前の一作目はこちらだよ!   ゆっくり戻るよ! 次の三作目はこちらだよ! 

ハリー・ポッターと秘密の部屋 2002年   魔法ファンタジー映画  製作イギリス・アメリカ ZZZ評価【ネット小説




雑談掲示板

ハリー・ポッター  人気キャラ投票所  (´・ω・`)人間の軍隊と戦わせてみたいと思った。2012/2/24




ゆっくり風すぎて困る簡易ストーリー解説。


魔法学校ホグワーツには、スリザリンが1000年前に作った秘密の部屋があった!
学園側が何度調査しても発見されていない部屋なのであるっっ!
今回のお話さんは、スリザリンとマルフォィの家・・・・ヴォルデモード卿がまたかかわっていたぁっー!

50年前のヴォルデモード卿「あひゃっひゃっひゃっ!秘密の部屋のバジリスクは素晴らしい生物兵器だねぇっ!
でも、ダンブルドアに監視されてうざいから、意思を持つ日記を残して、学園を追放されることにするよ!
ハグリットに全ての罪をなすりつけて、殺人もやってごめんねぇっー!
もう、名前すらも変えたよ!ゲラゲラゲラっ!」

現在っ!



ハリー「マルフォイの家のせいで、今日も命のピンチだよおおおおっ!!!!!
ラスボスよりも日常的にうざいいいいいいいいいい!!!!!
試合中も命を狙ってくるし、いい加減にじろおおおおおおおおおおっ!!!
ごうなったら、喧嘩してギタンギタンのボコボコにしてやるううううっ!!!」

ホグワーツ魔法学園「「「「ぎゃあああああああああああああああああっ!!!!
マグル出身の生徒がどんどん被害にあうよおおおおっ!!!!
石化して、被害者が増えていくうううううっ!!!!!
このままじゃ、マグルは全滅ずるうううううっ!!!!!!!」」」」



ハリー「な、なんか蛇語が話せるせいで、スリザリンの継承者容疑がかかってしまったよっ・・・!
他の皆も喋れる言語だと思ったら、超珍しい言語だと判明しちゃったよっ・・・!
グリンフィンドールの皆が疑いの視線を向けてくるし、大変だよっ・・・!」



ハーマイオニー「きゃああああああああああああっ!!!!
色々と調べて、事件の犯人が誰なのかわかったら、石化させられたああああっ!!!!
物語中盤で退場してごめんねえええええええっ!!!!」

日記のヴォルデモード卿「ヒントをプレゼントしてあげるよぉっー!
真犯人の私がヒントをあげるよっ!ゲラゲラゲラっ!
(私の言葉で真実に辿りついて死んでね!すぐでいいよ!)」

ハリー「メインヒロインまで犠牲になってしまったよおおおおっ!!!!!
こ、こうなったら学園から逃げ出そうとする無能教師も戦力として使って、秘密の部屋が何処にあるのか推理するよ!
まず、50年前の犠牲者はトイレでなくなったって、当人の幽霊さんが言っていたから・・・・誰も行かない女子トイレだね!
この蛇口とか、蛇の文様があるから怪しいよ!
蛇語を使って一気に攻略だよっー!」



ゲス教師「な、なんか、どんどん恐ろしい所に来ているよっ・・・!
こうなったら裏切って、ハリー達を発狂させるよ!
生徒すら口封じするゲスでごめんねっ!
でも、危険な事は嫌なんだよ!ゆっくりせずに理解してね!たくさんでいいよ!」

ハリー「どぼじでごんなとこで裏切るのおおおおっ!?!?!?!
戦力が一気に3分の1になった上に、バジリスクは健在でしょおおおっ!!!?!!?!
ごんなの酷いよおおおおおっ!!!!!」

日記のヴォルデモード卿「ゆふふふふふふふっ!
実はヒントを与えていた日記が真犯人なんだよ!
名前を並べ替えるとね!
ヴォルデモード卿になるんだよ!つまりラスボスだよ!ラスボス!
真犯人でごめんねぇっー!
ハリーポッターはここで死んでくれると嬉しいよ!」

ハリー「ぎゃああああああああああああああああああああっ!!!!!!
今まで味方だと思っていたから、杖を奪われた状態で戦闘がスタートしたああああああっ!!!!
バジリスクまで来てわからないいいいいいっ!!!!!!」

結果は?

日記にヴォルデモード卿「ぎゃあああああああああああああっ!!!
ハリーをバジリスクの毒で倒したと油断したら、その毒で本体の日記も攻撃ざれだあああっ!!!!!
ゆんやっー!」

ハリー「ふぅ、ダンブルドアの不死鳥の涙のおかげで、華麗に全回復したよ!
事件を無事に解決したし、アズガバンにいったハグリットも助かったし、ハーマイオニーも石化解除できたし、ハッピーエンドって奴だね!」

ダンブルドア「バジリスクを倒した剣は、真のグリフィンドール生しか抜けない剣だよ!
もう、ハリーは素晴らしい少年だね!褒めてあげても良いよ!」

マルフォイの家「ゆぎぎぎぎぎっ・・・!皆を嵌める策略が大失敗に終わってしまった有様だよ!」




(´・ω・`)先生が安定したゲスっぷりだった。ピンチになったら逃げようとするし、強制的に協力させると口封じしようとして、やばいね。

しかも、この話だけで、複数の敵がいて、生徒達の命が危うい。

●無能教師
●マルフォイの家
●スリザリン生
●学園の薬物・設備その他もろもろ。
●ウォルデモード卿。


(´・ω・`)ふぅ、死亡フラグで溢れているのですぜ。



(´・ω・`)マルフォイのうざさっぷりは、中々に良いと思うんだ。

もう、父親まで色々とやってきて、ハリーの命がピンチでやばいね。

(´・ω・`)色んな策略をめぐらされて、命を狙われるとか、ハリーは本当に大変な学生生活って奴ですのぜ。

 

(´・ω・`)最後辺りで、ヒントをプレゼントしてくれた日記が黒幕って所と、その黒幕の正体がウォルデモード卿の記憶とか意志ってのが楽しい話だった。

(´・ω・`)ホグワーツは本当に魔境すぎてたまんない。

危険な事態が起こると、絵の中にいる人まで逃げるし、そこら中に幽霊が平然と存在しているし、癒されるね。


前の一作目はこちらだよ!   ゆっくり戻るよ! 次の三作目はこちらだよ! 

ブログパーツ