ゆっくり戻るよ! ブログに移動する 
産業チート
【金儲け】 
交易チート 医療チート  軍事チート  農業チート  ファンタジーチート(魔法・幻想の生物など) ●技術開発の歴史世界の兵器・軍隊  例外 

統治・内政物のテンプレ  管理人の文章【139】
蒸気機関を搭載した乗り物作って、物資大量運搬して軍事チート     ●西暦1世紀 


カウンター日別表示
   
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ジャンル別 産業チート
【金儲け】 
交易チート 軍事チート  技術開発の歴史 1世紀頃のエジプトが作った最初に作った技術

蒸気機関を搭載した乗り物作って、物資大量運搬して軍事チート     ●西暦1世紀

  2015/4/24


オリ主(´・ω・`)蒸気機関なら、大量の物資を高速で輸送できる!
陸なら鉄道網!
海なら蒸気船!
大量に物資を運べるという事は、今まで補助的なものしかならなかった馬車による兵站システムに極端に依存する必要がないという事なのだ!

軍隊(´・ω・`)(´・ω・`)
(´・ω・`)線路がある所限定のチートだけど大量の物資を高速で運べるとか最強やわ。


ユリアン(´・ω・`) 蒸気機関チートって創作物のテンプレですよね。

ヤン(´・ω・`)馬車による兵站システムは、馬を運用するために干し草とぬるま湯も大量に運搬しないと維持できない運送方法だから、蒸気機関はとってもありがたいんだよ、ユリアン。
なにせ

@馬を運用するために干し草と、ぬるま湯(水と薪)を運ぶ必要がある。

A@の物資を運ぶために、兵士達が消費する食料などの補給物資を搭載する量を減らさないといけない。
過剰に物資を載せすぎると馬が潰れる。

Bどうやっても運べる量に限りがありすぎる上に、この兵站システムじゃ戦場にいる軍隊を養うのは不可能だから、補助的なものにしかならない。
だから馬車の兵站システムに頼って戦争してた地域は、現地調達で物資を得なきゃダメだったんだよ。

ユリアン(´・ω・`) (馬車による兵站システムで戦争していた頃は大変だなぁ)

銀河英雄伝説のキャラ☝

もうでてるかもしれないが蒸気機関による乗り物チート
かまどで発生させた蒸気でピストン動かしてピストンを回転運動に変える仕組みという簡単なものなのである程度の鉄鋼技術さえあれば簡単なものは作れるはず。
一度作れてしまえば産業機械や列車から簡単な自動車のような物まで様々な物に発展できる。
デメリットは燃料の消費と大気汚染か。そこらは異世界の謎パワーでなんとか。
魔法有りなら燃料も大気汚染もなしで行けそう。

  1. 蒸気機関とピストンはじつは二二〇〇年前の古代ギリシャには存在していた。気体とピストンを使って様々なものを動かす技術は2000年以上前にはあったのだけど、工場や乗り物には使われなかった(大規模工場には水力が使われた)。

    なぜかというと奴隷や動物を使った方が使い勝手がよく細やかな調整が効くから。
    大規模消費社会と人手不足という需要がないとなかなか産業革命には結びつかない。
    必要がないなら発展しないってのは文明としては当たり前のことだよ。

  2. オリ主の内政的には「人手不足」の状況から開始してることが多い気がする。
    てか鉄道による大規模輸送って奴隷と動物で代替できる物なのか?

  3. 鉄道による大規模輸送が必要な社会って何かってことだよ。
    例えば平坦な道を整備して馬車で輸送するコストと鉄道のコストを比較して、百万人ぐらいの人口の国の流通だと考えると、明らかに鉄道整備はコストをペイしない。

    だから、オリ主が錬金術かなにかでコストゼロで鉄道整備するんじゃなければ(そして維持費もオリ主が錬金術でひねり出す)、古代ローマみたいに道路整備の方がましな選択ってこと。
    要は、物語に書かれてる社会次第なんだけど、近代以降みたいに狭い国に人口が9000万人とか数億とかになっている話はほとんどないからね。

  4. すごく重いものを素早く運ぶ必要があるならペイするんじゃ。
    大砲とか。

  5. 単純に国民が耐えられないってこと。
    大砲を作るだけなら何とかなるかもしれないが、それをそこらじゅうに移動させるために鉄道を引くって、生産性がまるでない作業に国家予算の数百年分をつぎ込むようなもの。

    現実の鉄道だって鉄道バブルがなければまともに敷設されていない可能性が高い。
    そのバブルで破滅した人間や企業は枚挙にいとまないけど、それだけの富の集中が可能なだけの国民生産がないと無理なんだよ。

    まあ、そこまで国を富ませてから鉄道敷設ならいいんだけど、国富ませるためにまず鉄道整備ってのは理にかなってないわけだよ。

  6. 少し違うが大方の歴史の流れ、親は子供を働かせて楽をする目的で子供を何人も生む→若者が多すぎて親の跡を継げない「職を与えるより消耗する兵士にするのが安価だ」→国土に対して兵士が増えすぎたら社会不安になるから戦争や紛争で国土を広げ消耗も加味して人口調節みたいな感じ。

  7. 重い物は諦めるか現地調達の方がコストが低いのです。
    それでもどうしても運びたい場合は陸路よりも海路、船を使う方が遥かに低コストなのです。
    本格的に大規模輸送とか補給が必要になったのは第一次世界大戦以降からと言われています。
    それも現地ではどうしても手に入らない武器弾薬を湯水のように消費するようになったからです。
    それまでは必要な物は現地で用意するというのが常識でした。

  8. 敵地の食料を1食うのは自国から運んだ食料の20に相当する
    孫子にもそう書いてある

    ただ軍需品は自国のものを使えだとさ

  9. 南北戦争で増えた鉄鋼生産量を戦後、鉄道レールに回すことで鉄鋼生産量の維持したため鉄道バブルになった。
    鉄道バブルの次に鉄鋼需要を開拓したのが摩天楼の高層ビル需要。
    それ以降は、二回の大戦を経て鉄鋼生産量を維持するために戦争まみれになってしまった。
    需要が無ねれば、戦争すればいいのだよ。
    すべての過剰生産は、戦争によって消費される。

  10. 戦争で儲かるのは中世ぐらい迄でしょ
    軍事関連の企業ですら損になるらしいで

  11. 倒産寸前のヘリコプターの会社とか軍需関連会社を救うために不可解なほどに長引かせたベトナム戦争。
    損きりで閉店セールみたいに品質保持期限きたみたいな大量の武器弾薬補給品の在庫を整理した湾岸戦争。
    実戦による新しい戦方とかレーザー兵器などの新兵器の極秘実験をしたらしき中米紛争介入。

  12. 合衆国は例外中の例外だからなぁ。
    自国民は戦わず武器だけ売るならもうけられる。
    あるいは、一方的に相手を殴り続けられる戦争ならもうけは出る可能性はある。

  13. 三つ子の魂百までじゃないけど、歴史の主流は構造的に軍事政権が多くて軍事による膨張主義になりやすい。
    歴史の流れでは、知識の独占じゃないけど識字率が高いというか指令書とかの字が読めるのは金持ち階級や軍人たちであり、庶民や貧乏人でも頭の良い子(某食い詰めや魔術師)は学費不要の軍人学校に入る以外の道はほぼ無いと思ってよいくらい。

  14. 因果関係を、原因と結果ではなく、理由と結果と勘違いすると、
    結果論から理由を探すようになって陰謀論にハマるんだよね。

  15. いまだに軍産複合体とかなんとか言う人なんているんだな。
    アメリカの軍需産業って戦争する度、結局は赤字になったり倒産してたりするんですがね。
    だいたいの企業は軍需以外にも民需部門持ってるんだし。
    弾薬の消費なんてそれこそ演習で安全にいくらでできる。

  16. 戦争で儲けるのは、軍需産業じゃないんだよ。
    大量の物資を運ぶ海運業をはじめ燃料、食品、衣料、医薬品・・・
    戦地にいく男の代わりに社会進出する女性の雇用、戦時生産体制による残業の増加。
    すべての産業に特需需要をばらまくのが戦争。
    そのツケを払うのは、特需を満喫した国民本人なんだけどね。

  17. よくあるパターンでは、ガス抜きみたいに内外の問題に対して溜まってる国民のフラストレーションを外(都合の良い的)に向けたり、チートパワーによる外交成果で需要や景気の刺激をして国民の歓心を買う努力をしてる。

  18. >不可解なほどに長引かせた
    不可解なんじゃんなくて単に知らないだけ。
    ベトナム戦争の時、アメリカ政府はベトナムが赤化したらドミノ現象起きて、周りの国も続々赤化していくとガチで危険視してたんだよ。
    それくらい、当時はソ連による共産主革命を恐れてた。

  19. 歴史では、ウォーターゲート事件、追い詰められたニクソンは北ベトナムへの空爆強化やカンボジア侵攻で国民の批判を外にそらせようとして、国内ではベトナム反戦運動の弾圧強化とドル切り下げ、財政出増して景気刺激するなどの努力して、どうにか弾劾の水際までで辞任出来た。

  20. ベトナム戦争のアメリカのあんなアホな交戦規定をなんだったんやろか。
    レーダーで発見しても目視するまで攻撃禁止とか。


【雑談所】内政物で使いそうなチートって、何があると思う?13
http://suliruku.blogspot.jp/2015/03/13.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/蒸気機関#.


蒸気機関 (じょうききかん) は、蒸気の圧力を機械的エネルギーに変換する原動機の一種。熱機関・外燃機関の一種であり、ボイラなど機関外部で発生させた蒸気を用いる。
蒸気機関には、蒸気をシリンダに導き、ピストンを動かして往復運動をさせるレシプロ機関型のものと、蒸気で羽根車をまわすタービン型のものとが存在する。本稿では主としてレシプロ機関型のものを説明する。タービン型のものについては蒸気タービンを参照のこと。

 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

14 件のコメント:

  1. ???「立派な金属の板が落ちているニダー!拾って剣や鎧の材料にするニダー!!」
    ???「薪が並べるようにおちているアルーーー!!薪を山まで切りに行く必要がなくてとっても便利アルねー!!」

    返信削除
    返信
    1. レール(´・ω・`)そんなー

      板(´・ω・`)そんなー

      蒸気機関車(´・ω・`)☚脱線事故

      削除
    2. オリ主「鉄道はもうあきらめて道路を整備しよう、石畳を敷こう」

      ???「建築資材が落ちてるブヒィ〜」



      オリ主「こうなったらアスファルトだ、持っていけないだろう」

      削除
    3. ???「燃料兼船の塗装材だー。溶かして持ってこう。」

      削除
    4. 敷設地域の住民にある程度の順法意識とそれなりの物質的裕福さがないと
      貧民によるインフラに対する略奪行為は止められないね。
      一番手っ取り早いのは犯罪に対する刑罰が周知されている事なので、
      まずは法律で線路に手を出した奴は族滅と明記して、見せしめにそこら中で
      適当に二、三家族ほど吊るそう!

      削除
    5. (´・ω・`)恐怖で統治チート。

      モヒカン(´・ω・`)通行人!このレールを盗んだ犯罪者の首をノコギリで少し削れよ!

      ドラキュラ(´・ω・`)くし刺し!

      ローマ帝国(´・ω・`)磔!

      イスラム教徒(´・ω・`)石投げ!

      キリスト教徒(´・ω・`)火刑!

      削除
    6. ヴラド君は厳罰主義全開で統治したので「村の井戸端に黄金の杯が置いてあってもそれを取ろうとする者はいなかった」というね。
      そこまでしろとは言わないが前近代で刑罰が過酷なのは当たり前だし、国家財産への侵害が最上級の罪であるのも当然の事。
      そこまで法治主義を国土に徹底する事自体がまず大変ではあるけど。

      削除
    7. 法治主義を行おうという指導者にまともな法律を作れる有能な役人や議員がいるのは大前提として、
      実施を担う地方役人や警察、兵士に国民に有無を言わせぬ武力と汚職に走らない為の給与と倫理を与えなきゃいけないからねえ。
      しかもそこまでやった上で国民が学ぶのを待たなきゃならない。
      超えなきゃならないプロセスが多いぜ。

      人間の寿命考えたら君主が武力と残酷な刑罰を使った恐怖統治に走るのも無理はないね。
      人材がいるか育てる目途があれば次世代で上手く引き継ぎ軟着陸も狙えるけど。

      削除
    8. エジプトのピラミッドもかつては石灰石の化粧石がはられてピカピカだったらしいけど、長い年月のうち建材として持っていかれて今の姿に…。
      カフラー王のピラミッドの頂上部分に一部残っているけど。

      削除
    9. 中国とか現場の役人がガバガバだったからなあ。
      それこそ山賊の方がマシなレベルという。

      削除
  2. サクラ大戦とか蒸気探偵団とか蒸気機関が主流のスチームパンク世界の名作はいろいろあるよね。

    返信削除
    返信
    1. なろうだとスチームパンク世界観のはあんまり無いねぇ

      てか書き込みしようとしたら画像からステーキを選べとか出てきて吹いたw

      削除
    2. グーグル(´・ω・`)画像認証システムにも遊び要素を持たせてみた!

      削除
    3. 魚の煮付けかな?思ったらステーキでした見たいなひっかけは勘弁して欲しい。
      あの画像の大きさだと紛らわしいわw

 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ