ゆっくり戻るよ!


魔法少女リリカルなのは 二次創作】  【魔法先生ネギま!】  



前の二章中篇はこちらだよ。

次の二章後篇その2 はこちらだよ。



                   ,斗-=≡''''''''=-=.、
            ____ ., イ´: : : : : : : : : : : : : : : `.ヽ.、斗=.、
       ._γ´   /:: : : :,斗: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :___: :`:ヽ.、
        Y,斗='''´´`/-- /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ.、 `ヽ、
     ,,,<´:::::::::::::::::/ヽY: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: .、: ヽ=ヽ,\
      .ゝ::::::::::::::::::::/|.ヽ|: : : : /: :/: ::/: :/| : :,: : : : : : : : : :ヽ: : }: : ヽ、:ヽ,.`ヽヽ
      ゝ::::::::::::::::|.||: :.|: : : /: : :/: ::/: :/ /: ://.|:ヽ: ヽ: ヽ: : ヽ }: : : :へ: :ゝ ゞ
         ゝ:::::::::::|:|ヽ::|: : : |: : /|: :/|::/ |: ‖| ヘ: :|: : |: ::|: : : ヽ:: :ヽ: : ヽ、::ゝ、
      ./| :}::::::::|:|: ヘ|: : : ト: ::-===-'''´.|: |.|:|  |::||: ::|: ::|: : : : ヘ: : ヘ: : ヘ `ヽ-=ヽ
    /::::::レ'´ --|: : : |: : : :||:: . ;彡三ミ |::| ||  .}:| |::\ .ト: : : : ::|: : ::|: : ヘ
   /:::::::/::::::::::::;;|: Y=|: : : |../ /O::::::}  ヘ| .| ...レ.彡=ミ`ゝ:|: : ト:}: : : ト,: : }
   く::::::く,:::::::::::::::::::|/  |: : : | .|:::::::⊂       ムO:::}ヾl:}: : ノ::|: : : | ヘ: :|
    ヽ,:::::|ヽ 、:::::|ゝ  |:ト: :ヘ .乂::::::ノ      ム:::::⊂.)./l: /:: |`,: : ト ヘ|
     - |: : :ヽ:::::|.`ゝ.|:||: : ヘ  . ̄         .ゝ::::ノ  .‖: :ム::|: ::|::ヽ
       ノ: : : ヽ、|: : :| ||ヘ: ::ヘ        ゝ     // |: /::,-|:::/-''´
      .|:|: : : : : |.|: : |: || ヘ:: ヘ.       ___       .ム: ::|レ ̄ |/
      //: : : : : |::|: :‖ || .ヘ: :ヘ、   { `ソ    ノ:: : :::ト: : :|
     .//|: : : : : :|::|: ‖ |..||..ヘ: ::Y`ゝ、 `.´ ., イ´|: :|: : : : ト、 ヽ
    ‖ |: : : : :.‖: ‖/: /|| |: : |   .`.' -'´、: |: |.|: :|: : : : |:|: : :ヽ
    ‖..|: : : : :.‖ ‖/ .‖.ゞ |: : :|     .|.ヽ,`> .、 |: : : : |:|: : : ヽ
   ‖ .|: : : : :‖: ‖/, イ´ ..}: : :}.\,,,,___  斗     ) 、: :ヘヘ: : : ヽ
   ‖ .|: : : : :‖: //、ミ、、 .} : ノ  .\/ ̄.|    ‖∧: ::ゝ、: :ヘ:ヽ
... ‖ |: : : : :‖ ‖-=ヽ> 、.|: :ノ、    .\  |-= 、 ‖/ .ゝ、: ゝ、ヘ.ヽ
  ‖ |:: : : ::‖::‖   ヽ  .|: /ミ .ミ、、 //-0-.、ミ ,/ヽ .r: : > 、Yヘ、ヽ
 ‖ |: : : : ‖::‖     .ヘ |:/  .ヽ 、 イ// || .ト、ヾ、、 } .ヘ、: : : :: )): ヘヘヽ
..‖ |: : : : ‖::‖      |ヘ'、ヘ     .くく /|| .|トヽ' /. ̄.}  ヘ : : ノノ .ヘ.ヽ:\

(´・ω・`)原作の無印編の【第二章 無印編】 【後篇その一】
プレシアを救うために、アリシアを蘇生しようと女主人公エヴァが頑張って、プレシアを救済しているよ。
(´・ω・`)時空管理局の裏が真っ黒っていう設定だから、犯罪の証拠そのものをもみ消して、プレシアが完全な被害者になっているんだ。

あと、飽きつつあるせいか、どんどん読むテンションが下がりつつある。
(´・ω・`)飽きている原因は、エヴァの口調とやり取りがワンパターン化しているせいか、脳味噌がそれに慣れて飽きつつあるんだと思う。。

プレシアのボヤキ
 あ……ありのまま、今起こったことを話すわ。
 娘との時間を取り戻したと思ったら、恩人に殺されそうになったと思ったら、守ってやってほしいと頼まれたと思ったら、恩人の愛されぶりを披露されたと思ったら、脅されていたと思ったら、 ←今ここ

リンディのボヤキ
 あ……ありのまま、今起こったことを話すわ。
 プレシア女史の事後処理の相談に来たと思ったら、アルハザードの最終兵器の話になったと思ったら、時空管理局の存亡の話になっていたと思ったら、 ←今ここ

(´・ω・`)いつの間にか、プレシアを救済している間に、プレシアの過去の犯罪と、現在の犯罪の全てが時空管理局の陰謀で、時空管理局が全部悪いって事になってた。

●プレシアを救うためにエヴァは行動しているけど、状況が酷くなってる。
●プレシアの娘。アリシアを蘇生する事でプレシアとの和解を目指している。
●プレシアは、時空管理局に物理的に操られていてた正真正銘の傀儡な設定。
●時空管理局がとって真っ黒



青の悪意と曙の意思(TS) (魔法先生ネギまっ!) 【第二章 無印編】 【後篇その一】  作者:deckstick  AAA 31-40話   2013年07月18日 

     無印編31話 翼 --桜咲刹那な転生者も保護した。まともな奴だったので、エヴァ達は仲間に引き入れる。
この娘もTS転生者さんだった。
 --
(´・ω・`)ネギまキャラがほぼ女なせいで、ほとんどTS転生者になっちゃう仕様な有様だよ。

無印編33話 望んだもの--皆で顔合わせをして、それぞれの過去と能力を紹介する事になった。
全体的にハイスペック。
エヴァの保護下になれば誰でも不老になっちゃうが、大抵は発狂して廃人になる仕様なので、感情がない人じゃないと無理だった。
 --
「リンディが何を考えているか想像は付くが、私の従者になって不老化するのは、実質的に人間が使い魔になるのと変わらん。私に対する忠誠心やらを植え付けられるぞ? しかも、リンカーコアを失って魔法が使えなくなるおまけ付きだ。
 主はそうじゃないが、私の主になる者は感情暴走の洗礼を受けるから、廃人になるか死ぬかの2択だ。ユーノは知っていたはずだが……聞いていないのか? そういう事だから、感情を失ったアコノ以外は主になれん。2500年も眠る羽目になったのは、これが原因でもあるからな。
 アコノが私の主になる様に仕組まれていたとしか思えん」

(´・ω・`)完全にアコノが死亡したら、マスター候補がいなくなるね。
つまりエヴァを排除したかったら、アコノを暗殺して殺せばいい(キリッ


無印編34話 次への一手--時の庭園が何処にあるのかが問題になっていた。
エヴァは、原作知識の終盤の展開まで、リンディ提督に話して、広域探索技術が時空管理局にある事を知る。
プレシアを助けるためにエヴァは行動していた。 --

無印編36話 海の上で --なのはとフェイトの海での決戦で、転生者達はプレシアの攻撃を防ごうとしたが、高町なのはを中心に同時攻撃を受けまくり、なのは達の命を守るために逆探知を諦めて防御に全力を注ぐ事になった。---

無印編37話 地雷原 --プレシアを助けるためにエヴァは行動した。
でも、プレシアがフェイトの事を完全否定し、結果が原作と変わらない事に驚く!--

無印編38話 時の庭園--エヴァはプレシアを救うためにアリシアを蘇生するつもりだった。
それにクロノはツッコミを入れるが、ジュエルシードを使えば、死者の定義的な意味で問題があるが、蘇生が可能になる。 
-
「少なくとも、前者は死者の定義の差だ。さっきから治療と言っているのが聞こえていないのか?
 今でも仮死状態からの回復ならいくらでも例があるだろう。それに、心臓が止まっても、医師なりが死亡と判断するまでは死者でもない。
 昔は、治療が可能と思われる状態であれば、それは仮死と扱っていた。つまり、心臓が止まっていようが、体が半分になっていようが、治療可能と判断できる間は死者だと見なさない。
 程度に差があるだけで、今だって似たようなものだろう。言っている意味は分かるな?」

(´・ω・`)エヴァから見ると、死体すら治療可能な存在っていう定義だった。

 無印編39話 その胸の奥に --アリシア・テスタロッサをアルハザードの魔法で蘇生した。その過程で優秀な魔導師さんになっており、プレシアはアリシアが生き返った事で驚愕していた。
あとは、プレシアを治療して長生きできる体にすれば完璧だったが、治療の過程で・・・・・プレシアが魔道具で精神を操作されていた事が判明する!
それを埋め込んだ場所が、時空管理局関連の施設だったので最悪だった。
 --
「全て、ミッドチルダの先端技術医療センターのはずよ」

「……リンディ。そこは管理局関係の医療施設か?」

「時空管理局の、医療技術開発の中心地でもある施設ね。
 少なくとも、犯罪者が簡単に入り込めるような場所ではないわ」

(´・ω・`)普通にプレシアが生きていると、時空管理局の一部的には不味い(キリッ

無印編40話 その手の上で --プレシアの魔道具の調査をエヴァがやる事になった。
下手に管理局の闇を知っちゃうと時空管理局の人達だと口封じされちゃう可能性があるからだ。
プレシアがエヴァの治療で若返ったり、こんな場所に来ている理由は全員で口裏を合わせて誤魔化し、証拠になる時の庭園は虚数空間に落とす事になる。
完 全 な 犯 罪 の 隠 蔽 だった。
時空管理局任せに裁判やられると圧倒的に不利な立場にたたされる事を考えた上での配慮である。 
-
「3か月ほど前、偶然に時の庭園に流れ着いていたらしい、正体不明の魔導具の様な物を見付けた。
 調べようとした矢先に不思議な光に包まれ、ふと気付いたら体調がおかしい。
 体は軽いし、魔力も全盛の頃を思い出させるくらいに高まったが、どうも勝手が変わったらしく、自由に使えない。
 ふとガラスに映る姿を見ると、どうやら若返ってしまったらしい。
 それに、アリシアが息を吹き返している。
 どうやら願望機と呼ばれる、ジュエルシードのようなロストロギアか何かだったのだろう。影も形も無くなってしまった今では、確かめるすべは無いがな」

(´・ω・`)若返りとか、金持ちとかが狙いそうな内容だ。脳味噌になった人達も欲しがりそうだね。

 

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ ブログパーツ

 
カウンター日別表示