ゆっくり戻るよ!
アクエリオンEVOL【2】-【2】   
アクエリオンKASEGEA 

カウンター日別表示




                      /⌒ヽ/........ -‐===‐-ミ
                      .................∠ニニニニニニニニニ\━‐-
                    ............. ニニニニニニニニニニニニニ        `   .
                   r‐-|....... /ニニニニニニニニニニニニニニニ|
                   |  ....../ニニニニニニニニニニニニニニニ=|           \
               八  V/=ニニニニニニニニニニニニニニニニ
             -‐━‐-ミニニニニニニニニニニニニニニニニ7               ゚。
            {      |ニニニニニニニニニニニニニニニニ7                 ゚
            {      |ニニニニニニニニニニニニニニニ7                ゚。 .
                 \     八.ニニニニニニニニニニニニニア         |         . . .
                 \    ニニニニニニニニニニァ { {      卜   }   | . .  |
                〉    \ニニニニニニア__」L{ {_\〉   斗‐ \ハ‐- . . . . . 八
                  / \    /`¨¨¨¨¨¨´./  八{\〉   ∨  }  .斗ャxV . . . . ./
                    /    \_/|. . . {. . . . { .斗ャテ泝ミ,   }  ,  〃 __ノハ . . . . . ./
                /    |  ,八. . . .\ . . {厂 __ノ:ハ     }/    V_ツ . . /. .
                   |    \   \.八 乂...ツ         ー  {. {/
              |    |     {( \     <⌒ ー               .∨   \
              |/\_|      卜   ー-ミ }           ′     ハ    }
                      |_/⌒\| . .`¨¨人} }              / . . ー-ミV
                   .  -‐    . . . . . . .丿人        -‐    イ.. . . .\__人
                  ´     /. . . /. . { {. . . . . .         . . . {. . . . . . .   `
           .            / . . . . ′. . .\〉. . . . }≧=‐-   rく . . . .∨___彡 八    \
        /         / . . . . . { . . . . . . . . /\__/ \‐‐‐{ . . . . . .}. . .〈/. . .\    \
        /        / . . . . . . . {. . . . . . ./   /V∧  〉一'⌒ニニニ=-ミ . . . . . . . . .      \
                 /. . . . . . . . .  -=ニニニ人__,// ∧ _,/    |ニニニニニニヽ. . . . . . . .
.    /   {    \  {. . . . . . . . . . /ニニニニニニニニニ/ { } 〉     |ニニニニニニハ . . . . . . }
    ′ 八      ー-ミ. . . . . . . .ニニニニニニニニニニL.....」 _{灰}‐-ミ|ニニニニニニニニ.. . . . . . .}        ゚。
    { /   {\       \ . . . . |ニニニニニニニニニニ.......´......八__,ノ..........\ニニ{ニニニニ|. . . . . . }          .
    {  {  { |. ー-ミ        . . . |ニニニVニニニニ/............../.............................. ニ{ニニニニ| . . . . . ′         |
        \{ | . . . . .\    ゚。.. .|ニニニ}ニニニ{\.........../........................../...}.{ニニニニ| . . . ./
          〉 . . . . . .゚。    } .}ニニ=/,ニニニニ\_〕、............................∨....../ニ{ニニニニ| . . ./            /
            / . . . . . . . .}    /. /=ニ/ニニニニニニ/......}.........................丿....〈ニ.{ニニニニ|. . /            /
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
 アクエリオンKASEGE 【続いた】   S    
    その2 --アマタは銀行口座からお金を下ろす事が不可能だった。母親が女優で大金を預け過ぎたので、息子だからという理由では無理だった。そんな彼は勤労少年となり、ミコトに打算目的で近付く少年になっていた--
不意にそこでアマタは、客席に未だ一人椅子に腰を降ろして微動だにしないお客さんの姿を見かけ、ピタリと清掃作業を一時中断する。後ろ姿からして自分とそう年の変わらない女の子だと言うのは何となく分かったものの、こんな寂れた映画館に何故女の子が一人でと首を傾げるアマタ。そして次の瞬間には『……いいよなぁ学生は気楽で……チッ!』と、盛大に顔を顰め吐き捨てる。駄目だコイツ内面の本性は全く成長していない。しかもバイト先の映画館を普通に貶している所がまた救えない。
(´・ω・`)初恋すらしてない有様だよ。馬鹿なお譲さまからさらなる大金を貰おうと考える人にしかなってなくて和んだ。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ブログパーツ ブログパーツ
ゆっくり戻るよ!