ゆっくり戻るよ! ブログに移動する 
産業チート
【金儲け】 
交易チート 医療チート  軍事チート  農業チート  ファンタジーチート(魔法・幻想の生物など) ●生物の歴史技術開発の歴史世界の兵器・軍隊  例外 
紀元前21世紀
8世紀15世紀16世紀17世紀18世紀19世紀20世紀

統治・内政物のテンプレ  管理人の文章【185】 

「軽い・錆びない・頑丈なチタンでチートする!」  20世紀


カウンター日別表示
   
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ジャンル別 20世紀 技術開発の歴史 軍事医療チート 

「軽い・錆びない・頑丈なチタンでチートする!」  20世紀

2016
3/7
オリ主(´・ω・`)チタンは凄いどん!


モブ(´・ω・`)?

オリ主(´・ω・`)まず熱に強いどん!銅や鉄と比べても高いどん!


モブ
(´・ω・`)(それ・・・・チタンを加工するのが大変って事じゃ・・・・?)


オリ主(´・ω・`)チタンにはバネのように戻ってくる力が強いどん!
鉄の2倍どん!


モブ(´・ω・`)機械の部品として使えば、摩耗し辛いって事ですね!すげぇー!

オリ主(´・ω・`)チタンは錆び辛いどん!



モブ(´・ω・`)つまり、海水に接する船や橋の部品にぴったり!?


オリ主(´・ω・`)さらに鉄の3分の2程度の軽さどん!銅の半分くらいの重さどん!


モブ(´・ω・`)わぁ!ここまでチート金属なのに、軽いとか素敵!


 

ユリアン(´・ω・`)創作物で、チタンを作ってチートするのはテンプレですよね・・・





ヤン (´・ω・`)なにせ異世界には魔法がある。
魔法でチタンを生産しまくれば、あっという間にチート文明の出来上がりさ。
(チタンの鉱石は、オーストラリア、南アメリカに密集してる)

  メルカッツ (´・ω・`)錆びない戦車・戦闘機。
夢が広がる金属だな・・・・

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

27 件のコメント :

  1. 魔法で加工するのが許されるのなら、魔法金属でいいんじゃね?
    オリハルコンとかミスリルとかヒヒイロカネとかアダマントとか。

    返信削除
    返信
    1. ミスリルやオリハルコンじゃ錆びて使い物にならない!的な話なんて異世界チートものじゃ全然やらないもんな
      むしろ耐用年数過ぎてんだろっていう遺産すら、魔法金属製だから大丈夫!ってつじつま合わせによく使われるし

      削除
    2. チタンコーティングは、金色とか綺麗だよね。
      コピペ
      TiN(窒化チタン)の用途としてよく知られるのは、切削工具、機械部品、プラスチック成型、スポーツ用品、装飾品などのコーティング用途です。特に切削工具ではもっともよく見るコーティングで、刃の部分に独特の黄金色がついているものはほとんどがこのTiN(窒化チタン)の膜です。色が金色であることから装飾品に使われることもあります。
      最高使用温度は一般に600℃までとされます。コーティングとしては硬度は2000前後〜2300程度まで出ることが知られています。

      TiC(炭化チタン)は銀色をした耐摩耗性に優れたコーティングで、摩擦係数が小さいことから摺動部品に使われることがあります。
      膜の硬度は3000から4000HV前後まで出るとされています。この硬度は、セラミックスコーティングの中ではDLCに次ぐ硬さであり、炭化膜のなかでも特に硬いコーティングとなります。摩擦係数もトップクラスの低さをもつDLCとほぼ同等であり、耐熱性も強いため、高温環境や高温になることが想定される部材へも使われます。

      TiAlN(窒化チタンアルミ)は工具コーティングに使われるものとしては、耐熱温度が最も高い特徴を持ちます。また、一般的な工具コーティングでは、窒化膜として最も硬くなり、硬度は2800から3300HV前後なります。コーティングの色は、暗紫色をしています。
      このコーティングが切削工具に好んで使われる理由の一つは、硬度や耐熱性、耐酸化性のほか、耐凝着性(Anti-adhesion)と呼ばれる「切りくず等が密着・付着する度合い」を示す性能があります。切りくず、切り粉がつきにくいため、作業性が向上するというメリットがあります。

      削除
    3. >>2

      職人(´・ω・`)俺ら、大喜び要素だらけだ!

      削除
    4. >ミスリルやオリハルコンじゃ錆びて使い物にならない
      ファンタジー作品でのオリハルコンはだいたい永遠不変って扱いだから
      ミスリルはミスリル銀ってくらいだから錆びずに酸化で変色するのが精々じゃないかな

      削除
  2. レーガン大統領「チタンで軍用機造れば最強だぜ!!」
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SR-71_in_flight.jpg
    数年後
    「お勘定には勝てなかったよ…」ピクピク

    返信削除
    返信
    1. アメリカ(´・ω・`)レールガン搭載できる巨大駆逐艦も、コストが高くなりすぎて・・・ほとんど配備できんどん・・・

      削除
    2. 明らかにオーバースペックだからしょうがないね。
      しかしアメリカの水上艦も種類が減っちゃって、
      マニア的にはつまらないなあ。
      軍事的合理性とか経済的合理性とかどうでも良いので、
      もっといろんな種類が見たいよう。
      と、外野からの無責任な意見。
      影響力皆無だから気楽に放言。

      削除
  3. ソ連の潜水艦
    総チタン製なのぉおおお
    潜航深度しゅごいのぉおおおお!
    軽いのぉ!!

    返信削除
  4. 破損しない&錆びない&軽いな魔法金属という存在がファンタジーに存在する限りチタンなんぞ下位金属よ。
    チートするなら魔法金属が殆ど算出しない希少品な設定にするか、古代の遺産的な既に失われた技術的なものにしないと。

    それでも作ったものを壊れなくする固定化魔法、軽くする軽量化魔法の前にはチタンなんて不要説が出てしまうんだけどもね・・・

    返信削除
    返信
    1. 酸化チタンの基本的性質
      1. 概要
       酸化チタン(TiO2)は白色顔料や紫外線吸収料としてペンキ、化粧品などの原料に広く使われ、食品添加物としても認められている安価で安全な材料である。一方、酸化チタンはn型半導体性を示し、光電極や光触媒の材料として太陽エネルギー変換材料への応用が注目されている。

      酸化チタン薄膜をコーティングした材料は、特別な光源を用意しなくても防汚効果を示す。これは日陰程度の太陽光や、通常の室内での照明光を利用した光化学反応(光触媒反応)により防汚効果や殺菌・抗菌効果、消臭・分解効果などを示すことが知られている。この原理を利用して酸化チタンには非常に多くの利用法が考えられる。抗菌効果のあるタイルや空気清浄用のフィルター、消臭・抗菌蛍光灯、汚れにくいテント膜材、その他様々な利用法がある。

      削除
    2. >酸化チタンの基本的性質
      化粧品や食品添加物なんかも魔法的な薬草で。
      コーティングも魔法か魔法金属で。
      魔法がある世界なら全部魔法でどうにかなるんじゃないかな。

      削除
    3. 高度に発達した科学は魔法と区別がつかない(十分に発達した科学技術は魔法と区別がつかない)

      削除
  5. 耐熱性以外の全ての性能でチタンを凌駕して値段も安い材料はあるけれど、
    20世紀末を生きた人間にとってはチタン素材は浪漫なのです

    返信削除
  6. そもそも魔法金属が合金なのか、現時点で人工合成不可能な天然物なのかでも分かれてくるからな・・・

    返信削除
  7. 始皇帝陵墓の副葬品の剣にクロムメッキが施されていたって記事を思い出した。

    返信削除
    返信
    1. 立ち読みしたすげーつまんない漫画雑誌にその話の漫画載ってたわ
      主人公が悪魔に頼んで現代日本から過去に飛ばしてもらった未来人だった気がする

      削除
    2. (´・ω・`)そんなー
      まあ、始皇帝陵墓以外からはクロムメッキ出てこないから、インチキ扱いされてるらしいわw
      でも、ロストテクノロジーだったとしたら夢があるじゃんw

      削除
  8. ガンダムのせいでかませ合金のイメージ有るよな

    返信削除
    返信
    1. いやいや、主人公機に使われてるガンダリウム合金もチタン系という設定だからね?(ルナチタニウム合金)

      削除
    2. ジム(´・ω・`)でも、コストの問題で俺らは安い金属設定どん・・・・悔しいっ・・・!

      削除
  9. ゼロ魔の二次で錬金でチタン作って売りまくってたのあったけど
    感想でチタンは武器防具には向かないとか突っ込まれてたな、実際にはどうなんだろう?

    返信削除
    返信
    1. 実績というか歴史…銅6000年、鉄4000年、…………チタン50年

      削除
    2. (´・ω・`)加工が大変だけど、チタンで鎧作れたら便利に違いないどん

      職人(´・ω・`)新しい金属だから、それで鎧作るためのノウハウを作らなきゃっ・・・!

      削除
    3. 軽いってのがネックになりそう
      金属関係の知り合いが言うに、(靭性延性硬度重量比など)最もバランスが良い金属は鋼って言ってたけどどうなんだろうね

      削除
    4. チタンは振動や衝撃を吸収する能力において鉄に劣る。
      だから、戦車の装甲なんかには必ずしも向くとは言えない面もある。
      まあただ、一番のネックはやっぱり値段と加工性だからなぁ。
      もしそれらの問題が解決するなら、軽いのが問題なら装甲厚を2倍にすれば良いだけの話であってね。

      同様に、明らかに鎧は同じ強度を維持できるなら軽い程有利だけど、気に入らなければ分厚くして重くすれば良い。
      「すごくがんじょう」な鎧になるだろう。

      削除
    5. 簡単に強度って言ってるけど、装甲として必要とされる強度と構造物を支えるって意味での強度はイコールじゃないんだよな。当然、武器として必要とされる要素と強度はイコールじゃない。一つの要素ではあるけど衝撃を吸収できる粘りとか色々ある。その意味でチタンの材料特性は優れているが武具としては活かしにくい。だから合金化したりコーティングとして使われてる訳だ。

      正直、応力ー歪曲線と状態図ぐらい理解してないと単に鋼を使った方がマシなレベルで終わる可能性が高い。というか魔法で金属作れるなら純度とか熱処理だけで十分過ぎる性能が出せる可能性が高い。

      ついでに実は現代の技術だと材料の潜在能力をほとんど使えてなかったりする。現実的には結晶構造に欠陥ができてしまうから合金の方が強くなるけど、完全結晶の金属(ウィスカー)が実現できればそっちの方が圧倒的に強くなる可能性がある。

      削除

 

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ