救済した」
ルカ姐さん「た、たすかった。」

●邪教に嵌ったニーナのために、自分を犠牲にしてニーナをタルの中に詰める。
ルカ姐さん「ゆぎゃああああああああああああああああああああ!!!!
なんか全てを溶かして吸収するスライムが、膨大な難民を食べてこっちに来ているよおおおお!!!!
ニーナを安全地帯なタルの中に隠して、自分は他の場所を探すよおおおお!!!!!」

ニーナ「ビッチな私のために優しすぎるよっ・・・!」
ルカ姐さん「井戸の中に落ちたら、スライムに食べ殺されずに済んだ!」


(´・ω・`)ベルセルクの中で屈指の聖女ヒロイン。
幸せになって欲しいけど
(´・ω・`)クシャーンがいる場所から遠く離れたところに移動する雰囲気だったから、今頃、魔物にレイプされて妊娠し、娼婦の皆も似たような運命を辿って死んでいるんじゃないかな。うん。

(´・ω・`)あの世界で女性として産まれるだけで罰ゲーム。
←前のページ  次のページ→ 

6 件のコメント:

  1. まさかの再登場には驚きました、はい
    正直あの都は居住していていい場所なのか、胡散臭さが半端ないですけど

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)最新話だと、ルカ姉さんが安全地帯でゆっくりしているんだね。

      削除
    2. ファルコニアが安全地帯とは限りません。
      グリフィスはそのうち蝕を起こすつもりで、
      生贄用の人間さんを集めている可能性だってあるんです。

      削除
  2. こういう人好きなんだよなあ
    世の中の理不尽さを知っていてそれを回避する為の知恵もあるのにとっさで仲間を庇う根っこが善人なところとか
    ああいうキャラは生き残ってほしいけどあの世界だからなあ・・・

    返信削除
  3. いつ完結するのか(そもそも完結できるの?この作品?)分からないが
    エピローグでおばあさんになった彼女が体験した事を語ってそうな気がするw
    聞き手はリッケルトとエリカとの間にできた子供や孫達とかw

    返信削除
    返信
    1. >聞き手はリッケルトとエリカとの間にできた子供や孫達とかw

      (´・ω・`)死亡フラグの塊の鷹の団で烙印を刻まれずに生存して、幸せになるとか、最高レベルの幸運野郎すぎるよ!

戻る(・ω・`)
ブログパーツ ブログパーツ


カウンター日別表示