戻る(・ω・`)


ベルセルクA 
(ネタ 猿男に憑依。ベルセルク 憑依系) @
                    iヽ                 |     ね  お  ち
                    l:::ヾ:.、  ,,,,...、、、、、、、..,,   /i!   i      |   尋   ょ
                    l::::::',::彡:::;;;;''::::::::::::::::::::::ミ;〈::;!i    i       ち   ね  い
                    !:::::::':彡:::;;;;::::::::::';;::::::::::::;;::::ヾj   ノ     ゃ   し   と
                  彡::::彡彡:::::::ro 、;;彡::::::::::':;rot;;i,  ´ヽ    ん  ま
                ,,:彡::::彡;;彡;:::::;;;;`'''";;;;彡::::__'`'";ミi,   ヽ      す
             ,,,、、彡:::::::::;;:;:;彡;:;:::::::::;;;;;;;;;;;:;:;::i´o;;;;;o):;;;;ミ     \      よ
    _,....,_,,、、.::‐'''''`"::::::::;;:::::::':::::;:;:;;;;;;;;〃;;;:_:;;;;:'''::::::::::`:ー::‐':::::::':;ミ      `ヽ、
 ,/´ _i⌒)゙==;、彡;:;::::::':::::::'::::::;:;:;:;;;;;;;;;:;:;/V`v、;;;_;;、rt┬r、;、;;ノミ;,        ``'' - 、,,__
/ ,/´  ̄   : :ヾ:、;;:;'::::::'::::;:;:;';;;;;;;;彡;;;;/ .,,,,__,,,,,,,_i/∨^^^^_∨ノ;;ミミ、
. /        : : :i i;;;:;:;:':::::::::::;:;:;;;;;〃;;;;i   ヾ(´O);:`t ''''T´iOノ i;;;;;:;: ,r 'フ´/フ"!三ミ:、
/       .o: : //;;;;;:;:;::::':::::::::;:;:;;;;;:;:;:ノ::..  `""´:::::ヽ l i,´ .:川: ! ,'  i:!  ゝ  ヽ、
: .       . : :_; ノノ;ヘ川;:;:::':::::'::::::;:;:;;;;;;;i、::::::::::;:r '  ::;::ノ   ',:;;ノ;:;:;:: 〉、ヽ ヾ! 、 ` - 、ヽ':,
二二二二´-‐''"!彡;;;i,从;:;:;::::::::'::::::::;:;;;;ii;::`::弋    ‘ー-、__,ノ.゙!;:;:;:;:: l )ソ l! ,! ミ 、へ ,r-'、
      o: : :,!,! 彡;;;';;i ',:;;;;';:;::':::::::::':;:;;;;;i. ヽ、:::.:.ヽ,_     _,,,, __,ノ;:;::::: ノ  ノリ ソミ 三 ニ:i、f⌒''、
   _._:_:,;ノノ 彡;;;;;;;;l !〃;;;:;::::::':::::::;:;;;;i    ヽ、 `ヾニ"亠ツo!;:;:;:: ‘1 u リミ ─ / //リ  ),!
二´ --‐t'i´   〃;;;';;i i  ',:;;;;:;::::::::':::::;;;;{、    i` ー--‐,.'" . !;;:;:;::::: '、  .:ヽ、 三彡ノ/' .;/
.  o: : :,!,!   .::l;;';;;;;:;!,!  リ;;;;;;:;:::::::::::;;;;i, `''- 、」,. -''"´o ,/!;:;:;:;:::::: ヽ _,;:: ソ リー;'"! i:. 〈
  . :_;.ノメ、  .:::::!;;;;;//    ',;;;;;;:;::::::::;;;;;;{_    o   ,. - '"  !;:;:;::;::;:;リ   _」,,,,,_  '、 `,) )
二´-‐ヾ/ヽ::::/z'/     ソ;;;;;;::::::::;;;;;i `ヽ、_,. -'"     リ;:;:;: ,.r:z;´、    ̄~~ヽ( r'
     ',‐-'i/_'' - 、,_     ',;;;;;;:;:;:;;;;;;;i            };:; /:.:.:.:.::'ィヘ        ソt、
. l::::::::::::;.、'‐'"ニコ`'' - 、`_'''- 、 o';;;;;;;;;;;;;;;;リ_,,.. -‐‐- 、,,_   o i;;; i:.:.:.:.:.:.:.:..:k´',        k{ヽ
´`''<´ i、 `-、,,_       `ヽ ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;i_,,.- ''''''''- .、,_`ヽ,/';;; }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'z 'x‐t‐rーィ、、_ ト{:.:!

(´・ω・`)原作で、グリフィスを絶望させまくった使徒ワイアルドに憑依して、とっても和やかで平和な日常を送るお話さん。

←前のページ(・ω・`)  次のページ→ 
 (ネタ 猿男に憑依。ベルセルク 憑依系) 【一章 黄金時代編】 【完結】 理想郷  作者:ハンズ AAA 26話  (2013/03/17 

(´・ω・`)現実から黒犬騎士団長ワイアルドに憑依しちゃう小説さんだよ。ワイアルトは原作で、グリフィス達を追撃するためにやってきた使徒さん。 エンジョイ&エキサイティングっていう叫び声と、格好悪い使徒形態が有名だね。

ガッツがドラゴン殺しの大剣をゲットする前に殺されているから、性能は使徒として普通なんだ、うん。

(´・ω・`)そんな憑依ワイアルドが、黒犬騎士団を使徒レベルになるまで鍛えまくってマッチョにして、穏やかな日々を過ごす黄金時代編。

とってもシュールで和むお話さんですのぜ。


にはつめ〜--ワイアルドに憑依した主人公は思った。ワイアルドは・・・・他の使徒みたいに飛べないし、弱点が露出しているし、使徒として性能が並すぎるのだ。ドラゴン殺しゲットする前のガッツに殺されるレベルの雑魚使徒であるっ!--
なぜなら、ワイアルドは使徒としては微妙だ…一部の使徒は、普通の人間を使徒擬に帰る力をもつが、原作ではワイアルドはその力を持っていないようだ。
 
 さらに、不死のゾッドのように飛行能力ももっていない……ていうか、ゾッドってむかつくぐらい万能だな…対空、対地両方対応できてるじゃん。

(´・ω・`)ゆへへへへへへっ!ワイアルドは恐ろしい雑魚使徒・・・げふんげふん。

さんぱつめ  --人を見ると食べたくなるので食べてしまった。それにより教会が敵となり、油断して牢獄に入れられてしまう!--
(´・ω・`)人間相手に気絶させられるとか、なんという雑魚使徒なんだ。

よんぱつめ --このワイアルドは原作通りに進めるつもりである。--

ごはつめ --ワイアルドは罪人達を強くしたら、死亡フラグは遠のくはずだと思い、原作でワイアルドの恐ろしさを証明するために、数ページで死亡していた甲冑ちぎりのバーボすらも生存させて、鬼の猛特訓をやらせている。--
(´・ω・`)バーボという名前があった事すら忘れているほどに、マイナーキャラがいて笑った。

ろっぱつめ --黒犬騎士団魔改造したせいで、チューダー騎士相手に無双し、チート軍隊になっていた。--

ななはつめ --黒犬騎士団は、とてもクリーンな軍隊になっていたので、王様の信頼まで得ている有能な騎士団さんだった--

 きゅうはつめ --ゾットと戦場で出会ってしまった。原作でワイアルドを背骨バキバキして殺したお人である。--

じゅっぱつめ --ゾットは強い人間の噂を聞いてやってきただけだった。それが同胞だったので残念に思って帰っていく。--
「……礼はいらん、…この辺境の戦場の噂をきき、やってきてみたら、噂の人物が同胞だったとは、…無駄足だ。」
(´・ω・`)ゾットは、強い人間っていう存在を求めているようだし、何かあるっぽいね。

じゅういっぱつめ -主人公は酒場で、難攻不落のドルドレイ城を攻略した鷹の団の皆とお酒を飲んでしまった。将来の使徒狩りヒャッハーなガッツとも顔見知りになってしまう!--
(´・ω・`)ドルドレイって事は、黄金時代はそろそろ終盤だね。

 じゅうさんぱつめ --グリフィスが救出されるまでの間が長いので、ワイアルドは遊ぶためのゲームを幾つも作りまくり、犬を勝手を暇つぶしまくっている! --

じゅうきゅうはつめ --鷹の団残党の追撃指令が、原作通り下った。これから先のミットランドは悲惨なので、主人公は騎士団丸ごと逃げ出すつもりである。--

じゅうきゅうはつめ --黒犬騎士団は鍛えすぎて洒落にならないほどのマッチョ集団だった。原作で壊滅同然の被害を出した罠すら、全部攻略して誰も死んでいないのである。追撃されているガッツ達は驚愕するっ! --

にじゅうめ--炎の中でも平然と行動できるように訓練していたので、全く大丈夫だった!原作の死亡イベントを全部はねのけているっ!--
………まあ、今回も大丈夫だと思ってたよ。…………こいつら、火の輪くぐりとかよくさせてるし。火に対する耐久力は最早人間やめてやがるし。………最初。かなりこいつら、嫌がってたな。………無理やりやらせようとしたら、泣きながらやめてやめて!!ってわめいてたな。………まあ、この火あぶりイベントあるのしってたし。………まあ、まともな奴がさせることじゃないと思ったけど。これもこのイベントのために、こいつらのためだと無理やり火の輪に放り投げました。………いやあ、放り投げたバーボが輪にはまって、危うく人間の丸焼きになるところだったよ。バーボが………いや、マッチョマンの丸焼きが。
(´・ω・`)何処の断罪の塔にある拷問施設だっ・・・!っていうレベルで苛めぬき過ぎて、主人公はやっぱり使徒だと思った。

にじゅうさんぱつめ -グリフィス達が絶望するようなセリフをはいて、華麗にワイアルドは場から離脱した!
だが、最後の最後で原作でワイアルドをぶち殺したゾットに会ってしまう! --
てめぇぇらのたいしょおぉぉのおぉぉぉ!!グリフィスはぁぁぁ!!二度と戦は出来ねえ体になっているうぅぅぅ!!」

…キャスカがやめろと叫ぶが、でもそんなの関係ねえ!!

「てめえらぁぁはわ!この国をでぇぇて!こいつをぉかつぎあげて一旗あげるつもぉりだったんだろうがぁ!!」
(´・ω・`)これはもう駄目だ。使徒狩りハンターになったガッツの抹殺対象レベルの発言ですのぜ。
(´・ω・`)なんという嫌がらせのためだけに来た奴ら。


にじゅうろくはつめ --グリフィスが原作通りに絶望して触が発生した。主人公は黒犬騎士団と皆で遠くから触の黒い竜巻を見て、新しい時代の到来だと思った。-
「………新しい時代の幕開けだ…………これから、全てが始まる。」
(´・ω・`)さすがに絶望地獄へと叩きこみまくるイベントなだけに、神妙な主人公さんですのぜ。

←前のページ(・ω・`)  次のページ→ 
ブログパーツ ブログパーツ
戻る(・ω・`)


カウンター日別表示